新商品ローンチに向けて挑戦するメンバー。立ちはだかる大きな壁

▲本業では支店の法人営業、兼業では本部の商品開発に挑戦する八木

※ストーリー前編はこちら

ここ数年、世界的に大きな注目を集めているSDGs。あらゆる業種においてサステナビリティがテーマとなっており、いまやSDGsに本気で取り組んでいるか否かが、企業の評価を左右する一因にもなっています。

〈みずほ〉においても持続可能な社会の実現に向けた取り組み、サステナビリティアクションを強化しており、2021年10月に国際的な原則であるサステナビリティ・リンク・ローン原則(以下、SLLP)に適合した商品をローンチしました。その名も、「みずほSLL PRO(サステナビリティ・リンク・ローン プロ)」。サステナビリティ・リンク・ローンは、サステナブルファイナンス商品のひとつですが、本商品ではこれまで外部評価機関が実施していた、SLLPに基づくお客様が設定したサステナビリティ目標の評価部分を〈みずほ〉で行えるようにした点が大きな特徴です。

そして、もうひとつ注目すべきは、この商品の開発を担った「SDGsビジネスデスク」のメンバーは、社内兼業者で構成されるチームだったということです。

みずほ銀行虎ノ門支店で法人営業をしている八木、みずほ銀行プロジェクトファイナンス営業部のグローバル環境室に在籍している角谷、そして、この兼業での経験を機にみずほリサーチ&テクノロジーズ 環境エネルギー第2部へ異動した今井。とくに中心となって開発に携わっていたこの3人に話を聞いてみると、兼業で商品開発をするおもしろさ、そして難しさが見えてきました。

三者とも、本業の業務の中でSDGsやESGというワードに触れ、もっと知りたい、もっと会社として何かできることはないかという想いから本プロジェクトに参加したものの、時はコロナ禍。

八木 「プロジェクトが始まってすぐに新型コロナウイルス感染症が蔓延しはじめ、直接コミュニケーションすることが難しくなりました。ただでさえコミュニケーションが必要なチームなのに、これには参ってしまいました」

この言葉通り、最後にメンバーに加わった角谷に至っては、八木や今井と一度も顔を合わせることがないまま、プロジェクトは進んでいくこととなります。

また、本業との両立も大きな壁となって立ちはだかります。当然本業の繁忙期があり、今井に至っては途中で部署異動もありました。基本は週に8時間程度を兼業に充てるというルールでしたが、それだけの時間を捻出するのが難しい時期もありました。

さらに、経験のない業務を自分たちで進めていく厳しさも味わいました。今回開発した「みずほSLL PRO」は、従来、外部評価機関に個別に依頼していたSLLPとの適合性評価を内製化するために、SLLPに適合したフレームワークを作成した点が大きな特徴ですが、発足したてのチームが、しかも兼業でチャレンジするには、なかなかの難題だったのです。

多くの課題を抱える中で、差し込んできた一筋の光

▲「本業を頑張ってきたからこその知識や経験を兼業に活かせた」と語る今井

試行錯誤しながら新商品の開発を続けていく中で、度重なる困難を乗り越えられた一つの大きな要因は、SDGsビジネスデスクメンバーそれぞれが持っている強みをかけ合わせられたこと。本業との同時進行が時間の制約面でネックだった一方で、本業での一人ひとりの様々な経験が、課題解決への光となって輝き始めます。

今井 「私の場合は、浜松町支店時代に本業で関わるお客さまが、SDGsに対してどう考えているか、どんなことを実現してみたいと思っているかという現場の生の声を日々耳にしていたので、それらをメンバーに共有できたことは、ひとつお役に立てた点ではないでしょうか。

現在の部署では、脱炭素など環境面に関する企業の取り組みがテーマだったりするのですが、これってまさに、みずほSLL PROで設定するのKPIカテゴリのひとつなんです。本業で得た知識や企業側の意見を、商品開発に活かすことができたことも実感しています。

また、兼業で得た知見……。たとえば、サステナビリティという観点からどのような商品が生まれ得るか、商品開発において何がネックになるかなど、企画の生の声を本業のコンサルチームに共有することで、新しいサービスを生み出すためのヒントを得たというメリットもあります。本業と兼業の双方に良い効果があったなと感じています」

角谷 「評価業務に関しては本業との共通点も多かったので、本業での経験をプロジェクトに活かせたかなと思います。逆に私は、本業ではお客さまとの直接の接点がなく、抱える課題感などもいまひとつ理解できていませんでした。そのあたりは、皆さんに教えてもらい、学びを深められました」

そう角谷が語るように、プロジェクトメンバーそれぞれのバックグラウンドがまったく異なるからこそ、それぞれの知識を共有し、足りない部分は補い合うことで、問題解決へと一気に突き進んでいけたのです。さらには、SDGsビジネスデスクメンバー以外の社内スタッフの協力も欠かせませんでした。

八木 「自分だけの人脈では限界がありましたが、SDGsビジネスデスクのメンバー経由で社内のいろいろな部署の方を紹介してもらい、たくさんの協力を得られました。この兼業に携わったおかげで、社内でつながりができた人が倍以上に増えた印象です」

こうしてSDGsビジネスデスクメンバーと周囲の力を得て、2021年10月、ついに新商品「みずほSLL PRO」が日の目を浴びることになったのです。

兼業への取り組みを通して、見えてきた新しい景色

▲商品開発を経て得たものについて笑顔で語る角谷

「みずほSLL PRO」のローンチに向けてずっと走り続けてきた3人。それぞれの強みや経験を活かし、社内外の協力を得て、さまざまな課題を乗り越え、新商品としてのリリースを迎えることができました。

