すべては現場で働く人たちのために。工場ラインの自動化が重要ミッション

article image 1

2019年、株式会社不二越に入社した坪内。東富山の工場で、油圧事業部生産技術課の仕事に携わっています。

坪内 「私が在籍している生産技術課での主な業務は、既設ラインへの新規型式追加や、工場にある生産設備の投資計画から新規設備の導入など。中でも、新しく仕入れた設備同士をつなげ、ラインとして立ち上げることが大きなミッションです。加えて、それらの加工治具、設備で物を加工する際のプログラムも作成しています」

坪内がめざす設備の自動化は、不二越で働くスタッフたちの負担をできるだけ軽くし、生産性を上げることを目的としています。

坪内 「油圧事業部で取り扱っている製品は、大きなサイズのもの、重量のあるものが多いので、重量作業はロボットに対応してもらい、われわれ人間は無理なくできることだけ、という流れが理想です。効率化、省人化、工数削減のためにロボットの活用を進めています」

実際に、取材時の坪内は、まもなく立ち上がる新工場での準備に追われています。また、事前準備や設備の設定だけでなく、実際にラインが稼働し始めてからのこともぬかりなく想定しています。

坪内 「新しいラインがスタートしたら私の役目は終了、ではなく、現場の方が使ってみて不具合がなかったか、もしあれば改善し、スムーズに稼働するまでが重要な任務だと思っています。そのため、常に意識しているのは、現場スタッフが使いやすく、わかりやすいこと。ラインの流れを構築するのが私たちの仕事ですが、いくら良いと思って作り上げても、現場で使えなければ意味がありません。

とくに、外から仕入れた設備の場合は、実際に使う人たちのことを最優先に考えて、いかに使いやすく仕上げるかを最重要視しています」

あらゆる知識と経験すべてが、明日の自分の糧になる

article image 2

学生時代からメカトロニクス工学科に所属していた坪内。在籍していた研究室ではロボットハンドの研究を行っていました。研究室の教授はさまざまな分野への造詣が深く、ある日、油圧とロボットの組み合わせについて耳にしました。

坪内 「通常のロボットは電気やモーターで動くのですが、それだと高い出力は難しい。対して油圧の場合は、重機などにもよく用いられているように、かなりのパワーが出せます。これから出力が大きなロボットの活躍する場は多いのではないか。私自身も教授に感化されて、『ロボットの油圧化』に夢を感じました。

ロボットハンドの研究をしていましたが、ロボット関連だけではなく、それ以外にもいろいろなことにチャレンジしてみたいと思っていたので、多彩な事業を行っている不二越という会社に魅力を感じ、入社を決めた次第です」

入社後は、油圧事業部の生産技術課に配属になった坪内。現在の業務では、大学時代に研究してきたロボット関連には携われませんが、結果、この配属に満足していると言います。

坪内 「もともと、ものづくりが好きです。入社当時は生産技術という言葉は知りませんでしたし、何をするグループなのかもわかりませんでした。

当時、希望した配属先は技術部でしたので、もし希望通り技術部配属になっていたら、やりたかった開発の仕事には携われたかもしれませんが、裏を返せば、専門性の高い限られた仕事しかできなかったのかなと思います。生産技術課はものづくりをする会社になくてはならない重要なグループで、今ではそこで働けることを誇りに思います。

それから、生産技術課では、触れる機械の種類が多く、その分、知識も経験も蓄積できます。たとえば、ライン立ち上げで言えば、ロボットや加工設備など、普段触れることのない設備に触れられます。加工治具も自分たちで設計して作ったり、ロボットと加工設備を連携させるプログラムを作成したりもします。とにかくいろいろなことに挑戦できるので、楽しいです」 

このように、じつに幅広い業務がある生産技術課。ひとつの視点だけでなく、多角的に物事を見たり、過去の知識や経験を応用して従来とは違った捉え方をしたり……。そんなところにおもしろさや、やりがいを感じています。さらには、坪内が大学時代に経験したことが活きている部分もあるようです。

坪内 「学生のころは図面やプログラムを書くことが多かったのですが、結構根気が必要な作業でした。今の業務では、製品の試削りや工場のラインの立ち上げで機械がうまく動かないとき、どこに原因があるのか、どこが問題なのかを探し出さないといけない。これがまた、すごく根気が要ります。大学時代に培った根気強さが今に活かされているかもしれません」

※現在、技術系の方の採用については、専攻や研究内容を確認し、選考時に希望をお伺いした上で事業部ごとの採用を主としています。

ただの鉄の塊から大きな物ができあがる。ものづくりの奥深さと楽しさを実感

article image 3

坪内 「これまでの仕事で一番心に残っているのは、1年目に任されたプロジェクトです。設備に取り付ける治具を作り、その後、設備につけた刃物で加工できるかどうか、もしできないのであれば、どんな刃物を追加すれば加工できるか、最後に実際に加工してみて問題がないか確認するという一連のプロジェクトを、1人で担当させてもらいました。

もちろん、先輩方にとってはみなさん1人で担当するのが当たり前な作業内容ですが、入社間もない1年目の自分に任せてもらえたということに喜びを感じました。それこそ、ただの鉄の塊から物ができあがるまでを通しで担当できたので、大きな達成感が得られました」

そんな成功体験を通して、坪内はだんだんとマルチに業務をこなせるようになっていきます。

坪内 「繰り返しになりますが、生産技術課は、本当に業務内容が幅広いです。加工治具を作るには、図面と機械加工の知識が必要です。加工プログラムを作成するのに機械加工とプログラムを追加しようとしている設備の知識、ロボットと設備の信号のやり取りをするのにラダーやプログラムの知識が必要になり、設備に機器を新しく取り付けるときには電気系の知識も必要になります。

1つの専門性を突き詰めることももちろん大切ですが、マルチに対応できる技術もまた大切だと日々感じています」

知識をさらに広く、もっと深く。多様性に富んだ不二越だからできること

article image 4

入社して4年経った現在の気持ち、そして今後の展望など、率直な想いを尋ねました。

坪内 「先ほどお話したように、この部署の業務はとても幅広く、まだまだ知らないことがたくさんあります。まずは、知識をもっともっと広く、さらには専門性も高めていきたいです。

また、今の主な業務は、既設の設備やラインへの新しい型式の追加や、上司の方々が決めた新規ラインを立ち上げることですが、もし機会がもらえるのであれば、今後はライン自体の構築にも関わってみたいですね」

最後に、これから就職先を探している人、不二越への入社を考えている人に向けて、メッセージをもらいました。

坪内 「不二越の一番の魅力は事業の多彩さです。それぞれの事業部によって特色が違いますし、本当にいろいろなことに携われる。視野がどんどん広がっていきます。多様性に富んだ会社です。

それから、私のように富山に配属になることも多いと思うのですが、この土地にも大きな魅力を感じています。私は愛知県出身で、愛知にいたころの趣味は外出や買い物でした。

それが、富山に来てからは趣味が一気に増えました。綺麗な海と山に囲まれているのが最高ですね。冬はスノーボード、暖かい時期は釣りやゴルフ、キャンプなどアウトドア系が楽しくて。ぜひみなさんにも体験してほしいです」

新工場の立ち上げや日々の業務などで忙しい毎日を送る坪内ですが、仕事は一生懸命に取り組み、プライベートは自然の中で思い切り楽しむ。充実した日々を送っていることが、インタビュー中の笑顔から伝わってきました。「まだまだ知らないことがたくさんありますが、広く深く、マルチに活躍できるようになりたいです」と語る坪内の挑戦は続きます。