Story ストーリー

2022.02.15

  • Story

「当たり前は当たり前じゃない」とある技師が“悩み苦労した先でつかんだもの”

日本郵船の技師(=陸上職技術系社員)として、差別化の源泉となる技術力を高め社外に発信する役割を担う橋元 彩子。新人時代に経験した海外出張での衝撃的な出来事や3度の産休育休を経て進化を続ける橋元が、自身の過去と現在そして未来について赤裸々に語ります。

日本郵船株式会社

2021.11.30

  • Story

多様な関係者を取り纏めつつ自分の考えを発信し全体最適を追求する。その大切さとは

管理部門と営業部門のどちらも経験して現在は原油タンカーの海外営業担当として活躍する白井康太郎。これまでの仕事を通して考える、多様な人が関わる海運業界だからこそ大切な、仕事をする上での視点とは。常に成長を目指し続ける白井が、今後のビジョンと共に自身が持つ熱い想いを語ります。

日本郵船株式会社

2021.11.08

  • Story

船の上にOFFがある? OFFの時間で自らをアップグレードする若手海上職の対話

日本郵船の海上職は、4か月から6か月の間大型船舶に乗船し安全航行を遂行するための業務を行っています。 生活環境は陸上とは大きく異なり、イメージしにくいものかもしれません。そんな中、「船の上でのOFFの時間」を大切にしている笹生 杏梨と山下 和人の二人が、現在、そして未来の話を語り合います。

日本郵船株式会社

2021.05.31

  • Story

「尊重」の姿勢が生んだ成長ストーリー──女性航海士が語る船上生活の裏側

日本郵船で活躍する𠮷野 恵里香は、2018年に自社養成採用で入社後、2年の期間、研修や実習を経験。女性ならではの苦労や多様性のある環境下での困難もあったが無事に乗り越え、2021年4月からは三等航海士として乗船する。大変な環境下で身につけた「尊重」の姿勢と、航海士としての𠮷野の想いの源泉に迫ります。

日本郵船株式会社

2021.05.26

  • Story

機関士は進化し続ける技術を未来につなぐ仕事。そのつなぎ役がおもしろい

2002年に日本郵船株式会社に入社後、機関士として海陸の両方でキャリアを積んできた山下 大輔。2021年現在は、主に入渠工事策定、運航費管理、新造船仕様策定などを担当し、各種プロジェクトでも最前線で活躍してきました。そんな山下がこの仕事をおもしろいと話すワケとは。これまでの歩みとともにひも解きます。

日本郵船株式会社

2021.05.18

  • Story

技術職だけど航海士?思いを抱き、続けてきた挑戦とは

技術者でありながら航海士免状を取得、多種多様な経験を積んできた荻須 俊輔。船に対する思いから日本郵船へ入社を決めた彼は、能動的に自身の経験を積み重ねてきました。彼はなぜここまで成長できたのか、そしてどのような価値観を持って仕事に挑んできたのか、今までの軌跡をひも解きます。

日本郵船株式会社

Album アルバム

Timeline 沿革

Press Release プレスリリース

Company 会社情報

社名 日本郵船株式会社
会社・
団体説明
「海・陸・空」全ての輸送網を有する日本郵船は、海運業を中心に総合物流業を展開しています。 近年では海洋資源開発や自動車物流など、従来海運の枠組を超えた事業にも挑戦しています。
代表者 長澤 仁志
創業 1885年10月1日
住所 100-0005
東京都 千代田区丸の内二丁目3番2号 
郵船ビル
ビジョン・
ミッション
Bringing value to lifeを企業理念に、世界中の人々の暮らしに価値を届け続けます。
URL https://www.nyk.com/

日本郵船株式会社にアクションする

特集 FEATURE

おすすめ記事 RECOMMEND