未経験で飛び込んだ世界で、見つけた魅力。変化の必要性を感じ始める

▲高校時代、吹奏楽部に所属していた長谷川

大学卒業後、エンジニアの道へ飛び込んだ長谷川。エンジニアになったきっかけは意外なところにあった。 

長谷川 「大学では生物や化学を専攻していたので、薬品や食品、化学系の仕事に就きたいと思って就職活動をしていました。ですが、2008年に起きたリーマン・ショックの影響で就職氷河期真っただ中でしたから、何社受けても不採用でした。

内定がもらえず焦りが出た私は、思い切って業界を変えることにしたんです。そうして、入社したのが、前職のソフトウェア開発会社でした」

情報系の知識やスキルを持たずに飛び込んだ長谷川は、入社後、金融系プロジェクトに配属。研修もない中、先輩にシステムエンジニアとしての立ち回りや技術力、開発における品質管理、コミュニケーション力などを教わった。 

長谷川 「現場を通じてエンジニアはサービス業であり、ひとりで完結する仕事ではないことを学びました。お客様の意図を理解し、技術的な内容をわかりやすく伝え、判断していただかなければいけません。さらに社内の調整や、たくさんの関係者との連携など、いろいろな場面で高いコミュニケーション能力が求められ、どの職場よりもその必要性を実感しました」

高校生時代に吹奏楽部に所属していた長谷川。目標に向かってチームで動くことや、コミュニケーションが重要な点など、エンジニアとの共通項に気が付いた。

長谷川 「最初は覚えなければいけないこと、わからないことが多すぎて大変でしたが、エンジニアとしての成長を日々実感でき、自分でつくった物が動く楽しさに感動して、ものづくりの魅力にハマっていきました」

エンジニアの仕事へと惹かれる一方で、長谷川は、女性が働きやすい職場で活躍したいという想いを徐々に持ち始めていた。 

長谷川 「前職は男性社会で、結婚や出産を経験して活躍している女性エンジニアがいなかったので、自分のライフスタイルが変わったときに安定して長く働けるか不安になりました」

将来を見据えて「転職するなら今しかない!」と決意した長谷川は、ソフトウェア開発の会社に焦点をあて転職活動を始めた。その中で、会社規模が大きく、金融業界に特化した技術部隊があり、福利厚生が充実しているという点で長谷川の目に留まったのが、富士ソフトだった。

ライフスタイルに合わせた働き方を選択。専門性を生かしスキルアップも図る

▲金融事業本部 長谷川 都姫

富士ソフトは、1990年から積極的に働き方改革を推進し、在宅勤務の導入や、育児のための短縮勤務など、女性が働きやすい環境も提供している。長谷川は、5年、10年後の自身の働き方を見据えて、2017年に富士ソフトへ入社した。

長谷川 「クライアントとの契約形態に一括請負が多いと聞き、高い品質のモノを開発できると思いました。それと、女性への福利厚生が手厚いことを知り、出産や育児などのライフイベントを考える上で魅力を感じました」

女性の働きやすさに惹かれていた長谷川は、入社後に配属されたプロジェクトチームで、実際にワーキングマザーとして活躍している先輩と働くことに。

長谷川 「短縮勤務をしながら、仕事と育児を両立されている姿を目の当たりにして、自分の将来図をイメージすることができ、安心しました。それに、システムエンジニアは残業が多いイメージがありますが、実際には忙しさには山と谷があります。

なので、制度を活用して自分で働く時間を調整できる富士ソフトは、エンジニアの働き方にマッチしていて働きやすさを実感しました」

長谷川は、福利厚生や働き方の制度が充実していることに加え、自分の専門性を生かしながらスキルアップできる環境にも満足していると語る。

長谷川 「前職では汎用系のCOBOLを使った開発がメインだったので、富士ソフトでもその技術力を生かして、生命保険会社の申し込み情報の管理システム開発やクレジットカードの情報系システム開発を行いました。

2020年現在は、契約者情報の管理システム開発を担当しており、オープン系のJavaやC言語を使っています。おかげで業界の主流にのることができ、エンジニアとしてまたひとつ成長できて嬉しかったです」

