戸板女子短期大学で見た頑張る生徒の姿──生化学のおもしろさを伝えたい想いを胸に

函館短期大学 食物栄養学科をへて、2019年4月に戸板女子短期大学 食物栄養科 沼田 卓也准教授が着任。学校のアピールのために、オープンキャンパス、学園祭、地域貢献、企業とのコラボなど学生の積極的に取り組む姿を見て、転任を決意しました。約1年戸板女子短期大学に勤める彼が思う大学の魅力、そして生徒への想いとは。

Albumアルバム

Timeline沿革

Company会社情報

社名 戸板女子短期大学
会社・
団体説明
戸板女子短期大学は、東京都心の芝公園にキャンパスを構える私立女子短期大学です。 1902年で、創立者である戸板関子が「女性の経済的自立」を掲げ、今日まで日本の女子教育に貢献してきました。教育理念は「職業に必要な能力とともに広く一般教養を高め、社会に貢献できる女性を育成すること」設置学科は、服飾芸術科、食物栄養科、国際コミュニケーション学科があります。
代表者 学長 小林 千春
創業 1902年2月
住所 105-0014
東京都港区芝2-21-17
ビジョン・
ミッション
「女性の経済的自立」を掲げる私たちのミッションは、社会における働く女性の価値を上げること。短大という2年間、730日間しかない中で、社会で活躍できる「自立した女性」を一人でも多く輩出することがミッションです。
URL http://www.toita.ac.jp/

戸板女子短期大学にアクションする