Story ストーリー

2022.03.31

  • Story

【営業所長座談会】自由には責任が伴う──挑戦し続ける営業所の役割とやりがいとは

電子部品の総合商社オーエスエレクトロニクスで働く営業所長(一本木 弘明、増田 和士、松井 一真)が営業所の役割、所長としてのやりがい、求める社員像について、ざっくばらんに議論しました。「自由には責任が伴う」──3人が口をそろえるフレーズに込められた想いとは。挑戦し続ける営業所の魅力を語ります。

2022.03.31

  • Story

同心協力で臨んだ大型プロジェクト。互いの胸に灯る「やるしかない、絶対にやり遂げる!!」の覚悟

半導体や電子部品の技術的な知識を生かして業務に臨む、オーエスエレクトロニクス株式会社の的野 雄治。顧客の要望を理解してチームに助言し、適切なデバイスを仕入れるなど、各プロジェクトの要になっています。現在は営業担当と共に大手電機メーカーの案件に着手している的野が、仕事への向き合い方を語ります。

オーエスエレクトロニクス株式会社

2022.03.31

  • Story

同心協力で臨んだ大型プロジェクト。7年越しのアプローチが実り大型案件を獲得

オーエスエレクトロニクス株式会社で営業を務める狭間 恵太。「新規参入してみせる」と商談を重ねたお客様から、7年を経て大口案件を受注しました。試作と改善が続くハードな日々も「仕事人生の中で一番楽しい」という狭間が、仕事への姿勢やタッグを組んだ社内エンジニアについて語ります。

オーエスエレクトロニクス株式会社

2021.11.15

  • Story

協力体制が生み出す価値とは──未来を見据え前進し続ける営業担当の想い

オーエスエレクトロニクス長野営業所に勤務する齊藤 圭は、塾講師から電子部品業界に転職した異色の存在。いつも「この先の誰かに役立つこと」を考えて行動する齊藤は、社内外ともに協力体制を構築することが大きな成功につながると確信しています。そんな齊藤が自分のキャリアや理想の営業像を語ります。

オーエスエレクトロニクス株式会社

2021.08.23

  • Story

グローバル展開のキーマンに──異業種から飛び込み、つかみ取った成長への道のり

オーエスエレクトロニクス京浜営業所で働く池田昌樹は、不動産会社勤務を経て2008年に中途入社した営業担当者です。未経験だった半導体業界に飛び込んで2021年現在では13年。今では海外拠点との交渉も任せられるほどに成長しています。池田の働きがいや思い描く将来像に迫ります。

オーエスエレクトロニクス株式会社

2021.07.02

  • Story

目指すはメーカーとお客様双方の満足度向上。歴25年エンジニアが見出した仕事の矜持

2020年にオーエスエレクトロニクス株式会社に入社した、鈴木 義徳。カスタマークオリティエンジニア(CQE)として勤務し、主要仕入先より “最優秀個人賞”も受賞。鈴木が仕事において大切にしていることや、自身が今後進むべき道を語ります。

オーエスエレクトロニクス株式会社

2021.06.10

  • Story

己を知り、相手を知る。分析を繰り返し、オリジナルな工夫を凝らして生み出す成果

幼少期から、サッカーの厳しい競争に身をおいてきた田中 敦士。2014年にオーエスエレクトロニクスに中途入社した後、お客様が求めることを真摯に考え、絶えず振り返りをすることで、営業として着実に成果を出してきました。そんな田中が仕事の中で凝らしている工夫と考え方を紹介します。

オーエスエレクトロニクス株式会社

Timeline 沿革

Company 会社情報

社名 オーエスエレクトロニクス株式会社
会社・
団体説明
当社は、1963年の設立以来、エレクトロニクス分野において、多くのお客様に優れた製品と技術を提供しております。今日、ビジネス環境は急激に変化しており、エレクトロニクス業界も急速な変化をしておりますが、当社は常に時代を見据え、お客様に正確な市場情報・業界情報を発信し、サプライヤとユーザの間に信頼関係を確立する「独自性のあるエレクトロニクス技術商社」として活動しております。
代表者 東海林 尊信
創業 1963年4月16日
住所 101-0021
東京都 千代田区外神田3-16-8
秋葉原三和東洋ビル5F
ビジョン・
ミッション
当社は「有言行動」を信条としています。言葉にすることで、やるべきことを明確にし、決意を固め、お客様に説明し、それを行動に移す。だからこそ、お客様は我々の提案を信頼することができ、我々も常に約束を果たすべく行動することができるものと信じております。
URL https://www.oselec.jp/index.htm

特集 FEATURE

おすすめ記事 RECOMMEND