以前から何か1つに特化したSEになりたいと思っていた長谷川。 

長谷川 「金融系のシステム開発と言っても、生命保険のシステムとクレジットカード会社のシステムでは全く異なりました。両方を経験できたからこそ、私は生命保険基幹系開発に特化したSEになりたいと思うようになり、上司へ相談したところ現在参画中の生命保険基幹系案件かつオープン系言語のプロジェクトを紹介していただきました。

最初は緊張しましたが、あの時上司の後押しがなければ、自分の望んだ開発に参画できなかったと思うので感謝しています」

富士ソフトは、参画案件について本人の希望に耳を傾ける。もちろん、希望が100%かなうわけではないが、素養と希望に添う案件を探す努力は惜しまない。

“挑戦と創造”という企業理念を掲げている富士ソフトで、長谷川はやりたいことを自ら発信することで、チャンスをつかんだ。

新入社員研修を担当。エンジニアとして重視する力を自身の行動で体現する

2020年の春、長谷川は新たなるミッションとして2020年度新入社員研修の育成責任者のひとりに任命された。今期、新入社員641名の研修はコロナ禍によりリモートで実施された。

長谷川 「講師を務めることも、リモート研修を行うことも初めての経験でした。PCに慣れていてサクサク進む新入社員がいる一方、1から10まで伝えなければ理解できない新入社員もいるなど、スキルや適性に個人差があり、教えることの難しさを実感しました」

長谷川は個々のレベルを把握して、それぞれに合った教え方をするなど工夫を凝らし熱心に指導した。しかし、長谷川の想いと新入社員の意識には認識の違いが生じていた。

長谷川 「この研修では、社会人としてのマナーや企業理念をはじめ、エンジニアとしての基本姿勢やチームワーク、品質への意識、責任感を身に着けることなどを目的に、教育にあたっていました。ですが一部の新入社員から、『自分はこの研修内容が身に付いていないから、現場で戦力になれるのか不安です』という声があがったのです」

エンジニアとしてコミュニケーション能力を重視していた長谷川は、“自分の伝えたいことを相手に理解してもらうこと”の難しさを改めて再認識した。

長谷川 「そこで私は、今やっていることが自分の成長にどうつながっているか、組織の一員としてどう貢献しているか、“必要なステップを進んでいる”と感じてもらえるように説明して、不安を取り除きました」

この経験で、全体像や意味を伝えることの大切さ、新しい視点で物ごとを考えることの必要性を学んだ長谷川は、またひとつ成長した。

身をもって示す“ひのき精神”。進む先は、技術の道のプロフェッショナル

長谷川が仕事をする上で大切にしていること──それは品質だ。 

お客様先に常駐している長谷川は、富士ソフトの看板を背負っていることを強く自覚している。そうした自分の行動が会社の評価へ直結する認識を持っているからこそ、品質にもこだわっているのだ。 

長谷川 「お客様から、『納期を短くして欲しい』という要望をよく耳にします。中にはスピード重視の方もいますが、私自身は品質を重視して技術開発に取り組んでいます。上流工程でバグや不具合を発見し、ソフトウェアの品質を維持・向上させれば、不具合修正による開発スケジュールの遅延や余剰コストを削減できるからです」 

長谷川の品質へのこだわりは、富士ソフトが掲げる“ひのき”精神そのもの。ひのきの“ひ”は品質、“の”は納期、“き”は機密保持を示す。周囲とのコミュニケーションを図りながら相手に寄り添い、自分がしてほしいこと、できることを伝えるという彼女の責任感がある行動は、システムエンジニアの鑑と言える。 

長谷川 「そろそろプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーを目指してマネジメントの道に進むか、スペシャリストとして専門性を磨くか、選んでいかなければいけない時期に差し掛かっているのですが、私はまだまだ技術を極めていきたいと思っています」 

富士ソフトは、プロジェクトを管理するマネジメント志向か、徹底的に技術の追求を目指すスペシャリストか、自分のキャリアビジョンに沿ってキャリア形成ができる。現状に満足することなく技術者として自分磨きを続ける長谷川は、富士ソフトの未来をけん引していくエンジニアとして活躍するに違いない。