Q1:自己紹介・仕事紹介

名前:小川 優(オガワ ユウ)
所属:デザイン本部 デザインマネジメント部 サーフェスクリエーショングループ
入社:2017年
学歴:工業デザイン専攻
業務:入社してからは、サーフェスクリエーショングループにて、エクステリアを中心にデザインデータを制作しています。RVR、アウトランダー、エアトレックなどのプロジェクトに参加してきました。デザイン表現と設計的要件を両立させながらモデルを制作する「デジタルモデラー」は苦労も多い仕事ですが、アイディアが徐々にプロダクトになっていく快感と、それが最終的に世に送り出されていく達成感は無上のものだと思っています。

Q2:学生時代に取り組んだことで、今の仕事に活用できていること

とくに印象に残っているのは、同級生のデザインモデルを制作した経験です。私の在籍していた工業デザインの学科では、レンダリングイメージやモックアップモデルの作成に利用できる3Dモデリングの需要が高く、同級生や後輩からたびたびデータ制作を頼まれて手伝っていました。  

今思えば、これは幸運なことだったと思います。他の人のデザインを立体で表現するには、スケッチから意図を読み取ることや、相手と議論を重ねて問題解決をしていくことが欠かせません。自主制作では、体験したことのない難しさに苦戦しながらも、励んだ経験が今の仕事にも活きていると思います。

Q3:就職先を決めるときの悩みや頑張ったこと

人前に立って話すことが大の苦手でした。プレゼンテーションはもちろんのこと、実習最初の自己紹介やグループワークのちょっとした発表ですら、緊張で声が詰まることが多々ありました。正直今でもあまり得意ではありませんが。

それでも当時は、話す内容を要点でまとめて可能な限り圧縮することで、なるべくゆっくり心を落ち着けて話せるよう努力した覚えがあります。

Q4:入社して気づいたこと

デジタルモデリングの実務を始めて、最初に感じたのがクルマに対する自分の理解の浅さでした。デザイン的にも設計的にも、学生時代には意識していなかった基礎的な前提があり、その多くを入社後の教育課題や実際にプロジェクト参加してから初めて知りました。今でも勉強の日々です。

良かったことといえばやはり、自分がデザインで関わったクルマが実際に世の中に出て街中を走っていることです。見かけるたびに、息子の頑張りを見守る親の心境とはこのようなものなのだろうと思います。