安定してキャリアを伸ばせる環境

商業高校で情報処理を学び、そのまま情報系の大学へと進学した根本。SEやプログラマーを目指し、就職活動をしていた中で求めたのは、長く働き続けられる環境でした。

根本 「いくつもの会社を受けましたが、NTTデータウェーブへ入社する決め手になったのは親会社の規模が大きく、事業として安定していることでした。面接などで出会う人皆が良い人そうだったのも大きく影響していますね」

一方、入社した根本を待っていたのは、予想外にも個人の成長を追い求めるストイックな社風でした。

根本 「新入社員であっても、自分の案件には自分で責任を持つ厳しさがあったんです。もちろんチームで動く案件もあり、先輩に教えてもらうことも多いのですが、自分で必要な知識を身につけていかなくてはいけない危機感がありました」

お客様の営業員が使用する業務システムの開発保守を担当していた根本。最初はわからないことが多く、業務でも失敗を繰り返したといいます。それでも3年が経つ頃には、苦手としていた電話応対もできるようになり、何を言っているのか理解できなかったお客様の言葉も意味がつながってくるようになりました。

根本 「あまり良い話ではありませんが、ときにはシステムに障害が生じることもあります。そういった際に、なぜ障害が起きたのかしっかりと調べ、設計の見直しを提案しました。失敗の積み重ねが自分の知識を深めていったんですね」

特に若手のうちは、お客様から心配をされないように、どんな質問にも全部答えられるように、勉強していたといいます。もちろん、学び続けるのは簡単なことではありません。乗り越えられたのは、周囲の助けがあったからこそです。

根本 「大変だったのは自分だけではありません。みんなが個々人のパフォーマンスを最大化しようと一生懸命。それでも、本当に大変なときは手を差し伸べてくれます。そういう雰囲気が、仕事を覚えていくうえでも大いにためになったのだと、今では思いますね」

もがきながら見出した自分のスタイル

経験を積んでいった根本は、次第に自分なりのスタイルを身につけ、評価を高めていきました。

業務は、お客様が求めるシステムの要件定義からリリースに至るまでのプロジェクト管理や、レビューと多岐にわたります。そんな中、根元が常に心掛けていたのは、お客様一人ひとりに目を向けることでした。

根本 「提案する内容はもとより、提案の仕方や話し方などでもお客様の満足度は大きく変わるんです。この人にはこんな資料のまとめ方が好まれるだろうと、さりげない部分にまで気を配るようにしていました」

自ら決断したいお客様に対しては、過度な提案をしないように。決断を悩まれるようなお客様には、変わった角度で提案をするように。

お客様一人ひとりにあわせた丁寧なコミュニケーションを心掛けてきた根本のもとには、異動したあともお客様からの相談が名指しで舞い込んでくるといいます。

また、自分なりのポリシーも確固たるものとなっていきます。

根本 「自分で決定できることか、そうじゃないかをまず判断するようにしています。自分で決定できることは、何か聞かれたときにしっかりと理由を答えられるものですね。自分で考えて、大丈夫と確信できるならば行動します。少しでも悩むようなら、分かる人に聞きます。悩む時間をもったいなく感じるんですよね」

開発保守の経験を生かしたキャリアチェンジ

▲ドイツ出張での一コマ

根本は入社してから7年間開発保守に従事した後、問い合わせ窓口チームへと異動。これまでシステムの開発を補佐してきましたが、実際にシステムを使うお客様のサポートを担うようになりました。

根本 「電話は一日に300件ほどかかってきます。実際のコールセンター業務自体は、関連会社に委託していますが、相談内容に対してどう回答するか判断するのは、私たちの仕事です」

提供しているシステムは、お客様企業の社員が利用する出張申請システムや物品購入システムであるため、「この記入欄には何を入力すればいいの?」といった細かな質問も少なくありません。一方、即時に答えられないようなものも。そんなときこそ根本の経験が生きてきます。

根本 「開発保守をしていたころには、障害対応などさまざまなトラブルに対処してきました。そうした現場を経験しているからこそ、お客様からの問い合わせにも即時対応できる部分が多いと思います。即座に解決できなくてもシステムのことをわかっているので、お客様が納得していただける説明がしやすいとも感じていますね」

また、何気なく寄せられる問い合わせのなかには、システムの見直しにつながる質問もあります。

根本 「相談窓口だからこそ見えてくる改善点を、月次でお客様や開発部門との定例会で報告するようにしています」

こうした経験は、根本の視野を広げることにもつながっているといいます。

根本 「今までは自分の担当していた営業系のシステムの範囲しか知らなかったんですが、別のシステムの知識も深め、どのように連携されているのか体系的に把握できましたね。自分が手掛けてきたシステムがどのように使われているのか実態を知ることができ、仕事の実感が強まった気もします。

開発を担当している方も、一度は私たちのチームを経験して、システム利用している側の視点を学ぶのをぜひおすすめしたいですね」

一人ひとりが輝ける居心地の良さ

異動を経て、これまでの経験を活かしつつキャリアの幅を伸ばしている実感を得る根本。NTTデータウェーブで働き続けられる理由は、会社が持つ居心地の良さに因るところが大きいと話します。

根本 「あまり大きな会社ではないのもありますが、取締役の方から話しかけてもらえるフランクな雰囲気はありますね。一人ひとりの人材に目を配ってもらえているんだという安心感があります」

一対一のコミュニケーションが多いからこそ、問い合わせ窓口として気づく改善点などを、直接開発担当者に伝えることもあるといいます。ちょっとした気づきであっても社内で共有しあえる文化があるのです。

根本 「問い合わせ窓口に異動してからは、関係者も増えました。あまり接点がなかったチームの人と一緒に報告会に行くようになったため、社内の輪も広がっている実感があり、楽しいです」

2020年は、コロナ禍でほとんどがリモート勤務だったものの、不都合を感じることはほとんどなかったといいます。お客様にも仲間に対しても、一対一のコミュニケーションを大切にしてきた根本にとって、物理的な距離は問題になりません。これからも、お客様とシステムの開発をつなぐ橋渡しとして活躍していくことが期待されます。