ITは社員や会社の目的のための手段。コーポレートITの仕事とは

2019年にコーポレートエンジニアとしてSmartHRに入社し、2020年より同コーポレートITを担当する小石。

ITに関わる従業員のサポート、そして毎月平均20名ほど入社する新入社員へのコーポレートIT関連のオンボーディング(人事施策)の担当もしています。

小石 「コーポレートITの業務内容は、一般的に情報システム部門と言われている職種とほぼ同一です。物理からソフトまでを含めてIT関係のツールなどの運用や管理、従業員のサポートを行っています。

具体的には社内で利用しているサービス、ツール、パソコンやスマートフォンといったデバイスなどで、ヘルプデスクという形で、従業員からの相談・依頼を受け、それに対応しています」

仕事をしている中で小石が大切にしている価値観は「ITツールは社員や会社の目的のための手段」であること。社員が業務に専念できるよう、縁の下の力持ちとして支えています。

小石 「ツールやデバイスは、会社の目的や、社員たちがキャリアとして描いている未来像をかなえるための手段でしかありません。それが、ストレスや不便を感じさせ、生産性を下げるような要因となるのは好ましくない状況だと思っています。

ですから、そういったものを解決したり、よりアップグレードできる提案をしたりして、本来の業務に100%専念できる環境をサポートすることがコーポレートITとしてのミッションだと思っています」

社内で利用するパソコンやツールが問題なく使える──そんな土台を保ち続けることが求められるコーポレートIT担当。

成果が見えにくい仕事ですが、小石は業務の先にある“人”に大きくやりがいを感じているといいます。

小石 「私はこの会社が好きですし、会社のカルチャーやプロダクトが目指している世界観に共感しています。私が直接そのプロダクトの開発やセールスに関わることはありませんが、社員をサポートすることによって自分が好きな会社が成長すること、仲間が喜んでくれることが自分のやりがいにつながっています」

趣味が高じて情報システムの道へ。文系大学卒業後から大きく変わった仕事観

時は、小石の大学時代に遡ります。

明治大学政治経済学部を卒業した小石は、すぐにシステム系にキャリアを進めたわけではありませんでした。また、就職活動をきっかけに「自分のやりたいこと」がないことに気づきます。

小石 「将来のキャリアについて考える機会がなかったので、大学を卒業した後は就職をしませんでした。色んなアルバイトを経験しながら2年ほど経った2015年に、ご縁があって日本年金機構に入社しました。

その頃の仕事観は今と異なり、『仕事はプライベートのために金を稼ぐ手段でしかない』と思っていました。そんな気持ちでしたが、実際に働いてみると仕事は面白かったです。しかし、働き方が私には合わず、1日8時間働くことを、ただお金を稼ぐための手段として割り切れなくなりました」

そこから、「自分の決断で、時間や場所を選べる」=「自由である」ことをキャリアの最大の目標にした小石。次に出会った会社から、本格的にシステム系へ方向転換することになります。

小石 「2016年に入社したクラウドワークスという会社から、私の情報システム領域でのキャリアが始まりました。文系出身でしたのでプログラミングは未経験でしたが、クラウドワークスは未経験でもOKでしたし、“働き方を自由に”というクラウドソーシングの考え方が、当時の私の想いともマッチしていました」

未経験ながら良いスタートを切れたのは、小石の趣味に関係しています。

小石 「もともと私は趣味としてパソコンが好きで、小学生の頃からインターネットに触れ、いわゆるウェブカルチャーにどっぷり浸かっていました。ゲームも好きで、PCを自作する必要があるゲームから、ハードウェアの知識が自然と身につきました」

そこから、2018年よりSpeeeでのセキュリティ担当へ。前職で情報システムの適正があるという自信が得られ、ポータブルスキルとして別の仕事でさらに伸ばしてきたいという考えが小石の背中を押しました。

小石 「これまでは情報システム担当として、購入したシステムや導入したシステムをそのまま利用することだけを考えていました。しかし、自分でコードを付け加えてより使いやすくしたり、他のシステムと連携して効率をよくしたりすることで、提供できる価値が高まることに気づいたんです」

小石が見出した新たな価値は、「コーポレートエンジニア」という言葉で徐々に注目され始めていました。そして2019年、SmartHRへ入社をします。

小石 「当時はこの新しいポジション名で求人を出している会社が少なく、『なんか面白そう』と感じてアプローチをしました。採用担当の方とお話するうちに、この職務の目指す方向性、情報システムやセキュリティに対する考え方が、会社全体の考え方と紐づいてきて非常に魅力を感じました」

