【刑事施設で働く人の声】

長谷川 知花(はせがわともか)

喜連川社会復帰促進センター(2021年10月現在)

2021年4月1日入社


〇 喜連川社会復帰促進センターとは??

栃木県さくら市にある、PFI手法を活用し、国と民間事業者とが協働して運営する刑務所です。犯罪傾向の進んでいない受刑者を対象に、規律正しい生活の下、刑務作業、職業訓練、矯正教育などの社会復帰に向けた更生プログラムを実施しており、ShoProは「教育業務」「職業訓練」 「分類業務」を担当しています。

※喜連川社会復帰促進センターホームページ

〇 現在の業務内容は??

入所してきた受刑者に面接や心理検査を実施し、今後、どのような目標を持って生活していくことが改善更生につながるかアセスメントします。その後、各個人の目標に沿ったプログラムを実施するなど、再犯防止に寄与する業務に当たっています。

〇 入社のきっかけは??

同じ大学院の先輩が働いており、事前に話を聞かせて頂く機会があったことが一番のきっかけになったと思います。当時、心理系の大学院に通っていたことと、元々司法現場で働きたいと思っていたこともあり、刑務所で心理職を募集しているという話を聞き、ぜひここで働きたいと思い、入社を希望しました。

〇 入社前のイメージとのギャップはありましたか??

刑務所ということもあり、職員も受刑者も、想像していたよりもずっと規則が厳しいなというのが一番の感想です。初めに注意事項を聞いたときに、自分は大丈夫だろうか、やっていけるだろうかと不安になったことを覚えています。

〇 入社してよかったと感じること、仕事のやりがいは??

自分が普段生活を送る上ではなかなか出会えないような人たちに毎日出会えることです。短い時間の中で、この人はどういった人なのかを考えながら面接やプログラムを行っていますが、色々な人がいて飽きることがないです。まだ心理士として不十分と感じる面が沢山あるので、少しずつ成長していけることがやりがいに繋がっていると感じます。


〇 ShoProの魅力は何だと感じていますか??

(喜連川社会復帰促進センターは)男性刑務所なので国の刑務官は男性が非常に多いのですが、ShoProは女性が活躍できる場所がたくさんあり、女性職員が非常に多いので、気軽に相談できる方がたくさんいることです。また、ShoProには様々な事業があるので、職業選択の幅が広がるのも特徴なのかなと思います。

※センターでShoProが担当する業務は「教育業務」「職業訓練」 「分類業務」であり、現在の臨床心理士を活かした業務のみならず、他の業務を担当する将来性があります。

〇 入社前の経験で、今の仕事に活かせていることはありますか??

入社前は学生をしていましたので、社会人経験はありません。ですが、大学生のころからずっと心理学を専攻していたので、知能検査の基本的なやり方や、相手の話を聞く際に意識することなどは多少学んでいました。そうした知識は、現在も役に立っているなと感じます。

また、少年院や裁判所,被害者支援センターなどに行かせていただいた時のことは、今の私の考えに大きな影響があったなと感じます。

〇 今の職場環境で好きなところや施設の特徴を教えてください

刑務所であるにも関わらず,複数の民間企業が運営に参加しており,それぞれの特徴を生かして,再び犯罪をしないように多方面からのアプローチができることが特徴だと思います。私が特に好きなのは,温かな人間関係で,和気あいあいと仕事ができるところです。また,一回り以上年の離れた私でも,輪の中に入れて下さり,話を聞いていただけることにとても感謝しています。

〇 仕事をする上で、大切にしたい想いはどのようなことですか??

何事にも面白さを見出すことです。私には、「楽しいことだけして生きていきたい」という欲望があります。その欲望をかなえるためにはまず、あらゆることから面白さを見つけていかなくてはなりません。なので、なるべく楽しいことをたくさん探しながら仕事をしていきたいと思っています。

そうすることで、仕事は辛いこともあるけれど、楽しいこともたくさんあると思えるようになれれば最高だなと思います。


〇 これまでの仕事で一番思い出深いエピソードは??

入社してすぐに、他所からの誤送付書類を見つけたことです。その時は、仕事を始めてすぐだったため、何が何だかよく分かっていなかったのですが、後になってミス事案を事前に防ぐことにつながったと聞いた際にとてもびっくりしました。本社への報告書を作っていただいたのですが、その時は入社してすぐに、他の方の仕事を増やしてしまった…と冷や汗をかいたのをとてもよく覚えています。

〇 そのエピソードでどういった変化がありましたか??

その件について、いろんな方から声をかけて頂きました。最初は、他の方の仕事を増やしたと思ってびくびくしていましたが、温かいお褒めの言葉をかけて頂けたので少しほっとしました。

〇 そこからどのような気付きを得ました??

少しでも疑問に感じることがあったら、まずは確認をすることがとても大切なんだなと改めて実感致しました。特に、小さなミスが大きな事故につながりやすい職場なので、確認だけは怠らないように気を付けています。

〇 これからの展望をお願いします!!

品のある高齢者として穏やかな老後を過ごすことが私の昔からの目標なので、そのために、人間関係を今から大切にしていきたいと思います。私がぼけて何もできなくなってしまっても、誰かが助けてくれるような、そんな老後を目指したいです。

出世したい等の欲はないのですが、そこそこのお金を安定して稼いでいきたいので、クビにならないことと、周りの方々をよく観察して、そこから品格を身に付けていきたいと思います。

〇 最後に・・・あなたにとって仕事とはどんなものですか??仕事をする上で大切にしていることを教えてください

仕事は生きていく上で必要なことだと思います。仕事をする上で大切だと思うのは人間関係です。楽しく、ということにも関わってくると思うのですが、ギスギスした人間関係では楽しさはもちろん、仕事にも集中できなくなると考えます。ですので、相手を尊重する気持ちを忘れずに、今後も一生懸命働かせていただく所存です。

〇 おまけ・・・ドラえもんの道具で欲しいものはありますか??

暗記パン 現在資格試験の勉強中なので、心の底から欲しいです。更に欲を言うと、助けてと泣きついたらしょうがないなと言いつつも助けてくれる相手が欲しいのでドラえもんごと欲しいです。