メドピアグループでは、“働き方に柔軟な選択肢を持つ”ことで、心理的安全性が担保され、中長期的な視点で生産性の高い職場づくりができると考え、さまざまな取組みを行っています。

今年度は、リモートワーク下においても「オフィスでも自宅でもないサードプレイスを活用した就業スタイル」や、「出産・育児・介護などさまざまなライフステージの変化に応じた働き方」を実現するため、2つの制度を導入しました。

一方で、われわれが提供する事業やサービスをさらに進化させるためには、ビジネスにおいて湧き起こるパッションをリアルタイム、かつダイレクトに共有できるオフィスワークの場も大切です。

すべての社員がビジネスパーソンとして、リモートワークとオフィスワークをバランス良く組み合わせ、仕事のやりがいやスキルの向上はもちろん、プライベートも両立した豊かなキャリアを築いていく──。

そんな環境をめざして導入した2つの制度を今回はご紹介します。


働く「ロケーション」と「スタイル」を選択するという考え方

メドピアグループでは従業員の意思で働く場所を自由に選択できる「ロケーションセレクト制度」と、ライフステージに合わせて働き方を選択できる「スタイルセレクト制度」があります。


■ ロケーションセレクト ■

「ロケーションセレクト」には、「シーズナル」と「ライフステージ」の2つの利用シーンがあります。

シーズナル

  • 目的:就労場所をオフィスでも自宅でもない“サードプレイス”に設定して非日常的な刺激を得ることでリフレッシュし、クリエイティブかつ生産性の高い働き方を実現すること

  • 利用シーン:旅行や帰省の前後や、仕事のOn/Off切り替えをしたいとき

  • 条件:年4回/通算1カ月までの利用

ライフステージ

  • 目的:育児や介護、看護といったライフステージの変化にも応じたワークスタイルを実現すること

  • 利用シーン:育児・介護などの理由で、通勤をせずフルリモートワークを行いたいとき

  • 条件:連続3カ月までの利用、同一事由による更新あり(最大3年)

※ロケーションセレクトを利用したメンバーへのインタビュー記事はこちら


■ スタイルセレクト ■

「スタイルセレクト」とは、メドピアグループの仲間がエリアを超えてつながり、仕事への多様な向き合い方を認め合うことを目的とした制度です。

この制度の適用も2種類に分類されます。就労場所がオフィス通勤圏内である場合の「General」と、オフィス通勤圏外の「Area」です。


General

  • オフィスへの通勤圏内(通勤時間2時間以内)に居住する方で、オフラインとオンラインのハイブリッドワークが可能

  • 対象者:正社員

Area

  • オフィスへの通勤圏外に居住する方で、フルリモートワークによる就労が可能

  • 対象者:次の条件にすべて当てはまる方

  • 入社一年以上の方/管理職以外の方/自ら率先して業務に取り組める方

これにより、就労場所をオフィスに限定せずメンバー自ら選択できることを恒常的にサポートしています。

---

オフラインとオンラインを融合させた、フレキシブルで生産性の高い働き方を実現することで、社員一人ひとりがメンバー同士の“絆”を大切にしながら、多様なキャリアを築いていく──。

メドピアグループではそういったビジョンをもって、働く環境をより良くする挑戦を続けます。