ランスタッド登録派遣スタッフからの転身

article image 1

大学卒業後、改めて別の大学に通って学んでいた藤嶽。しかし新型コロナウイルスの感染拡大で大学は休校に。時間ができた藤嶽は、ランスタッドの派遣スタッフとして働いていました。

藤嶽 「ランスタッドでは幅広い仕事に携わりました。チラシやティッシュ配り、化粧品工場での作業、手芸屋さんの品出し、住宅展示場の案内受付や学会のアナウンス補助まで。軽作業からスーツを着るカチッとしたお仕事まで、いろいろ経験しました」

藤嶽は派遣で働きながらも、コロナ禍が収まれば大学に戻り、学びを継続するつもりでいました。しかし休校が明けても授業内容はコロナ禍以前とまったく違ってしまい、通常通りの授業に戻る気配がありません。

藤嶽 「これでは大学に通う意義がないかなと。一回は大学を卒業しているので、無理して続ける必要もないと思い就職活動をすることにしました。新卒ではないのでハローワークに行って就活の仕方を聞いたら、『職務経歴書を作ってください』といわれたんです」

正社員として働いた経験がなかった藤嶽は、ランスタッドの担当者に連絡。就職活動をしたいので、これまでランスタッドで派遣として携わってきた仕事の履歴を出してもらえないかと相談したのです。すると、ちょうど大阪SPOT課でコーディネーターを一人募集しているので応募してみないかと、担当者から声をかけられました。

藤嶽 「いろいろな派遣会社に登録していましたが、ランスタッドには一番クリーンなイメージを持っていました。お給料の未払いや残業代の振り込み忘れもなかったし、問い合わせをしてもちゃんと電話がつながるので安心感もありました。その会社で事務系のお仕事ができるならありがたいなと思って、受けることにしたんです」

藤嶽は当時、派遣スタッフとして3カ月ほどコールセンターで働いていました。その優秀な働きぶりを評価した派遣先の上長から、ランスタッドの担当者に藤嶽の良い評判が伝わっていたのです。

藤嶽 「もしかしたらそれもあって声をかけてくれたのかもしれません。単発のお仕事とはいえ、その日限りではなく意外とその先につながっていると感じました。日々頑張って良かったなと思います」

同じ状況にいる人のために──単発の仕事に助けられた経験を活かす

article image 2

2021年に藤嶽は、単発・短期派遣を手掛けるスポット事業本部にコーディネーターとして入社。コンサルタントが依頼を受けた派遣のお仕事に、実際に派遣されるスタッフをマッチングするのがコーディネーターの役割です。

藤嶽 「たとえば『A工場で日々3人ほしい』というお仕事なら、そのA工場に行く3人を決めます。業務や時給などの募集情報を掲載して応募者の中から採用する場合や、一人ひとりにお電話で声かけをする場合も。大人数の募集で集まり切らないときは、駅から送迎を出そうかなど働きやすい条件を考えたりもします」

コーディネーターは、とにかく仕事の日までにスタッフをクライアントに紹介しなければなりません。「急きょ明日必要!」というケースもあるため、激動の毎日を送っています。

藤嶽 「そういうときは話が来た瞬間に募集の形態を作り『急募!』『時給UP!』と募集を上げつつ、同時並行で登録スタッフにお電話をかけていきます。その日に仕事を希望されていた方や先週の同じ曜日に仕事をされていた方など、就業できそうな方から順にお電話をかけて、かけて、かけて……(笑)」

電話は5分に1回のペースで鳴り、1日100件200件とかけることもあります。以前はあった電話に対する苦手意識も、この仕事を始めてからがなくなりました。自分自身がランスタッドのスポットジョブに助けられたように、それを必要としているスタッフがいることにやりがいを感じる藤嶽。

藤嶽 「一度大学を卒業してから次の大学に入学するまでの期間、祖母の介護のために急に病院の予定が入るという状況でした。1カ月前からシフトを出すような仕事は到底できず、ギリギリ明日・明後日の予定なら立つかなという状態でも働けたのは、単発のスポットジョブがあったからです。

