開発の最上流からプロジェクトに関わることができる環境で感じるやりがい

article image 1

2018年にキャリア採用で、NECソリューションイノベータ株式会社へ入社しました。入社後は、顧客へのSAP(基幹システム)の導入支援、運用・保守を行う部署に所属し、SAPのバージョンアップのプロジェクトに携わり、移行作業の支援や開発支援を担当しています。

業務としては、システムのサポートが切れる前に計画的にバージョンアップを行っています。たとえば、グループ企業内でバラバラだったシステムを揃えて、どの企業でも同じプロセスで作業を行えるようにするグループ標準化も視野に入れた支援をしています。本番移行作業までにおよそ半年かかるため、無事に終えられたときは大きな達成感があります。

当社はSAP領域では後発ですが、NECをはじめ力のあるグループ会社との連携により開発の最上流から担当できることが魅力です。チームリーダーとして、顧客に近い立ち位置でプロジェクトに関わることで、契約延長の連絡をもらえた際には、顧客からの評価を直接感じることができるので、やりがいにつながっています。

柔軟な働き方がきっかけで、キャリアを見つめなおすことが可能に

article image 2

当社ではリモートワークと在宅勤務を織り交ぜたハイブリット型の勤務体制をとっています。私のチームではリモート勤務が多く、メンバーへの指示もチャットやビデオ会議で行っています。前職と比べると残業時間が大幅に減少し、今は基本的に20時間未満となりました。自宅勤務が増えて、通勤時間もなくなり、プライベートの時間を確保できるようになって、メリハリをつけて働けるようになったのは嬉しい変化です。

今後は、チームリーダーとしてメンバーや顧客から信頼してもらえる存在になるため、技術向上はもちろん、コミュニケーションの高度化、チームマネジメント力の向上を目指しています。ゆくゆくは大規模プロジェクトの管理や、パッケージ製品だけではなく別のシステムの開発にも携わってみたいです。

そのために半年に1度自分の希望を提出することができるジョブチャレンジ制度(社内公募制度)などにも興味があり、状況に応じてそれらの制度を活用し、自らが目指すキャリアを作っていけたらいいなと思っています。

前職の経験を活かして、当社で身につけたことが今に活きている

article image 3

これまで経験してきた前職2社で、それぞれ培ったプログラム開発と会計監査の業務知識を活かすことができています。1社目のシステム会社でも同様にSAPに携わっていましたが、二次請け業務が中心でした。このときの下流工程の経験が今の土台となっています。

また、2社目の監査法人で培った業務知識も、顧客と直接話す上で役立っています。実は入社前、顧客折衝は自身の苦手分野と感じていましたが、当社で上流寄りの業務にチャレンジすることで自身の新たな可能性が引き出され、大きく成長できたと感じています。

プロフェッショナルが多く活躍する環境で感じた、お互いが助け合うカルチャー

お互いの知識、経験をシェアして助け合う文化が醸成されていると感じます。前職では、プライベートでのつながりがある人、仲の良い人には質問しやすい環境でした。当社では、業務でまったくつながりがない人に、声をかけても親身になって相談に乗ってくれます。さらに、各分野のプロフェッショナルが多いので、解決スピードが限りなく早いのも魅力です。また、以前には、事業部長クラスの方とも直接話せる「腹落ち会議」があり、現場の意見を取り入れてくれようとする姿勢は他社にはない魅力だと思います。 

このような企業カルチャーのある当社では、自分の意見や考えを尊重しながら、相手にも同じように接することができ、キャリア採用で入社しても、しっかりと活躍できる環境があります。