ストーリー すべて見る

「人の役に立ち、自分も成長したい」自身の経験を強みに、社内だけでなく顧客との一体感もつくりだす
「人の役に立ち、自分も成長したい」自身の経験を強みに、社内だけでなく顧客との一体感もつくりだす

リース会社から日本ストライカーに中途入社した坪根 孝行(つぼね たかゆき)。ファイナンスの知識で、大型医療機器販売時の課題を解決してきました。「人の役に立ち、自分も成長できる」場所に心地よさを感じると言う坪根。前職での経験を強みに、社内だけでなく顧客との一体感をつくりだす彼の姿に迫ります。

日本の医療現場に新たな製品を届けたい 薬事のエキスパートへ、16年目の成長譚
日本の医療現場に新たな製品を届けたい 薬事のエキスパートへ、16年目の成長譚

日本市場で新たに導入する医療機器を販売するにあたって薬事承認を得たり、必要な届出を行ったりするプロセスを担う薬事部。礒﨑 友加里は入社以来、同部門で主に海外の製造元と日本市場の“架け橋”として務めてきました。今なおエキスパートとしてのさらなる高みを目指す礒﨑の「終わることのない成長譚」とは。

日本の患者さんのQOL向上のために──脳血管内治療製品のマーケティングマネジャーが辿ったキャリアヒストリー
日本の患者さんのQOL向上のために──脳血管内治療製品のマーケティングマネジャーが辿ったキャリアヒストリー

キャリアに迷った日々を経て、未経験の医療機器の世界へ──。その後、持ち前の努力と課題解決思考で着実に実績を重ね、現在は脳血管内治療に使う製品のマーケティングマネジャーを務める岩田 奈津子。マーケターとしての「使命」、そして日本の臨床ニーズを海外製造元に伝える“橋渡し”役の意義について聞きました。

出産・育休を経て営業に復職 。「誰もが活躍できる職場」へ、ロールモデルとして果たす役割
出産・育休を経て営業に復職 。「誰もが活躍できる職場」へ、ロールモデルとして果たす役割

多様な働き方で誰もが活躍できる職場の実現には、自らの体験を社内に伝える社員の存在が重要です。出産・育児休暇を経て再び営業職に復職したエンドスコピー事業本部の厚谷 友美。仕事と育児そして自らの健康のはざまでバランスをとりながらロールモデルとしての役割を担う厚谷の歩みと、仕事への思いに迫ります。

どこまでも「人」を中心に。信頼を積み重ねた末に獲得したMVPという栄光
どこまでも「人」を中心に。信頼を積み重ねた末に獲得したMVPという栄光

日本ストライカーに在籍する営業社員の中で毎年、最も優秀な成績を収めた社員に贈られるのがMVPの称号です。2022年度、入社から16年目にしてその栄誉を手にしたのが廣兼 雅人。「1人の力でできることは、本当に限られている」──MVPを獲得してなおそう語る、廣兼流の“営業の心構え”とは。

“学び”に貪欲な敏腕マネジャーが語る、これまでの道のりと新天地で抱く展望
“学び”に貪欲な敏腕マネジャーが語る、これまでの道のりと新天地で抱く展望

脊椎手術で使われる医療機器を扱うスパイン事業本部。中国地方そして九州・沖縄を広くカバーする西日本リージョンで、リージョナルマネジャーを務める木下 敬章は、入社以来営業一筋。医師に対して製品情報を提供し、ときには手術現場に立ち会い、そして現在はメンバーの育成に邁進する、木下の想いを紐解きます。

救命救急の現場をテクノロジーで変革したい──新マネジャーが抱く大志
救命救急の現場をテクノロジーで変革したい──新マネジャーが抱く大志

救命救急関連の医療機器を取り扱うメディカル事業部で、中日本営業部のマネジャーを務める柴谷 侑佑。日本でも今後本格普及を目指す電動ストレッチャーなどの機器を取り扱い、医療機関と消防組織の双方をカバーするなど、幅広く活躍しています。「救命救急の現場に貢献したい」と語る彼の志に迫ります。

アルバム

沿革

会社情報

社名 日本ストライカー株式会社
会社・
団体説明
日本ストライカー株式会社は、整形外科、外科、脳神経外科、脳血管内科、耳鼻科、口腔外科、形成外科、泌尿器科等、様々な診療科目で使用される医療機器を取り扱うグローバル企業、ストライカーコーポレーションの日本法人です。ストライカー社は米国ミシガン州に本拠地を置き、世界75カ国以上で事業を展開しています。 製品は、人工膝関節や人工股関節、骨折治療や脊椎用のインプラント製品をはじめ、脳血管内治療用の製品、内視鏡、手術器械、無影灯や画像統合システム等の手術室関連製品、ベッドやストレッチャ-、体外式除細動器、自動心臓マッサージシステム等の循環器救急医療領域の製品など、多岐にわたります。 医療関係者の声を反映した革新的な製品やサービスを開発および提供し、医療のさらなる向上を目指しています。
代表者 代表取締役社長 水澤 聡
創業 1913年
住所 112-0004
東京都文京区後楽2-6-1
飯田橋ファーストタワー
ビジョン・
ミッション
《ミッション》 顧客と一体となって、医療の向上を目指します。 《バリュー》 誠実さ   私たちは正しいことを行います 成果責任 私たちは言ったことを必ず遂行します 人材    私たちはより良い人材を育てます 業績    私たちは達成します
URL https://www.stryker.com/jp/

日本ストライカー株式会社にアクションする