Q1:自己紹介・仕事紹介

名前:齋藤 聞人(サイトウ モンド)
所属:デザイン本部 デザイン・戦略部 エクステリアグループ
入社:2017年
学歴:プロダクトデザイン専攻
業務:エクステリアデザインを担当

入社してからは先行開発を中心に携わってきましたが、最もやりがいを感じるのは1/1モデルとして削りあがってくる瞬間です。良くも悪くも3Dデータでは気づけない部分があり、クレイモデルを仕上げて屋外で見るというのは、デザインと直接触れ合える貴重な時間でもあります。

今回VISION RALLIART CONCEPTのデザイン開発に携わり、造形で何を伝えるかというところで非常に苦労しました。コンセプトカーはある程度自由にできる反面、メッセージ性のある造形を短時間で作っていく必要があります。この面質で強さを表現できているのか?この部品たちは世界観を表現できているか?実際のところ、確信できる瞬間は滅多にありませんが、なんとなくここは大袈裟にやりたい、ここは抑えたいというのがハッキリしてきます。ここから掛ける時間によって、造形も変化すると思います。自分にとってかなり勉強になったプロジェクトでした。

Q2:学生時代に取り組んだことで、今の仕事に活用できていること

各年代のいろいろな製品を見ることですね。
最新の自動車業界のトレンドは当然調べるんですが、改めて昔のクルマをじっくり見ると、線や断面の使い方とか、素材のつなぎ方とか、いろいろ勉強になるんです。温故知新ってやつですね。  

入社してからは、より製品として見るようになったので発見が多いです。Rの付け方とか、誰がどう悩んでこの面を張ったんだろうと想像してしまいます。そういった意味では、ただ見るだけでも楽しみが増えました。 

Q3:デザイナーを目指す学生へのアドバイス

バランスやコンセプトが固まってくると、絵が描けなくなってくる瞬間ってあると思います。これはキーワードに合ってないよねとか、描いてみたけどしっくりこないとか。
表現手法を変えてみるのが良いです。何でも良いですが、画材を変えてみるとか、プレゼンを動画で作ってみるとか。そうすると急に足りない部分の設定が見えてきたりします。

個人的には、提案の中に世界観を作ることが何よりも大事だと思っています。モノだけじゃなくて見せ方も楽しんで作り上げるのが理想です。 

Q4:入社して気づいたこと

線とか面のコントロールですね。 

学生のときは、線一本を今ほどシビアに考えたことはないです。実車上で線を2、3mmも動かすと、クルマって全然違って見えるんです。このミリ単位を半年とか1年とか試行錯誤するんですが、ベテランの方と一緒に仕事をすると、これは“盛り”でこっちは“削り”でみたいな判断力がすごく早くて尊敬します。