角谷 「目指していた商品のローンチにはたどり着きましたが、ここからがスタート。新商品がスタートしたものの、使ってくださるお客様がいらっしゃらないのでは意味がないので、まずは早く1号目の案件へとつなげたいです」

八木 「ここまで取り組んできてやっと形になったので、プレスリリースが出たときはうれしかったですね。とにかく長い道のりだったので、今は感無量です。あとは、角谷さんと同様に、1号目の案件が走り出して初めて、ひとつのゴールを迎えるのだと思っています(※)」

ホッと一息つきつつも、まだまだスタート地点だと語るメンバーですが、このプロジェクトを通して得たものは想像以上に大きかったと振り返ります。

今井 「兼業に携わった分、本業のみを担当していたときよりも確実にワークロード(仕事量、作業負荷)は増えているはずなんです。本業の上司の理解は得ているものの、本業の業務量を削るわけにはいきませんから。

でも、兼業開始前と同じアウトプットを限られた時間内で出すという意味では、知らず知らずのうちに業務効率が上がり、自分のキャパシティも広がったのかなという気がしています」

この今井の言葉に、一同大きく頷きます。

八木 「いろいろなことを振られても、どんと構えていられるようになったと思います。動じなくなったと言いますか……。本業と兼業の両方に取り組むことができたのだから、だいたいのことはなんとかできるだろう、という自信につながりました」

角谷 「私は、今井さんや八木さんをはじめSDGsビジネスデスクのメンバーとの意見交換を通して現場のリアルなニーズや意見を知ることができた点が、一番大きな収穫でした」

さらに八木は、今後本業にも大きな影響を与えるような経験ができたと語ります。

八木 「本部の目線と言うのでしょうか。本部の人たちがどんな仕事をして、どんな思いで僕ら営業とコミュニケーションをとっているかということが、今回のプロジェクトを通じてすごくよくわかりました。これまで、営業と本部との間で軋轢が生じることもあったのですが、その理由や背景にあるものが体感できたことは、すごく良かった。必ずや本業に活きてくるであろう経験です」

(※)追記……本インタビュー後の2021年12月17日、ファッション事業およびビューティー事業を運営する企業としては国内初のサステナビリティ・リンク・ローンを活用した資金調達が実行された
https://www.mizuhobank.co.jp/release/pdf/20211217.pdf

ようやく立てたスタートライン。3人の挑戦ははじまったばかり

▲明るく穏やかな笑顔で〈みずほ〉の未来を語る角谷、八木、今井

ここからが本当のスタートだという「みずほSLL PRO」ですが、いよいよ現場の営業担当が商品を持ってお客さまに提案するフェーズへと進んでいます。

八木 「我々が営業担当に商品の勉強会を開き、その情報を持って営業がお客さまに説明をし始めているところです。商品名とプレスリリースだけでは、従来の商品との違いを伝えきれない部分もありますので、今後は僕も含めた現場の人間が生の声を届けて提案していくフェーズですね」

角谷 「本商品で内製化した評価部分を担っているのがSDGsビジネスデスクです。今後商品を利用していただく際、私たちが評価書類を作っていくことになります。評価業務をしっかりと進め、ノウハウをためていくことが商品の価値に、そして金融サービスを通じたサステイナブルな社会の実現へと繋がると思いますので頑張りたいと思います」

今回SDGsビジネスデスクで新商品を生み出した3人が決して特別ということではありません。より多くの社員に、兼業に挑戦してほしいと語ります。 

今井 「私の周りでも、兼業制度の存在自体を知らない人や、知っていても手を挙げていいものか迷っている人が少なくありません。確かに、担当する業務は本業の業務量にプラスされるので、大変なこともありますが、普段とまったく違う仕事をする楽しさや刺激もたくさんあります。とても充実した毎日が送れると思います。

もちろん経験値・充実度のメリットだけでなく、目標を達成できたら人事評価としても大きなプラスになります。やって損はないのでは、と思います」

角谷 「今回の兼業では、今まで関わりがなかった部署の方と一緒に業務に携わり、皆で協力しながら推進できたので、非常にやりがいがありました。社内兼業は、自身の関心に沿った業務に挑戦できる貴重な機会だと思います」

八木 「私の初任店はとある地方店ですが、そんな東京から遠く離れた地からやってきた営業担当でも、こうしてみんなの前で勉強会を開き、商品を形にするために大企業やベンチャー企業の方と関わる機会を得ることもできました。

〈みずほ〉には、自分の手でキャリアを切り開いていこうという社員に対して、後押しをしてくれる社風があります。今回のSDGsビジネスデスク以外にも、たくさんの社内兼業プロジェクトが募集をかけているので、ぜひチャレンジしてもらいたいですね」

度重なる困難にしっかりと向き合い、仲間と共に乗り越えていった3人。活躍するフィールドも強みも違うメンバーが同じ場所を目指して突き進めたことを心から良かったと語るその背中は、社内兼業を経て一回りも二回りもたくましくなったのではないでしょうか。

一歩踏み出すことで、社会課題を解決し、新たな未来をつくることができる。

一人ひとりの想いと行動によって、新しい〈みずほ〉の未来が形作られていきます。