いくつもある道の中で、選んだのは福祉の道

▲学生時代、ボランティアサークルのメンバーと(写真右下が松島)

福祉に興味を持ったきっかけは、小・中学生のときにまでさかのぼります。もともと人と接するのが好きだったので、将来は人と接する仕事がしたいと思っていました。

高校生のころになると“人の助けになる仕事”がしたいという気持ちがより強くなっていきました。

大学進学の際には、福祉の道以外にも公務員や会計・経理関係の資格取得し就職を考えていましたが、やはり福祉の道に進みたい想いが強く、福祉系の資格が取得できる福祉関係の大学に進学しました。

大学時代にはさまざまな実習やボランティアに参加して、いろいろな職種を見てきました。 中でも児童に関係するボランティアはとくに印象に残っています。

子どもたちが素直な感情を向けてくれたり、人見知りで、あまり心を開いてくれていない子が自分以外の人には自分のことを聞いたり話題にしてくれたり。最終日に手紙をくれたことも嬉しかったです。

就職活動の際、児童や障がい者支援の選択肢もありましたが、そんな中でも手助けしたいという想いを強く抱いたのは福祉でした。学生時代にも福祉の勉強が嫌になることなく学べていましたし、今もこの現場で仕事をしているので、この選択は間違っていなかったのだと思います。

住宅見学で見たスタッフと入居者様の笑顔

東急イーライフデザインとの初めての出会いは、就職支援のアドバイザーの方をきっかけに、説明会へ参加したときでした。

私自身、質の高いサービスを提供できる有料老人ホームで働きたいと思っていたので、自分の求めているスタイルに近く、興味を引かれました。

ただ、他の同じような企業を何社か受けていた中で、東急イーライフデザインの説明会はあっさり終わってしまい、そのときはあまり深く知ることができませんでした。

しかし、その後にあった選考の途中で住宅見学がありました。住宅でイベントをしているときに見学をしたのですが、そのときにスタッフが楽しんでいる様子とご入居者様が笑顔で生活されている様子を両方見れたのです。入社をしたら自分もその輪に入っていくわけですから、自分も働きやすい場所で働けるのだろうと感じました。

他の企業にも引かれる部分はあったのですが、現場を見るとスタッフに余裕がなく、笑顔が見られない企業もありました。結果として、住宅見学が東急イーライフデザインへの入社の決め手になりました。

入社後は、グランクレール世田谷中町2階に介護職員として配属されました。

入社後1年間はOJTの先輩がついてくれて、その中で全体の業務を学んでいきました。最初は先輩の後ろについて、介助をしているのを見たり、ご入居者とのコミュニケーションの取り方を学んだりしていきました。

私が配属されたところは、まだ新しいフロアで介護度が低く、介助が必要なご入居者が少ない状況でした。

そのため、OJTの先輩にもゆっくり学べるような指導計画を立ててもらえて、実際に自分がご入居者の介助をするようになったのは配属後2ヵ月が経ったころでした。

危機感を感じた不測の事態。あらためて心を引き締める

自分で介助をするようになると、ご入居者に寄り添ってあげたいけれど、どうしても寄り添いきれず、我慢してもらう部分が多いことを痛感しました。本当はもっと寄り添いたいのですが、現在の業務の流れだと対応できないところもあり、もっとスタッフがいたら手厚く対応できるのではないかと感じます。

いざ介助に入ってみると、どうすればいいかわからないことが多かったですし、私は不器用な方なのでうまくできずに戸惑うばかりでした。

そのときは「なんでできないんだろう」とへこみましたね。学生時代に現場を見る機会はありましたが、当時は介助するのに必要な資格を持っていなかったので、介助を見ているだけだったのです。

もともと初めてやることに対しては身構えすぎて思考が遅くなってしまうので、そういう性格が出てしまったんだと思います。現場に出てまだ2、3カ月。慣れていないだけでなく、仕事だからと身構えてしまった部分もありました。

そのときはOJTの先輩を信じて、言われるままに仕事をしていました。うまくいかずになん回も注意を受けることもありましたが、諦めずに数をこなしながら頑張って慣れていきました。

スタッフの皆さんもアドバイスをくれたり、サポートしてくれたりとすごく良くしてくれたので、頼りっきりなところもありました。逆に、頼ることができないとしんどかったと思います。

1年目の秋ごろにはある程度独り立ちして、介助をするようになっていました。しかし、そのころ、普段元気な方が急に意識を消失し、倒れてしまったのです。いつもは介護度の低い元気な方の対応をしていたので、不測の事態がほとんどなく、初めての経験でした。

倒れたとき、その場には私ひとりしかおらず、パニックになってしまいました。あとから先輩方に対処の仕方を教えてもらったのですが、あらためて高齢者の方と接している危機感を抱きました。

マニュアルがあっても、実際に自分が遭遇したときにできるかとなると話はまた別です。あのときは本当に泣きたかったですし、何があっても対応できるようにならなければいけないと実感しました。

もちろん頻繁に起きるわけではないのですが、2階から介護度の高い方が多い3階に異動になったので、そういう機会は少し増えています。

介護をしていて、良いこともあります。それは、ご入居者様に感謝をされるときです。こういうときに、やりがいを感じますし、もっと頑張ろうという気持ちも生まれます。

日常動作の介助もそうですし、ちょっとした相談を受けたり、声をかけたりしたときなど、自分のプラスアルファな行動に対してもらえるお礼の言葉は嬉しいですし、その場で感謝を伝えていただけるのがなおのこと嬉しいです。

働く人が働きやすい環境を。現場ならではの視点から見た未来

2020年現在、入社2年目の私は10名ほどのスタッフと同じフロアで仕事をしています。

仕事の流れは基本的に入居者様の生活の流れと一緒です。朝晩の着替えから、朝昼晩の食事介助に口腔ケア、10時と15時のお茶の時間ではお茶を出し、介助が必要な方のサポートをしています。

また、午後には映画鑑賞会や脳トレをするアクティビティを実施しているので、ご入居者様にも参加していただいています。その合間でご入居者様の生活の様子や食事量などを記録しています。

私は将来的には、現場の管理や住宅を新しくつくる仕事に携わりたいので、仕事をする中でも細かい部分にも気を配り、覚えておくようにしています。

たとえば、今の住宅では、各部屋のドアが閉まらないようになっているのですが、それが不便なんですよね。現場の人が働きやすい環境をつくっていきたいので、自分の声で改善していきたいです。

こうした想いは、独り立ちした段階で思うようになりました。働く人が働きやすい環境を提供したい気持ちから、東急イーライフデザインへ入社した面もあるので、ちょっと嫌だなと自分が感じたところは直していきたいです。

ただ、こうした業務は開発プロセスに関わらないとできません。そのためには本社での仕事経験や、建物を建てる部分から携われる建築系の資格も必要だと思います。研修のときに会った先輩も、私と似た考えで行動しているので、その先輩をイメージしています。

そのためにもまだ介護の現場でしか働いていないので、介護以外の他の仕事にも触れていきたいと思います。他の現場がわからないと組み立てようもないですから。

また、周囲の先輩たちはいろいろな経験をされていて、それぞれの考え方や、やり方を持っています。

私はまだそういう“やり方”を知らないので、皆さんのそれぞれのやり方の中でいいところをつなげられるようなポジションになりたいと思っています。