スタイル・エッジ・グループ、広報担当の小林です。

株式会社スタイル・エッジ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役会長:金弘厚雄)は「第3回 WOMAN’s VALUE AWARD」(主催:一般社団法人日本ウーマンズバリュートレーニング協会)の企業部門において、優秀賞を受賞しました。

「WOMAN’s VALUE AWARD」とは、女性が活躍できる環境がある企業を表彰するもので、全国の就職活動中の女子学生を中心に実行委員が構成され、投票により選出されます。

以下、受賞の際のエントリー情報です。

<社内託児所から始まったダイバーシティ経営>

6年前、女性社員のひとりが待機児童問題により保育園に子どもを預けることができず、仕事への復帰がかないませんでした。それを受けて「だったら自分たちでつくろう」と現・代表取締役会長の金弘厚雄が社内に託児所を設置。

主力メンバーに女性が多かったため、育休取得の定着や短時間勤務等の環境づくりを心がけました。そのため妊娠・出産による離職はなく皆が復帰後も活躍しています。結果、厚生労働大臣より子育てサポート企業認定「くるみん」と女性活躍推進企業認定「えるぼし」を取得。日経DUALが行った「共働き子育てしやすい企業上位50社」にも約7,800社の中からランクインしました。

女性の管理職割合は45%を占め、育児経験者も多数います。弊社役員もグループ会社であるスタイル・エッジCAREERの代表を兼務しながら子育てとの両立を実現しています。これからも私たちは男女分け隔てなく従業員の誰もが働きやすく最大限のパフォーマンスを発揮することのできる環境づくりを「ダイバーシティ経営」と位置づけ、様々な取り組みを推進しています。

<プレスリリース一覧>
スタイル・エッジ(代表取締役会長:金弘 厚雄)が「第3回 WOMAN's VALUE AWARD」優秀賞を受賞しました
ドリームニュース
サンケイスポーツ
エキサイトニュース