商社と聞いて、みなさんはどのような仕事をイメージするでしょうか?本記事では商社の概要、そして実際に商社で働く人々の生の声をご紹介していきます。就職活動の情報収集にぜひ活用してみてください。

「商社」とは?どんな仕事をする会社なの?

商社とは、貿易や国内企業との取引により、原材料や製品を調達し販売する「トレーディング」と、「事業投資」を中心に行う会社です。取り扱われる商材は、鉄鋼や燃料、機械やインフラ、繊維や食品など幅広くあります。

商社は取り扱う商材の幅によってふたつに分類されます。上記に挙げたような製品の中でも幅広い領域でビジネスを行う商社を「総合商社」といい、特定の商材や分野に特化したビジネスを行う商社を「専門商社」といいます。

商社も一般的な企業同様さまざまな職種がありますが、やはり一番注目されるのは「営業職」。原材料や製品を販売する売り手と、それらを購入する買い手の間を仲介するトレーディング部門でも、事業投資部門においても、多くのステークホルダーとコミュニケーションを取り、案件を成功に導くという姿に憧れる人も多いのではないでしょうか。

新卒で商社を目指したきっかけ・動機

商社を目指す就活生も、その理由はさまざまです。きっかけには次のようなものが挙げられます。

・大きな仕事に携わりたい
商社では取り扱う商材のボリュームや投資というビジネス柄、取り扱う金額も大きく、関わるステークホルダーも少なくありません。ビジネスで何か大きなことを成し遂げたいと感じることから商社を希望する人もいます。

・グローバルに仕事をしたい
取り引き先や投資先が海外であることも多く、日本語以外の言語で仕事をすることや、時には海外駐在の機会があることもあります。

・川上から川下まで関わることができる
商社では、たとえば原材料や技術などへの投資から商品の企画、販売ルートの確保まで幅広い商流に関わることも可能です。

商社で働く人々のリアルな声

実際に商社で仕事をする方々はどのような想いで商社に入社してキャリアを歩んでいるのでしょうか?商社で働く方々の声をピックアップしました。
※記載の情報は記事公開当時の内容です。

▶︎三井物産株式会社

*ストーリー:目指すは‟エッジが立った”新たなキャリア像。若きCFOが語る、理想の成長舞台

・2011年新卒入社
・仕事内容:グループ内の株式会社保健同人社へ出向し、CFO兼経営企画部長としてコーポレート全般を担当
・入社のきっかけ:

山田さん 「学生時代は、自分が一体何者になりたいのか、何がやりたいのか、明確なイメージがあまり持てなかったんです。また、学生の自分が得られる限られた情報の中で『自分はこれだ!』と決めてしまうことに漠然とした怖さも感じていたので、可能性を広げていける会社に入りたいと思っていました。

三井物産は総合商社なのでさまざまな事業があり、いろいろな国に行けるチャンスがあります。総合商社の中でも、特になんにでもチャレンジできそうな会社だと思ったのが、入社を決めた理由です」

・やりがい:

山田さん 「今、ダイレクトに経営に関わることができているのが、とてもおもしろいんです。まだ今の自分は力が足りていない部分ばかりですが、こういうポジションでしっかり結果を出せる人になりたいと日々感じています。

また、もっと自分の力を磨いていく必要がありますが、将来的には、CFOやCSOといったCXOポジション、経営者として活躍できるような道を歩みたいという想いも強くなっています。三井物産グループの中だけでもさまざまな規模、業種、フェーズの会社がありますし、それらの会社に経営の立場で関わることで、自分の経験がさらに深まり、よりエッジが立ってくるのではないかと想像しています」

三井物産株式会社/総合力推進部ビジネスコンサルティング室の全てのストーリーを見る

▶︎蝶理株式会社

*ストーリー:人間関係を大切に、世界を舞台に半工半商のダイナミックなスキーム構築に挑戦したい

・2020年新卒入社
・仕事内容:テキスタイル部第2課で営業を担当
・入社のきっかけ:

ファッションに携わりたかった姚は、繊維以外の部門に配属される可能性もある総合商社ではなく、繊維の専門商社に絞って受けることに決めた。(中略)

