どのようなコミュニケーション手段でも心のこもった対応を

▲店頭にて

資産運用パートナーとして、日々たくさんのお客様とお話する機会をいただいています。

お客様お一人おひとり、求めていらっしゃるサービスや置かれていらっしゃる状況は異なりますので、いつもお客様に応じてご意向に沿えるよう心掛けています。

また、信頼がなければ、お客様から真のご相談を承ることはできないと思っています。ですから、大切なご資産のご相談を承るには何よりも信頼関係が大切だと考えています。

その上でお客様に安心してご相談いただけるよう、私はまず、自分自身のことを知っていただくことが大事だと考えています。

私がどのような人間かをお客様に知っていただき、信頼をしていただかなければ、心を開いていただくことは難しいと思っているからです。

“信頼”と言っても、すぐに築けるものではありません。少しずつ時間を掛け、時間を積み重ねながら、担当として頼りにしていただける存在になれるよう努めております。

今では、私を知ってくださるお客様も多くなりました。投資のお話だけでなく、お仕事のお話や、ご趣味のお話など、私が知らない分野のことをお客様に伺うことや、お客様から教えていただくことも多々あります。様々なお客様と接することができるこの仕事だからこそ、できる経験だと思っています。

最近は直接お会いすることがなかなかできないため、メールやお電話でご連絡をさせていただくことも多くなりました。時には、お手紙を書いてお送りすることもあります。

お手紙を喜んでくださる方も多く、お客様に喜んでいただけることが励みになっています。

コミュニケーション手段も時代と共に変化していますが、どのようなコミュニケーション手段だとしても、心のこもった対応を常に心掛けていきたいと考えています。そして、安心してご相談いただけるパートナーとなり、お客様をサポートさせていただけたら、と思っています。

学び続けることで知識を身につけ、視野を広げる

▲オフィスにて

お客様は、投資に詳しい方から、投資をこれから検討されようと思っている方まで様々な方がいらっしゃいますが、お客様の立場に立ち、分かりやすくご説明することを、心がけています。

お客様にタイムリーで質の高い情報をお届けするには、日々変化するマーケットの状況や知識の習得が欠かせません。

入社1年目の頃は、先輩にお客様役になってもらい、ロールプレイングを行うことで、お客様の目線でお伝えすることを学びました。

そういった経験を通じて、難しいことも分かりやすくお伝えすることがだんだんと出来るようになっていきました。

入社してから様々なことを先輩や上司に教えていただきましたが、常にお客様の立場に立った視点で指導していただいたことが、今に繋がっていると思っています。

また、情報の整理を兼ねて、商品ごとにその特徴などをまとめるようにしています。

まとめることで自分の頭の中も整理され、お客様にご説明させていただく際にも、順序立ててお伝えすることができますので、より分かりやすい説明ができるようになったと感じています。

野村證券ではリサーチャーによるマーケットや経済に関するレポートが日々アップされていますので、それらの情報をお客様の保有商品やご相談に応じて、お届けしています。

「あなたじゃないとだめだね」とおっしゃっていただけるようになるまで

たくさんのお客様が、野村證券に対してレベルの高い情報や相談をお求めになっていらっしゃるように感じています。

私たちは金融のプロでありますので、担当者の勤続年数に関係なく、お客様の期待にお応えしなければならないのは、当然のことだと思っています。

以前、株式に精通しているお客様をご担当させていただくことになった当初、お客様にご満足いただけず、自分の力不足を痛感したことがありました。

それでも諦めず、お客様にご満足いただける情報をお届けしようと、情報収集と情報のご提供を繰り返し、1年半ほど経った頃、ようやくこちらを向いてくださった経験があります。

今ではそのお客様から「あなたじゃないとだめだね」とおっしゃっていただけるようになりました。

お客様からの言葉を嬉しく思うのと同時に、何ごとも継続し努力することの大切さを知りました。

昨年、NOMURA'S BEST PARTNER 2020に選んでいただいたのですが、自分がまさか選んでいただけるとは思ってもいませんでした。

今までうまくいかないこともたくさんありましたが、毎日多くのお客様とお会いする中で、お客様にご興味・関心を持っていただける情報を分かりやすくお届けすることを心掛け、積み重ねてきました。このことが、自分自身の成長にも繋がり、選んでいただくことにも結びついたのかなと思っております。

しかし、私自身はまだまだ努力を続けていかなければいけないと思っています。

「幅広い知識」と「親しみやすさ」で、“何でも話せる身近な存在”に

▲プライベートでタイに(2017年夏)

将来に向け資産形成の必要性を感じていらっしゃる方が多くなったと感じています。

ただ、何から始めたらいいのか、誰に相談したらいいのかが分からないために、なかなか一歩を踏み出せない方も多いのではないかとも感じています。

そんなお客様の為にも、相談しやすいパートナーとして、一人でも多くのお客様の資産形成をサポートさせていただきたいと思っています。

野村證券では株式や投資信託だけでなく、保険なども取り扱っており、お客様のライフステージにあった資産運用のご相談や、相続に関するサービスなど、きめ細かなコンサルティングを行っています。

そのほかに、不動産関連のサービスも取り扱っております。お客様の中には不動産のご相談を希望される方も多くいらっしゃるため、私も昨年の2020年、自己研鑽のため宅地建物取引士の資格を取得しました。

野村證券が扱っているサービスは多岐にわたりますから、お客様のご相談にしっかり応じるためにも、さまざまな分野の幅広い知識が必要です。今後は相続などについても更に深く勉強し、話題の引き出しを増やして、お客様との会話やコンサルティングにも活かしていきたいです。

投資は難しいと感じる方も多いかもしれませんが、そのようなお客様にも、証券会社を身近に感じていただき、分かりやすくお伝えして、一人でも多くの方に将来の資産づくりの一歩を踏み出していただけたらと思っています。

ひとりのお客様がいいと思うことが、ほかのお客様にとってもいいことだとは限りません。

ですから、それぞれのお客様のご意向に寄り添えるようなパートナーになりたいですし、お客様に“何でも話せる身近な存在”と思っていただけたら、とても嬉しいです。

「あなたに相談してよかった」お客様にそう言っていただけるのが一番の喜びです。