こんにちは、株式会社PR Tableの楠です。

2021年11月18日、株式会社YOUTRUSTと共催で「優秀人材を惹きつける SNSを通じた採用ブランディング術 〜「採用ブランディングって何?」から考えてみた〜」と題してセミナーを開催しました。

YOUTRUSTからは広報PR責任者の緒方祥子さんにご登壇いただき、同社の提供するキャリアSNS「YOUTRUST」での実例もお聞かせいただきながら、SNS採用・採用ブランディングの観点で視聴者の方々にご満足いただけたセミナーになりました。

▼アーカイブ配信はこちら
https://product.talent-book.jp/event/2994/

私自身、前職が大手人材企業で新卒・中途の採用担当を務めていたこと、またPR Tableで様々な業種・規模の企業様の採用ブランディングをご支援させていただいた経験を交えてお話しさせていただきました。
ぜひアーカイブ配信をご覧いただければと思いますが、この記事ではセミナーの中でも特に要点をまとめてお伝えいたします!

そもそも「採用ブランディング」とは?

採用ブランディングは、『採用において自社を「ブランド化」し魅力を高めること』と定義できます。
「採用したい人材から、選ばれる」ためにも、そもそもの企業のブランドイメージ全体を向上させる必要性が高まってきています。

採用ブランディングが求められる背景

現在は、IT・DX人材の需給バランスの崩壊や、理系人材の減少などもあり、優秀人材の採用は熾烈を極めています。
また、優秀人材は現状の職場環境・待遇に満足しているケースも多く、積極的に転職を検討している割合は非常に少ないと言えます。

一方で、優秀人材は常にアンテナを張っており、常に自分のキャリアの在り方を模索していることも確か。
だからこそ、実際に「転職もアリかも」と思ったタイミングで第一想起される存在であることが非常に大事といえます。

企業と採用候補者が、ゆるいつながりを長期的に持ち続けることが大事な時代です。

SNSが採用に効果的な理由とは?

こちらはYOUTRUSTさんがユーザーにとった「転職先の探し方」に関するアンケート結果です。

現状、求職者は「エージェント経由」の探し方が多いものの、理想としては「知り合いの紹介」や「副業などからの転向」で転職したいと回答した割合が高くなっています。
いわゆるリファラル採用は、企業側にとってミスマッチの防止や採用単価の低減の文脈で語られることが多いですが、当然求職者にとっても、信頼できる知り合いからの紹介での入社であれば不安も払拭でき、カルチャーフィットしやすい(=長く活躍できる)というメリットがあります。

YOUTRUSTさんのようなキャリアSNSが発達し、簡単に企業(属する社員)と候補者の関係構築がしやすくなってきている時代だからこそ、リファラル採用・SNS採用の流れは今後更に加速していくことは間違いありません。

今企業が発信すべき情報とは?

こちらの図のように、「左脳的コンテンツ」はコーポレートサイトや採用サイトで既に発信されている企業がほとんどだと思いますが、今は「右脳的コンテンツ」の発信が重要と言われています。

情報社会の今、企業概要的な側面の強い左脳的コンテンツだけだと、採用候補者が企業を理解する情報量としては少なく、エントリーさせるための訴求として弱いということです。

一方、右脳的コンテンツのように、候補者へ情緒的に訴えかけるような発信こそが、応募動機や入社動機につながると言われています。
採用候補者が「応募したい!」「入社したい!」と思わせられるような最適な顧客体験を提供してこそ、初めて採用活動がうまくいく時代になったということですね。

まとめ:SNS採用で相性の良い情報とは?

ずばり、SNSで発信すべき採用情報とは、こちらの3つです。
SNSはほとんどの場合、スマートフォンで利用されますが、スマートフォンで届ける情報とパソコンで届ける情報は分けて考える必要があります。

パソコンの大きな画面で主に検索で情報収集をする場合、ユーザーが求めているのは「情報の網羅性」です。
一方で、SNSでの情報収集の場合、単なる暇つぶしの場合も多いからこそ、ユーザーが求めているのは「リアルタイムな情報」です。

完璧にまとまりきっていなくても、個人の主観だったり価値観、むしろ会社の克服したい部分も含めて伝えることで、SNSならではの信頼性の高い情報として共感を得やすくなります。

また、「社風や人」を入社の決め手にする候補者が増えている(※)からこそ、SNSを用いたクチコミ情報が採用の重要な鍵になっています。

リアリティがあり、即時性の高い社風や人に関する情報をSNSを通じて届け、候補者との距離を縮めながら「ゆるい関係性」を構築していくことが採用ブランディングにおいて非常に有効です。

ONE CAREER上の「内定」に関する2020年卒〜2021年卒就活生のクチコミ・体験談の回答を分類し集計した結果(2021年5月20日時点)

YOUTRUSTについて

YOUTRUSTはサービス累計登録ユーザー数は80,000名を突破した日本発のキャリアSNSです。
また、採用媒体として東証一部上場企業からベンチャー・スタートアップまで500社以上に導入されています。
社員の友達の友達にアプローチができるためリファラル採用より母集団が大きくなる上、平均返信率が約50%と非常に高いため、新しい採用手法として注目されているとのことです。

SNS採用のツールとして優れていることは間違いないので、ぜひSNS採用に挑戦したい採用担当者の方は登録をオススメします!

▼YOUTRUSTのプロダクトサイトはこちら
https://lp.youtrust.jp/

talentbookについて

talentbookは、累計1,000社以上にご導入いただいている、「働く人」から企業の魅力を伝える広報・PR支援サービスです。
まさにこのセミナーでは採用ブランディングについてお話ししてきましたが、採用ブランディングに必要な「社風や人の魅力を伝えるコンテンツのストック&量産」と「コンテンツの潜在層も含めたリーチ」ができます。

特に採用ブランディングを検討されている・社風や企業の魅力を工数少なくリーズナブルに継続して発信したいという企業様にとってはぴったりなサービスですので、興味のある方はぜひご連絡くださいませ。

▼talentbookのプロダクトサイトはこちら
https://product.talent-book.jp/

ざっくりとした内容ですが、いかがだったでしょうか。
セミナー内では採用ブランディング・SNS採用のトレンドおよび人事担当者がすべきこと・考慮すべきことをかなり詳しくお伝えしているので、ぜひアーカイブ動画をご視聴いただければと思います!

▼アーカイブ配信はこちら!
https://product.talent-book.jp/event/2994/

また今後も、採用や広報・企業ブランディングに関するセミナーを開催していきますので、ぜひご参加いただければと思います。