姚さん 「説明会や選考段階で聞いた仕事内容はほぼ私の想像通りで、『この世界で私も働いてみたい』と思えました。選考はスムーズに進み、もともと私は面接などであまり緊張しないタイプですし、そういう面で会社が求める人物像とマッチしていたのかもしれません。蝶理は、ある程度フランクにコミュニケーションを取れる人が向いているのではないかと思います」

・やりがい:

姚さん 「いろいろしんどいなと感じることはあっても、やっぱりファッションが好きなので。IT系やマーケティングの仕事も興味はあるし好きだけれど少し違うのです。こういう繊維をいま自分が扱っていて、それが皆が知っている有名ブランドの生地になって、製品となって店頭に並ぶことを想像すると、あらためて頑張る力が湧いてくる気がします」

蝶理株式会社の全てのストーリーを見る

▶︎日鉄物産株式会社

*ストーリー:人の生活に役立つ何かをしたい──そんな想いからたどり着いた“鉄”の魅力

・2008年新卒入社
・仕事内容: 建材薄板営業部で工場倉庫、住宅の屋根・外装にかかわる分野の営業を担当

・入社のきっかけ:

庄子さん 「インフラ事業会社、家電メーカー、総合商社、銀行。各企業のセミナーを受け、自身の『人々の生活を支えたい』という意向は何をすれば実感できるか、ということを考えたときに、この世に“鉄”がなくなったら生きていけない(不便になる)ことに気付いたんです。(中略)

鉄鋼業界に関して、まずはメーカーについて調べました。しかしメーカーは、ビジネスの川上の部分に携わるという印象が強く、最終的な製品が見えないため、自分自身が携わったビジネスに実感をもてるのか疑問でした。そこで、川上から川下まで関わることができ、ビジネスの手触り感がある鉄鋼系の商社を中心に見ていくことにしました」

・やりがい:

庄子さん 「意外かもしれませんが、世界で一番使われる鉄は薄板なんです。普段皆さんはあまり意識しないかもしれませんが、建物の屋根と壁だけではなく、飛行機、自動車、家電、そして家具などさまざまな場面で使われています。私の仕事は人の生活の根本的なところを支えているんだと毎日実感しています」

日鉄物産株式会社の全てのストーリーを見る

▶︎豊島株式会社

*ストーリー:サステナブル素材を世界へ──若手が海外出張で背負った「日本代表」という使命感

・2017年新卒入社

・仕事内容:テキスタイルの輸出入を行う課で営業を担当
・入社のきっかけ:

日本に戻り、就職活動の軸を洗い出した際には「金・服・海外」の3つの軸が真っ先に浮上した。その軸をもとに、「繊維商社」一本に絞った多田は、さまざまな商社パーソンと面会を続けていった。

多田さん 「最終的には総合商社を含め、 3社に絞りました。中でも豊島を選んだ最大の決め手は、ある先輩社員が話していた『◯◯(某総合商社)には絶対負けへん!』というひと言です。軸はどの会社も満たしていましたが、最終的には『ひと』で選びたいと思っていて。負けん気・競争心が強く、エネルギッシュな人たちの中で急成長したかったので、豊島社員のその言葉にはとりわけ強く引かれました」

・やりがい:

多田さん 「国内業界の縮小を実感しています。でも、繊維は最終的に感性が技術と混ざり、生まれるものですから、小さくなっても『消えない』産業です。これからも海外市場に目を向けることは、国内産地の底力を海外へ示すことだと思っていますので、日本の繊維産業の伝統や想いを背負った “日本代表”として、新市場を開拓していければと思います。あと、その過程で『課のナンバー1』にもなりたいです」

豊島株式会社の全てのストーリーを見る


かつてはトレーディング事業が中心であった商社ですが、現在は投資事業を拡大し、新規事業開発にも積極的です。仲介者としてだけでなく、目まぐるしく変化する世の中を俯瞰して見ながら、新しい価値を生み出していく。そんな商社の仕事が気になるという方は、ぜひ商社で働く人々のストーリーを覗いてみてはいかがでしょうか?