同じように明日・明後日の予定くらいしか立たない方がいると思うので、それでも働ける環境があるのはとても良いことですし、私のモチベーションにもなっています」

こんなにも人間関係に恵まれた職場に出会えた幸せ

article image 3

自身の派遣スタッフとしての経験から、単発派遣の仕事のありがたさや不安を感じる点も、身をもって知っています。

藤嶽 「スタッフのフォローをするときに、チーム内で『こういう連絡をしてあげると安心すると思う』と話をすると、同僚から『元スタッフはそういうところに気づくんだね』といわれることも。派遣スタッフだった経験が役に立ってると感じます」

大阪SPOT課は神戸SPOT課との合同チームで日々の業務を進めています。朝9時から常時ビデオ通話をミュートでつないだ状態でそれぞれが作業を行い、何かあればいつでも気軽に話しかけられる距離感で協業しているのです。

藤嶽 「コンサルの方も業務が終わった後に、私たちが残っていると『手伝いますよ』と入ってきてくれて、みんなで早く終わるようにしてくれることも。かなりチーム力が強いと思います。

日によってバタバタすることもあるけど、『急に依頼きたよ〜』っていいながらそれも含めて楽しんでますね。周りの人たちがみんな明るく雰囲気が良いので力をもらっています」

これほど人間関係に恵まれた職場は他にはないと思うと藤嶽はいいます。チーム内でコーディネーターとコンサルタントの垣根を超えたチームワークがあり、大変なことはメンバー内の分担。ランスタッドでは、協力して業務を乗り切ろうという空気ができています。相談しやすい環境や頼れる先輩、ロールモデルとなる女性が存在することも働きやすさにつながっています。

藤嶽 「その方はランスタッド歴が17年くらいあって、イレギュラーなことが起きても臨機応変にアドバイスをくれたり、『うわ〜』となっている時も『もうちょっと力抜いて大丈夫だよ』といってくれたり。楽しそうにお仕事をして時短でも結果を残しているし、子育ても楽しそうですごくいいなと思っています」

ずっと働き続ける未来を思い描ける会社──ランスタッド

article image 4
▲藤嶽が自らふ化させて育てた鶏

藤嶽 「ライフスタイルが変わっても、フルタイムじゃなくなったとしても、会社に貢献していけるのは素敵ですよね。ランスタッドは、そういう人も受け入れる器がある会社です。自分のライフステージが変わってもこのままい続けられると思わせてくれます」

いつかは庭のある家を買い、大型犬を飼いたいという夢を抱く、動物好きの藤嶽。在宅ワーク中も足元にはペットのうさぎがくつろいでいます。まだ社会人としての一歩を踏み出したばかりですが、いつか訪れる未来を思い描きながら、この1年で大きな成長を遂げています。

藤嶽 「募集の掲載情報の書き方やキャッチコピーの付け方で応募の集まり方がまったく違うんです。はじめは依頼書の内容をそのまま書くことしかできなくて、でも自分もその企業のことを知らないからそれ以上のことができなくて。最近は『社員さんが優しい企業です』などと情報を付け加えて、掲載内容の解像度が上がってきていると思います」

「ウォーターサーバーがある」「金髪OK」など、表には出ていない情報をストックしている藤嶽。コンサルタントやリピートしているスタッフから聞いた話をメモして、企業ごとにまとめて管理しています。詳細情報を募集内容に盛り込むことで応募が集まりやすくなり、効率化と紹介数という実績にもつながっています。

地道な努力を続け、単発で働くスタッフを支えていく毎日。藤嶽はランスタッドでのどのようなキャリアを思い描いているのでしょうか。

藤嶽 「正直、あまり『出世したい』みたいな欲はありません。でも自分が入社したころの先輩のように、聞かれたことに答えられる先輩になりたい、同じように教えられるようになりたいと常々思ってます。ランスタッドは中途入社の方が多いけど、私は何も知らないゼロからのスタートだったので、その分伸び代が大きいかなと勝手に思っています(笑)」