徹底した“聞く姿勢”で信頼構築。業務精度向上のため新ユニットを設立

当初、コーポレートエンジニアとして入社した小石は、自ら挙手してコーポレートITを立ち上げ、ユニットとして独立。それぞれに専門性を高め負荷を減らし、そしてマッチング精度の高い人材を集めることを目的としました。

小石 「コーポレートエンジニアは、SmartHRの中で情報システム部門すべてを表す言葉でした。コーポレートIT担当の仕事に加え、各サービス間の連携をしたり、コードを書いてより便利にしたり、業務は多岐に渡りました。ただ、課題が2つあったのです」

1つは、業務領域が広すぎて各業務に専念することができなかったことでした。

小石 「会社が小規模だった頃には対応できていたことも、規模が大きくなるにつれてより技術力・工数をかけないと難しくなっていました。また、ヘルプデスクやデバイス管理と社内ツールの開発業務は、それぞれが異なる頭を使う業務のため、並行して行うことでコーポレートエンジニアの負荷が高くなっていたのです」

もう1つは、コーポレートエンジニアの採用に遅れが生じていたこと。

小石 「当時の業務領域をすべて担当してくださいというのは、候補者にとってもハードルが高く、私たちも適正を判断しづらい点がありました。こうした2つの理由から、コーポレートエンジニアとコーポレートITを2つのユニットに分けることにしたのです」

ユニットを分離させたものの、コーポレートエンジニアは2021年現在で、社員2名、コーポレートITは小石を含め社員2名+派遣スタッフ1名。属人化が発生したり、人手が不足していたりとまだまだ課題は少なくありません。

しかし、ユニットを分けたことにより、情報システム関係の業務は「小石に聞けば大丈夫」という信頼関係ができたといいます。

小石 「色々なSlackのチャンネルに参加したり、課題が多そうなチームには自ら進んで定例会議に参加したり。可能な限り社員との単純接触回数を増やし、困っている人が“相談しやすい“ようにしています。ユニットが存在しても、コーポレートITが自分を助けてくれる部署だと認識してもらえなければ、何も始まりません。

まずは相談へのハードルを下げるために、チャンネルを広く持つ。そして聞こえてきた情報に対してNOは言わない。私が解決できることは必ず解決し、できない場合でも私たちなりの何かしらのアプローチをするようにして、信頼や実績を積み重ねています」

目指すのは「チーム」。急成長企業を支えるコーポレートITが描く未来

急成長を続けるSmartHRで、コーポレートITが目指すのは、「チーム」として業務を遂行していくこと。

今、小石が意識的に行っている“相談のハードルを下げる“取り組みも、組織が大きくなるにつれ限界が生じると予測しています。

小石 「チャンネルを広く持つというのも、1,000人規模の会社になると私1人では対応できなくなります。また、コーポレートITのユニット内には、ヘルプやデバイス管理、入社のオンボーディングなど、異なる業務が混在しています。

そこで、これらの専門性や担当者の特性に合わせて業務を分けることで、各業務の対応に集中でき、担当者のキャリアも描きやすくなると考えています。

向こう1年では、きちんと整理・分離することは難しいと思いますが、これらは企業のさらなる成長には必要不可欠なことです。実現を目指しながら、今は変化やスピードを楽しんでくれる人と一緒に働けたらと思います」

小石は、「今求めている人材は、ベンチャーらしいマインドや変化を楽しみつつ、従業員をサポートすることにやりがいを感じる人」だといいます。

小石 「前進し続けるSmartHRには、変化やスピードを楽しめる人が集まっています。そんな彼らの業務をITサポートという形で加速させることが、私たちの仕事です。この仕事にも変化やスピードが多く生じます。だからこそ、コーポレートITでも、同じように変化やスピードを楽しめる、そんな人を待っています」

同時に小石は、現状を見つめるだけではなく、先のことを考えられる対応力も重要だと考えています。

小石 「会社が成長し、向かう方向によっては情報システムを180度変える可能性があるかもしれません。その時に『この技術が面白い』『こういうのを導入してみたい』と新しい領域に知的好奇心を持ってのぞめる人は伸びしろがあると思います。

2〜3年後、5年後、10年後を見据え、コーポレートITというポジションでビジネスに貢献できることは何か。こうしたビジョンを描ける人と共に、先の未来像を一緒に見たいと思っています」

社員が業務に専念できるよう、日々の変化に対応しながら環境を整える小石。「会社が好き、人が好き」。その気持ちとともに、今日も成長を続ける企業を縁の下から支えています。