Story ストーリー

2022.06.02

  • New

  • Story

業務改善で全員を幸せに。管理者に寄り添う“カイゼン”のエキスパート

リックソフトの上田 麻耶は、2022年3月新設されたカスタマーサクセス課のチーフとして、お客様の会社の業務改善を支援しています。上田のモットーは「業務改善で関係者全員をハッピーにすること」。悩みを抱える管理者に寄り添う上田が、カスタマーサクセス課の将来像と業務改善にかける想いを語ります。

2022.02.02

  • Story

前向きでポジティブな社風で、失敗を恐れず挑戦するスタッフを徹底サポート

2009年、リックソフト株式会社(以下リックソフト)に中途入社し、いち開発者からチームリーダー、マネージャーへと進んできた熊井 亮輔。新卒の時には開発にはまったく興味がなかったという熊井が、今や天職ともいえる開発の仕事と出会い、さらにリックソフトに入社してから新たに知った仕事の魅力について語ります。

リックソフト株式会社

2021.10.19

  • Story

ビジネスとは“新しい価値の提供”だ。自己と他者の成長を追い求める男の信念

IT業界で20数年、転職による自己実現を目指して数社を渡り歩いた辻 大輔。顧客としてリックソフトに出会った辻は協働する中でリックソフトの可能性に惹かれていきました。“新しい価値の提供を通じて驚きや感動を与えたい”と考える辻が、リックソフトに転職を決めたきっかけや仕事観などについて語ります。

リックソフト株式会社

2021.04.20

  • Story

自分らしく働き、助け合える環境──リックソフトで一人前を目指すエンジニア

3度の転職を経て、2019年リックソフトへ入社した木元 真弓。文系出身だった彼女は、ゼロからエンジニアとして成長を重ねてきました。そんなIT業界で生きてきた彼女が、リックソフトに入社して感じた魅力と強みをご紹介します。

リックソフト株式会社

2021.02.21

  • Story

お客様の「ありがとう」と達成感──日々の過程を積み重ねたその先にあるもの

2019年、リックソフトの新卒二期生として入社した小林 香菜子。学生時代にプログラミングのおもしろさに触れ、「私が作ったもので、人を喜ばせる仕事がしたい」とエンジニアを志しました。今回は、そんな彼女の入社後の道のりと、これからの展望を紹介します。

リックソフト株式会社

2020.12.25

  • Story

偶然の出会いが、運命の出会いに!入社からの3年間で感じたリックソフトの面白さ

佐橋 夏実は、2018年にリックソフト株式会社の新卒第一期生として入社しました。単身でアメリカに渡って大学生活を送った経験を活かし、2020年現在は通訳や海外マーケティングにも携わっています。リックソフトに入って良かったとしみじみ感じているという佐橋。その人生と仕事への想いを語ります。

リックソフト株式会社

2020.11.17

  • Story

目標は生涯現役──Ricksoft, Inc.でアプリ開発に邁進する開発者の志

2020年現在、リックソフト株式会社の海外子会社Ricksoft, Inc.に出向し、アトラシアン製品のアプリ開発に携わっている阿部 賢一。2015年にリックソフトに入社するまで、請負を含めさまざまな仕事を経験してきました。そんな阿部だからこそわかるリックソフトの魅力や開発の醍醐味について語ります。

リックソフト株式会社

Timeline 沿革

Company 会社情報

社名 リックソフト株式会社
会社・
団体説明
1.ライセンス&SIサービス ツール販売提供:ライセンス販売 ツール導入支援:要件定義、設計支援、構築支援、カスタマイズ、データ移行など ツール活用支援:運用支援、各種研修など   2.クラウドサービス 取り扱い製品のエンタープライズ向けクラウドサービス(フルマネージドサービス) 3.ソフトウェア開発 プロジェクト管理:WBS Gantt-Chart for Jira ユーザビリティ向上:Excel-Like Issue Editor for Jira デジタルトランスフォーメーション対応:Alfresco connector シリーズ その他、独自ソフトウェアの開発と提供
代表者 代表取締役 大貫 浩
創業 2005年1月4日
住所 100-0004
東京都 千代田区大手町2-1-1
大手町野村ビル8階
ビジョン・
ミッション
〈経営理念〉 我々の技術・知識・ノウハウを最高に発揮し、お客様の価値向上と社会の発展に貢献します。 〈企業使命〉 本当に「価値ある道具(ツール)」とは何でしょうか?  その道具(ツール)を使い活用することで、新しい働き方を可能にし、組織の生産性を飛躍的に向上させることができるもの。 「価値ある道具(ツール)」は使いやすく、時間や場所の制約も緩和し、組織に俊敏さをもたらし、 少人数での目標達成を可能とし、魅力的な製品・サービスの誕生を助けるものと考えます。 我々の使命は、このような「価値ある道具(ツール)」を世界中の多くの人が使えるようにすることです。
URL https://www.ricksoft.jp/

リックソフト株式会社にアクションする

特集 FEATURE

おすすめ記事 RECOMMEND