大手通信キャリアのコンシューマー向けのサイト用基盤システムの構築を担当

article image 1

現在、大手通信キャリアのコンシューマー向けのサイト用基盤システムの構築を担当しています。新しいシステムへの改修や新規の構築を行うチームに所属し、エンドユーザーが見るサイトの基盤システムの品質向上のため、運用コスト削減や柔軟性の高いシステム構成を目指して既存システムの見直しなどを行っています。

インフラ側の開発をメインで行い、インフラエンジニアとして、パブリッククラウド(AWS)を用いて開発を行っています。実はまだ異動してきたばかりで、キャッチアップを行っているところですね。部内を通じて、お客様への提案機会もあるのでゆくゆくは挑戦していきたいと思っています。

もともとクラウドを使用したモダンなことがやりたいという希望が自分の中にあって、そんな中で現在のプロジェクトへ参画のチャンスをいただき異動が実現しました。

今はプロジェクトのシステムの知見を吸収しているところですが、新しい知見やスキルを身に付ける過程が非常におもしろいですね。部門としてもサポートしてもらえる体制が整っているので、非常に取り組みやすい環境が整っています。自分自身で技術を身に付けることは大事ですが、プロジェクト固有のシステム構成や環境もあり、既存学習だけでは身に付けられない部分も出てきます。そういった部分に関しても上長や先輩から親身に教えてもらえるので助かっています。

現在フルリモートで仕事に取り組んでいますが、コミュニケーションの取りやすい環境があるのも嬉しいですね。

私のチームではTeamsを常時接続しておいて、質問や雑談など何かある際はミュート解除して気軽にコミュニケーションを取っています。これ以外にも毎日30分間、進捗報告にプラスしてコミュニケーション取る時間を設けているので、前職に比べて環境は恵まれていると感じています。

常に成長できそうな選択を。自分の限界値を高めるためのこだわり

article image 2

多少の無理が成長につながることもある、と私は考えています。無理な残業するということではなく、少しつらくても成長につながる選択をしていくことで、自分の限界値を高めることができるのではないかと確信に近い感覚があります。ここ2カ月における業務の中で実感しています。

もともとワークライフバランスを大事にするタイプでしたが、最近はワークのほうに比重を置いています。成長する機会が目の前にあるのでがむしゃらに取り組んでいます。今のプロジェクトは上昇志向が多い人が多く、影響を受けているという部分もありますね。

今は自分を高める期間と考えており、インプットもできています。

とくに印象に残っているのは、異動前の私が新規参画者で、システムやプロジェクト固有の用語もまったくわからないところからスタートした案件です。とにかく始動させるということを考えて取り組んでいましたが、お客様の信頼にも関わることなので、プレッシャーもかなりありました。自分の中でも何がわからないのか、わからない状態でしたが、情報整理や上層部や他メンバーとのコミュニケーションで得た情報をつなぎ合わせ、ナレッジを共有することを心がけていました。

そんな環境であっても、壁を乗り越えて最初のスプリントのタスクを遂行することができました。

「社内外含め貢献できる存在になりたい」という目標を実現するために

article image 3

印象深い案件を無事に遂行した経験から、社内外含め貢献できる存在になりたいと目指すようになりました。そんな存在になるために、今は進行中の案件を突き詰めて取り組んでいきたいと思っています。

プロジェクト固有のものが多く、まだ落とし込めていない部分もあって、苦戦している部分もありますが、まずはそれを自分のものにしていくということを第一目標に掲げています。そのために、自分の中でわからない点を整理し、チームメンバへ適切な質問および共有をすることで徐々に知見を広げています。そこから違う領域にも広げていきたいと考えています。

今後、視野を広げて新しいサービスの検討や提案などにも関わっていきたいですね。ゆくゆくは顧客折衝にも関わりたいと考えています。

魅力的な人柄が決め手。入社してからのギャップもなく、働きやすい環境で成長中

article image 4

もともと他社でSEとして業務に携わっていましたが、プライム案件に関わりたくて転職活動をしていました。その中で面接官が魅力的で当社に決めました。当社の面接官が、若手時代に仲間と助け合って成長されたというエピソードが印象に残っています。

入社してからも、会社のイメージは良い意味で変わりませんでしたね。むしろ想像していたよりも良い環境で業務ができています。

たとえば若手でも裁量を持って業務に取り組むことができるところ。大手だとトップダウンの印象がありますが、業務に入ってみたら重要な業務も任せてもらうこともあります。発言する機会も多いし、自分の発言によりプロジェクトに与える影響は大きい。そういった意味でも裁量が大きいと感じています。技術力の高い人がマウントを取るなどは他社で聞く話ですが、当社ではそういったことは一切なく、チームとして成果を上げようという方針なので、とても働きやすい点も気に入っています。

のびのびと働くことができるし、最新技術にも触ることができるので、新しい技術を身に付けることが好きな人、自分でアクションしてキャッチアップしようという想いがある人は当社に向いていると思います。