Q1:自己紹介・仕事紹介

名前:李 知容(イ ジヨン)
所属:デザイン本部 デザイン・戦略部 インテリアデザイングループ
入社:2016年
学歴:インダストリアルデザイン専攻
業務:入社以来、さまざまな車種の内装全体デザインからステアリングホイール、シフトノブ等部品デザインまで、内装に関わるすべてのデザイン作業に参加してきました。お客様に三菱独自の驚きと安心感溢れる内装デザインをお届けし、記憶に刻まれ、感動につながることを目指して日々精進しています。

Q2:学生時代に取り組んだことで、今の仕事に活用できていること

スケッチを立体として確認するために、スチレンボードを利用して作る“スケールモデル作成作業”です。
学生時代にはこの“スケールモデル”を作って、課題のスケールを確認する最終提出物の一つとして活用していました。

内装デザインが外装デザインと違う点は、人が車両内に入り、ものを触って操作することです。スチレンボードモデルは、乗って操作するデザイン形状を手軽に、かつスピーディーに検討できます。この作業は、安心感溢れる魅力的な内装デザインを作るための武器の一つといえます。

Q3:デザイナーを目指す学生へのアドバイス

就職活動の際には、自分の作品を伝えるポートフォリオ作成に何よりも力を注ぎました。

ポートフォリオを見た瞬間、伝えたい内容がクリアに伝わることを目標にして、教授をはじめ周りの人々に何度も見せながら、ブラッシュアップしていきました。

私の作品に対して、見る人それぞれの観点でコメントをもらえるのが嬉しかったです。時には、自分では想像できないような想像力をくすぐるコメントをもらうことも。それを聞くだけでもおもしろかった記憶があります。

Q4:入社して気づいたこと

インテリアデザインのオールラウンドプレーヤーに成長できる仕事環境が、とても魅力的です。

未来戦略の立案やコンセプト提案のような初期段階から、スケッチ提案、デザインセレクト以降の製品化、試作車両の品質熟成にいたるまで多様な仕事を任されて、インテリアデザインに関して幅広く経験させてもらっています。

また、目指すべき未来像や業務上の悩みといったいろいろな話題について、マネージャーはもちろん、本部長にいたるまで、上の方々と気軽にいつでも意見を話し合えるフラットな組織文化があることも、仕事のしやすさにつながっています。