「好き」を仕事にした新卒時代──2度の転職を経て見つけた自分の居場所

振り返ると、自分のキャリアチェンジには苦い思い出がつきものでした。

「服が好き」という思いから、新卒で入社したのはアパレル会社。好きなものに携われる喜びでいっぱいだったのですが、半年ほど経った頃には、毎日の激務にすっかり挫折して「辞めたい」と思うようになってしまいました。

なんとか3年間働き続け、転職しようと会社を辞めたものの、当時はリーマンショックの真っただ中。アパレル以外のお仕事にもチャレンジしてみたいと思ったのですが、いくら企業に書類を送っても全く通らず、就職活動に苦戦しました。

結局、数ヶ月後に別のアパレル会社でアルバイトとして働き始めることにしたのですが、会社の経営方針なども色々変わってしまい…再び転職を考えましたが、仕事がなかなか決まらなかった苦しい時期を思い出しては「またあんなにつらい思いをしなきゃいけないのかな……」と悩んでいました。

リクルートスタッフィングに出会ったのは、そんなときでした。ある日たまたま開いた求人サイトで、アパレル業界向けの営業職の募集を見かけました。未経験でしたが、アパレル店舗で派遣スタッフの方と一緒にお仕事をしたこともあり「これなら私にできるかも」と感じて、すぐに応募。ご縁があり、入社の運びとなりました。

初めての営業職は苦労もたくさんありましたが、試行錯誤するうちにだんだんと結果もついてくるようになり、すぐに楽しさを覚えました。また同時期に入社した同僚や当時の上司、周りの人たちと支え合えたからこそ、がんばってこられたと思います。入社してから1年半後の2012年の10月に正社員登用試験に合格し、現在に至ります。

誰かの人生を変えるきっかけになりたい。キャリアチェンジに悩んだ経験が仕事の原動力

これまでのキャリアを振り返ると、決して順風満帆ではありませんでした。そんな私がリクルートスタッフィングに就職し、長く仕事を続けられているのは、2つの理由があります。

1つ目は、一人ひとりの意見を尊重してくれる環境であること。入社から1~2年目の頃に、「もっと効率よく営業するために、こんなことをしたらいいんじゃないか」「新人を教える際は、こういった点も伝えてほしい」と上司に提案したことがありました。今考えると、経験も浅いのにかなり生意気な社員ですよね(笑)。

拙い意見だったと思いますが、上司からは「自分の意志があるのはすごく良いことだね」と認めてもらえて。中には、業務に取り入れてもらったアイデアもあります。年次にかかわらず、自分の意見をきちんと受け入れてもらえるのがうれしく、居心地の良さを感じました。

2つ目は、たくさんの人の「働く」を支える、この仕事に心からやりがいを感じていること。私もかつてはキャリアに悩んだ経験がありましたが、リクルートスタッフィングに入社したことで大きく人生が変わりました。同じように、自分の仕事が誰かの人生を変えるきっかけになるかもしれないと思うと、仕事の原動力になります。

今でも印象に残っているのは、担当クライアントが募集する経理事務の案件に、接客業を長く経験してきたスタッフをご紹介したときのことです。

これまで経理の資格や経験がないとなかなかご紹介に至らないポジションだったのですが、経理未経験でも、意欲とホスピタリティを持ち合わせているそのスタッフの方はきっとクライアントの社風に合うだろうと、自信を持っていました。実際に、その方は現場で高い評価を得て、数年後に社員に登用され、ご本人も非常に喜んでくれました。

もちろんご本人の努力があってこその結果ですが、私が介在することで、その方の人生が少しでも良い方向に動いたのではないかと思えた出来事でした。「私って、すごく良い仕事をしているな」と実感しながら働けるのは、本当に幸せです。

新たなチャレンジを応援する「キャリアウィンク」事業のやりがい

そして今は、エンゲージメント推進部 キャリアウィンクグループでマネジャーを務めています。「キャリアウィンク」とは、未経験からの事務職へのチャレンジを応援する若年層向けの無期雇用派遣サービスです。

日々の業務は、キャリアウィンクスタッフの募集から採用選考や入社研修の実施、配属先の決定、就業中の労務管理に至るまで多岐にわたります。また、終了期間の定めのない無期雇用のため、スタッフの再配属や、業務指導などの細かなフォローを行うことも。

世の中の求人案件数は増えていますが、実は事務職の有効求人倍率はそれほど高くありません。そのため、未経験から事務職にキャリアチェンジしたいと思っても、なかなか難しいのが現状です。

実際、キャリアウィンクの面接の場では「何社も受けたものの、なかなか選考に通らない」との声がよく聞かれます。加えて、どういう仕事が自分に合っているか、そもそもどんな種類の仕事があるのかわからないという方も多いんです。

そこで、スタッフ一人ひとりの希望や個性をしっかりと把握した上でのお仕事のマッチングには特に力を入れています。自分の強みは、意外と自分自身ではわからなかったりするものですよね。「あなたのこんなところがこのお仕事に活かせるよ」と直接伝えて、スタッフの方の不安をやわらげるように心がけています。

初めての事務職でも意欲的に業務を習得してスキルアップするスタッフの姿を見たり、クライアントから「〇〇さんに来ていただいて良かった」とお言葉をもらえたりするのが、このサービスを提供して感じる一番のやりがいです。

関わる人すべての人生が、良い方向に変わるお手伝いを

キャリアウィンクは、スタッフの方だけでなく、企業側にも非常に価値を提供できる事業だと感じています。長期的に自社で活躍してくれる人材を求めるクライアントには、ポテンシャルの大きい若手層がフィットしやすいんです。大手金融機関・メーカー・商社・IT企業など、幅広い業種の企業から支持をいただいています。

キャリアウィンクのサービスに共感してもらえ、ファンとなっていただける企業を1社でも増やしたい。新たなキャリアに挑戦して、人生が良い方向に変わる人をたくさん生み出したい。それが今後の目標です。キャリアウィンクを利用して就業いただける方の人数が2倍にも3倍にもなるように、組織も一緒に成長していかなければなりません。

また、2017年にマネジャーを任されるようになってからは、仕事を通じて後輩やメンバーがどんどん成長していく姿にも喜びと刺激をもらっています。

仕事の中で、難しい課題に直面する瞬間は誰にでもたくさんありますよね。今日できなかったことが、明日すぐにできるようになるとは限りません。でも自分でどうすればよいか必死に考え、周りに助けを求めながらなんとか壁を乗り越えていく。その積み重ねで、1年後には見違えるように飛躍するメンバーをたくさん見てきました。

メンバー一人ひとりの強みをきちんと見つけて伸ばすこと。欠点や課題の克服もときには必要ですが、本人の個性や人より優れている点にフォーカスしてあげると、一層成長をしてもらえると感じます。誰もが自分らしくスタッフとクライアントに価値を提供しつづける。これからもそんなメンバーたちを支えながら、キャリアウィンクの事業とともにチャレンジを続けていきたいと思います。