興味を満たせる仕事と、安心感を持って働ける環境があった

和田 「自分が学んできた知識が活かせて、何より安心できる環境がある。それが、NTTデータウェーブに入社を決めた理由です」

そう語るのは、2006年に新卒で入社し、現在は事業戦略部カスタマーパートナーチームに所属する和田 幸久。

自らが学んできた分野と興味を持った分野がミックスされている仕事を探していた時、NTTデータウェーブと出会いました。

和田 「大学では商学部に進み、主に会計の勉強をしていました。加えて、中学生ぐらいのころ家にパソコンが来て、それらに触れているうちに、ITの分野にも興味を持つようになっていたんです。

会計を学ぶ中で得た、会社を内側から改善していくことのおもしろさと、興味が尽きないIT分野への挑戦。この二つの条件を満たせる仕事や会社を探している時に出会ったのが、NTTデータウェーブだったんです」

自身のやりたいこと、それを実現できる環境が整っているところで、NTTデータウェーブに強い関心を抱いた和田。しかし最終的に入社を決めるきっかけとなったのは、数値的なものでは計り知れない部分にあったと言います。

和田 「2006年はバブルもはじけた後で、いろいろと社会的な不安も少なくなかった時代です。そうした中で、ITバブルのような盛り上がりこそありましたが、自分自身はそうした派手なテンションはどこか苦手で……。

しかしNTTデータウェーブは、面接の際にフロアの見学をさせていただいたのですが、すごく落ち着いた雰囲気で、和やかな空気が流れていました。ここでなら、自分も一緒に頑張っていけそう。そう思えたのが、入社を決めた最大の理由ですね。また福利厚生も充実しており、安心して働ける環境が整っているのも魅力的でした」

常に成長する姿勢──苦労の末に知った、エンジニアの成長に欠かせない要素

入社後、Webアプリケーションの開発部門に配属された和田。文系出身の未経験者として、イチからプログラミングのスキルを磨いていきます。

和田 「IT分野について、興味はあるものの実際にプログラミングなどをしたことがあるわけではありませんでしたから、正直自分にできるのか不安もありました。

しかし研修や最初に配属されたWeb アプリケーションフレームワークの開発現場を通じて、プログラムの読み書きや設計をすることが得意という自分の意外な才能に気が付いたんです。もともと興味のあった会計関係の仕事ではありませんでしたが、逆に自分の新たな一面を知ることができて、とても楽しかったのを覚えていますね」

開発の上流工程から運用、保守などの経験を積みシステム全般に関するスキルを身に付けた和田は、さまざまな現場を担当しながら、自身を成長させていきます。

和田 「いろいろな案件を担当する中で、いろいろなお客様ともお付き合いをしていきましたが、厳しいお客様こそ、自分を成長させてくれていたんだと感じますね。

ある現場ではお客様から『常に成長し続けなさい』と言われ、従来と同じような提案をしようとすると、受け入れていただけないことがありました。しかし一度断られて、あらためて提案内容を見直すと、確かに改善できる部分がいくつもあるんです。

むしろ、こちらが勝手に安定を優先してしまっているような状態だったんです。お客様があえて壁になってくれたことで、自分の至らなさに気付き、成長のきっかけを得ることができました。

この経験は、15年ほど働いている中でも、特に印象的な出来事になっています」

数多くのお客様、多種多様な案件との出会いの中で、現状に満足せず、常に工夫することの大切さを学んだ和田。現在彼が会社にとって無くてはならない存在になれた要因の一つは、この「常に成長しようとする姿勢」があったからに他なりません。

和田 「とくに技術進化の早いITの世界では、上手くいっている方法、上手くいった方法を繰り返せば、次も必ず上手くいくというわけではありません。従来のやり方に固執せず、自分なりにどう工夫できるかを考え実践していくことが、自分自身を成長させるのはもちろん、お客様の満足にもつながっていくのだと思います」

気軽に相談できる相手になるために、信頼関係を築いていく

2019年7月、事業戦略部カスタマーパートナーチームへ異動した和田。アプリケーション開発やプロジェクト担当だけでなく、より広い視野でビジネスを捉えられる人材に成長してほしいという期待を受けての異動でした。カスタマーパートナーチームでは契約手続きや新規案件の営業活動など、お客様満足度向上のための業務に取り組んでいます。

通常業務以外でも改善プロジェクトに参加し注力しているのが、書類のペーパーレス化。新型コロナウイルス流行の影響により、在宅勤務のお客様も増えたことで、より効率的にやりとりのできるペーパーレス化を推進しています。

