2019年、京王建設株式会社に入社した西村優希のポリシーは「仕事を楽しむ」。現場から学ぶことは多く、様々な経験を積みながら自身のスキルアップを図っています。

──入社までのいきさつを教えてください。

インターンシップに参加した際に、京王建設の人事の方と話す機会がありました。とても雰囲気が良く、話しやすい印象を受けたのが入社を志望した理由です。ゼミの先輩も含め、母校の卒業生が何人か在籍しているため、何かあった時は相談できるという安心感もありました。転勤がないというのも魅力を感じた点です。

──入社後のお仕事はいかがでしたか。

新築マンションの工事現場に配属されたのが最初の仕事です。幡ヶ谷近くの現場で杭工事の写真撮影などを担当しましたが、先輩から指示をもらって動くのが精一杯でした。大学で建築を勉強したとはいえ、職人さんの話に出てくる専門用語は初めて聞くものばかり。分からなければその都度調べながら理解するようにしました。

その後は北新宿の新築マンションの工事現場へ。ここでは足場の数量拾いを任され、何の部材がどのくらい必要かを計算して発注したり、職人さんの対応にあたったりしました。

もし足りない部材が出てきて工事が止まってしてしまったら、それは自分の責任になります。職人さんから声をかけられるたびに「何かミスをしたのではないか」とドキドキしましたが、結局小さなミスはあったものの、大事に至るような失敗はなかったのでホッとしました。

──北新宿の現場は、初の「最初から最後まで携わった現場」だそうですが、そこで何か感じたことはありましたか。

工程の大まかな流れが一通り分かるようになったのは大きな進歩でした。流れが分かれば準備が段取り良く進み、職人さんにもスムーズに作業に入っていただけます。建物が完成するまでには多くの協力会社が関わるので、職人さんとのコミュニケーションも積極的に取るようにしました。

プライベートな話を交えたり、時には他の現場の話で盛り上がったり。何人もの職人さんを巻き込んで、コミュニケーションの輪が広がっていくのを実感できました。

そうして完成した7階建てのマンションを目にした時は、とても感慨深い思いでした。まっさらだった土地にだんだんと建築物ができ上がっていった光景を振り返りながら、「自分もこの建物に関わってきたんだ」という思いに浸ったのを覚えています。


              ▲事務所での打合せの様子

 ──仕事にやりがいを感じた瞬間はいつですか。

建物が建ったという達成感、喜び、そして安堵感がありました。仕事を通して多くの職人さんと関わる楽しさを実感できたのも、この現場での収穫です。

入社前までは職人さんに対して怖いイメージを抱いていましたが、実際にはそんなことはありません。こちらのやり方との違いから摩擦が生じる場合もありますが、それは相手の職人気質な考え方によるものです。

「このやり方のほうが早いよ」と教えてもらえば、その方法を採用しますし、他の協力会社との兼ね合いで、こちらの指定する方法でなければ都合が悪い時は、納得してもらえるよう丁寧に説明しています。

──2021年1月からは国分寺の消防署建設の現場を担当されていると聞きました。

これまで続いていたマンション建設の現場と比べると、方法の違う部分などもあって不安はありますが、新しい仕事を学べるという嬉しさもあります。前の現場の資料を参考にしながら、生かせる部分はないかと知恵を絞るのも楽しいものです。

先輩や上司に相談する時は、自分なりの意見を準備してから臨みます。経験豊富な皆さんに「こうした方がいいんじゃないか」と的確なアドバイスをいただきながら、助けられています。

──最後に、今後の目標を教えてください。

今の現場で基本的に大切なのは段取りです。これまでの現場以上に自分から動けるようになりたいと思っています。

目標は北新宿で最後までお世話になった先輩の向井 祐輔さん。職人さんとのコミュニケーションの取り方が絶妙で、現場の回し方のお手本となってくれる方です。後輩である自分の質問に対しても、丁寧に分かりやすい説明で応えてくれます。そんな姿に少しでも近づけるよう、これからも多くの経験を積み、頑張っていきます。


このように目標を語る西村。

最後に西村の上司2名から、西村へのメッセージが届いています。

          ▲左から、柾木 龍太郎、西村、松田 和也

1人目は西村が担当している国分寺の消防署建設の現場所長である柾木からのメッセージです。

ーー西村を一言で表すと?

素直

ーー素直だと思う理由を教えてください。

人と向き合うときに自分の考えや正論に固執せず、相手のことを知りたいという素直な気持ちで接しているからです。仕事で関係する人と良好な信頼関係が築けていると思います。

ーー最後に西村へのメッセージをお願いします。

素直な気持ちを忘れずに、色々なことを吸収して頑張ってください。引き続き期待しています。


2人目も国分寺の消防署建設を担当している松田からのメッセージです。

ーー西村を一言で表すと?

首を左右に振るバスケットボールのポイントガード

ーー首を左右に振るバスケットボールのポイントガードだと思う理由を教えてください。

いつも右に左にキョロキョロと顔を振って現場に目を向けて状況を正しく判断し、適切にパスを供給していると思うからです。時には先輩社員のアドバイスにも目もくれず、頑なに強く首を振り続け続けます。優希さんがいると本当に事務所が明るくなります。

ーー最後に西村へのメッセージをお願いします。

周囲に合わせてケースバイケースで物事に合わせて対応し、成果に繋げられると信じています。また、仕事のことだけではなく、経験豊富な恋愛経験から発揮される助言はとても助けられています。まだまだ現場はこれからですので、今後も仕事と私生活の両立を頑張ってください。応援しています。


               ▲プライベートでの様子

「趣味のバスケットボールと同様に、この仕事はチームプレイ」と語る西村。これからも飽くなき向上心を胸に、現場を支えていくことでしょう。今後の成長が楽しみです。