“考える”とは紙に書くこと――読書と絵で身につけた視点から顧客の問題解決に挑む

ポーターズのコンサルタントとして、宮本駿介は日々お客様の業務課題を解決し、システム導入、運用に乗せるまでの責任を担っています。SE出身の宮本はどのように顧客の課題と向き合い、解決の糸口を見つけていったのでしょうか。それを解く鍵は、インプットとアウトプットにありました。

Albumアルバム

Timeline沿革

ポーターズ株式会社にアクションする