和田 「2020年には、検収書をはじめとする書類のペーパーレス化を実現しました。2021年4月には契約書のペーパーレス化を導入し、さらなる業務効率化を図る予定です。業務改善もまだやれることはありますが、今後は事業戦略部という名前の通り、戦略面から業務改善まで幅広く取り組んでいきたいですね」

開発を担当していた時に比べて関わる人や部署の数が増え、お客様と会社の橋渡しとしての立場を担うことで、以前より売上を意識するようになったという和田。営業担当になったことで、あらためてNTTデータウェーブの強みに気づいたと言います。

和田 「この会社は全員が営業担当としてお客様のために動いていると実感しています。営業担当になったものの、既存システムの運用保守案件については運用保守のメンバーがお客様と直接会話し、相談に応じているケースが多く、それぞれがお客様と結びついている会社だなと思いました。

また、いい意味でガツガツしていないとも感じています。お客様にとって一番いい形であれば、自社の売り上げよりもお客様にとっての一番な方法で提案すること優先し、お客様のことを第一に考える社風だと思っています」

その中でカスタマーパートナーの役割は「お客様にとって気軽に相談できる相手になる」ことだと語ります。

和田 「既存のシステムのことであれば、現場のメンバーに話をしていただいた方がスムーズでしょう。しかし、現場のメンバーに話しづらいことや新しい案件、ちょっとした相談については、別の相談ルートとしてカスタマーパートナーに声掛けいただければと考えています。そのためにも、気軽にご相談いただけるよう日頃から信頼関係を築くことが大切になると感じています」

カスタマーパートナーとしてお客様により価値を提供するために、意見交換会に同席した和田は、お客様から率直な意見を聞くことで刺激を受けたと笑顔を見せます。

和田 「私たちをパートナーとして期待してくださっているお客様がたくさんいるんだと肌で感じました。もともと人に喜ばれるために仕事をしたいと思っていたので、お客様に喜んでいただけるようこれからも成長したいです。

また、開発部門に所属していたころに培ったシステムの知識を活かした提案はもちろんのこと、システム以外で改善できる方法も積極的に提案し、期待を超える価値を提供できるようになりたいです」

お客様から求められることを学び続けることで、スキルと視野を広げる

契約関係の知識とスキルを伸ばすために、現在はビジネス実務法務をはじめとする法務関係の勉強にも取り組んでいる和田は、「自分がやりたいことよりも、お客様から求められることを学びたい」と語ります。

和田 「私は会計をやりたいと思って入社して、プログラム開発に配属されました。そこでプログラミングやシステム構築のいろはを学び、お客様と接点を持つことでコミュニケーションも学びました。

2020年には民法が改正され、契約書を見直すプロジェクトに配属されたこともあり、今は営業としてのスキルを高めるためにも法務関係の勉強をしています。

このように、その時々で求められるスキルを伸ばしていくのは見ている世界が広がっていくようで、モチベーションにもなります」

ペーパーレス化や契約書見直しなど、本業以外のプロジェクトにも積極的に参加するモチベーションの源泉は、無駄がなくなっていく喜びにあるといいます。

和田 「無駄が省かれて業務が改善されていく過程はとても快感ですね。改善することで業務環境がどんどん良くなっていって、自分自身も仕事がやりやすくなる。将来的には後任の担当者までやりやすくなる……全部の仕事はつながっているんだと考えながら、改善業務に取り組んでいます」

今後改善していきたい課題としては、時期によって事務的な作業に忙殺されるケースをなくすこと。そして、積極的に発信する営業スタイルに切り替えることだと語ります。

和田 「業務を平準化して、生産性の高い業務に力を注げるよう、RPAの導入を含めて取り組んでいきたいです。また、現状は引き合い型の営業が多くなっているのですが、お客様に自らアイディアを提案するソリューション営業の比重を高めて、信頼できるパートナーとしての役割を発揮していきたいです」

将来的には「こうなってほしい」と思われるような人材に成長したいという和田。お客様から、そして会社から期待し続けられる人になりたいといいます。

和田 「和田さんだったらできるよねと期待して相談いただけるように、一つひとつの仕事を大切にして結果を残していかなければならないと考えています。期待に応え続けることが、信頼につながっていくはずです。そのためにも、より幅広い情報を収集してグローバル化にも対応できるよう、語学力も磨いていきたいです」

未来に向けて一歩一歩、強い意思を持ち突き進んでいく和田。お客様の期待を超える仕事ぶりと適応力で、これからも信頼関係の輪を広げ続けていきます。