こんにちは、マネージャーの徳永 信です。

前回、こちらの記事でプロジェクトマネージャーの松本 康秀がリモートワークで工夫していることについてお伝えしましたが、私なりに工夫していることについて書いていきたいと思います。

アイコンとカメラONで気軽に話しかけてアピールを

さっと声をかけられるオフィスと違って、リモートワークは気軽な声かけが難しいです。リモートワークが始まって、「メンバー1人1人ともっとコミュニケーションをとりたいな」と思い、何か工夫できないか……と考えて、Slackに「雑談OK」のアイコンを載せてアピールしてみました。

他にも工夫できることはないか探していると、営業メンバーとWeb会議した時のことを思い出したんです。

その時、私はカメラをオフにしていましたが、営業メンバーはカメラをオンにしていました。カメラをオンにした方が相手の感情がわかるし、背景が話のネタになることもあるし、コミュニケーションが円滑になる!と感じました。それからは、出来るだけカメラはオンに!というのも工夫の一つになりました。

これらの工夫がどれほど効果があったかはわかりませんが、私からも気軽にWeb会議を発信していたこともあって、今ではメンバーから気軽に連絡が来るようになりました。

その結果、メンバー1人1人と深く話ができるようになり、メンバー1人1人とコミュニケーションを取る時間も増えました。

メンバーフォローはメンバー同士で

メンバー1人1人とのコミュニケーション時間が増えたのはとても良かったのですが、1人のメンバーと長い時間話をしていると、その間、他のメンバーとコミュニケーションが取れなくなってフォローが後手に回るという新たな問題が発生してしまいました。

「フォローが後手に回るのをどうにかしたい」と思いましたが、自分がイメージするフォローって何だろう?と疑問が……。

「メンバーが作業に詰まった時に頼れる人がいなくて困ってしまう状況を作りたくない」これが私の答えでした。

「メンバーがフォローを必要としている時にフォローしてあげられる環境」を作ってあげたいんだということに気付きました。 

そこで思いついたのが、「2人分の作業を2人にお願いする」ことです。

当たり前のことじゃないの?って思いますよね。当たり前なんですけど、ちょっとした工夫をすることでとても効果があるんです。

普通は、1人分の作業を1人にお願いします。でも、それだと作業に詰まった時、私のフォローが必要になります。2人分の作業を2人にお願いすると、1人が作業に詰まった時にもう1人に聞くことができます。もう1人がわかることだったら私のフォローはいらないですよね?

「簡単な疑問やメンバー間のやり取りで解決できるものはメンバー間で解決してもらう」ことで、私に自由な時間が増えて、ここぞという時にフォローができるようになりました。

リモートワークで顔が見えないので、メンバー同士が協力できているかを聞いたり、先輩と後輩をペアにしてタスクを振ったり、状況によってタスクの内容やペアの組み方を工夫しながら進めるようにしています。

自宅で淡々と業務をこなすだけじゃ楽しくない!

日頃から、「メンバーには仕事が楽しくなるような機会を共有して、技術への興味を持ってもらいたい」と思っています。リモートワークでは、どうしても自宅で淡々と業務をこなすことが増えてきます。「このままじゃメンバーは楽しくない」と思い、何かできないか考えました。

思いついたのは、「新規案件の提案活動に若手もベテランも関係なく協力してもらう」ことでした。普段、メンバーはシステムの実装やテストを担当しているので、提案活動に関わることはありません。提案活動に参加することで、仕事の幅が広がると思いました。

つい最近も、メンバーに大規模なスマホアプリ案件の提案フェーズを手伝ってもらいました。

RFP(提案依頼書)を読み込んで機能を洗い出したり、見積精度を上げるためにヒアリングをしたり、営業との連絡会議に出たり、実装やテストとは全く違う体験をしてもらいました。

メンバーには色んな経験を積んで欲しいと思っています。直接、感想は聞いていませんが今回の新規案件の提案活動に参加してもらって私はよかったと感じています。

リモートワークが始まる前よりも、私のチームはコミュニケーションが増えました。オフィスにいる時は“作業に詰まったオーラ”をメンバーが出すと察知できていましたが、リモートワークだと“詰まっている”ことを発信してもらわないと届かないので、メンバー側の意識も変わってきたなと感じています。

メンバーとコミュニケーションするための工夫や、色んな経験を積んでもらうアイデアをこれからも出し続けたいと思います。