MuleSoftを日本でも展開し、MuleSoft人材を育てる

川瀬は現在、通信キャリア向けのシステム開発チームでマネージャーを担っています。このプロジェクトでは、アプリケーションやデータ、デバイスなどをAPI化して簡単に接続することができるiPaaS(Integration Platform as a Service)製品「MuleSoft」が開発の要となっています。

川瀬 「私が現在扱っているのは、通信キャリアにおける作業担当者の現場作業を効率化するためのシステム開発プロジェクトです。MuleSoftを活用することで、様々なシステムをつなげて使いやすいサービスを構築しています。

たとえば作業担当者が現場に行って機材の改修工事をしようとする場合、その機材の過去の工事資料が必要になります。これまでは現場での確認後に必要に応じて本部などに電話を入れて取り寄せていました。

MuleSoftで必要な情報を持つあらゆるシステムと、作業担当者が見るフロントシステムをつなげることで、現場の端末ですぐに情報を確認することができます。本部オフィスが閉まっている時間帯での対応も可能となり、大幅な業務効率化になります」


フレクトでは2020年度からMuleSoftへの対応を本格的に強化。川瀬はそれに先立っていち早くMuleSoftの習得を進めていたため、MuleSoftを扱う案件の受注が決まった際にマネージャーとして責任者を務めることになりました。今では人材育成も含めた組織マネジメントも担っています。

川瀬 「MuleSoftの強みを理解するには、例えて言えば大きな老舗旅館を想像してもらうといいと思います。最初に建てられた本館があり、その後人気が出てきて別館が次々と建てられるわけですが、それぞれ整合性が取れていない。それぞれの建物を廊下でつなげて、共用設備をうまく配置することでお客さんにとっても運営側にとっても使いやすく快適になるかもしれません。

システムについても同じことが言えます。企業には会計・物流などその企業の業務の基幹を担うシステムがまず導入されます。その後、CRMシステムやマーケティングシステムなどがさらに導入されていくわけですが、それぞれバラバラに導入されて、廊下でつながらない別館がたくさんあるような状態になります。それぞれが持っているデータは連携することで価値を生むけれど、実際にはバラバラの状態です。MuleSoftを使ってこれらをつないで結合することで、バラバラだったデータを付加価値の高い情報に変えることができるのです」

一般的にシステムは、必要な時にそれぞれを個別に作ってしまいがちなので、いずれそれらをつなぐ必要に迫られます。MuleSoftで基幹システムを含む多数のシステムをAPIとして他のシステムからつなげられるようにすれば、企業の成長につながる強力な武器になると川瀬はいいます。

川瀬 「技術面からみればMuleSoftというのは簡単でもあり、難しくもあります。これまでこういったシステム間連携・API構築のためには技術力のあるエンジニアがたくさん必要でしたが、MuleSoftはそのハードルを下げてくれて、少人数でも構築ができるようになります。

ただ、ちゃんと理解して設計・実装するにはマイクロサービスアーキテクチャの知識が必要となります。MuleSoftでのAPI開発とは、多数のシステムを後付けでマイクロサービス化するという一面があるからです。これはとても奥が深く興味深いものだと思います」


時代の流れに応え臨む、新たな開発

▲趣味のサイクリング。前職でオーストラリアに駐在していた時です

大学で電子工学や情報工学の中でも特に画像処理関係を学んでいた川瀬は、そうしたスキルを活かせる会社として大手オフィス機器メーカーへの就職を選択しました。同社はアメリカに起源を持つ会社で、コンピュータやネットワーク関連の開発に先鞭をつけた会社だということも魅力だったといいます。

川瀬 「最初は研究職にも興味があったのですが、人気がある研究部門はハードルが高く、私はソフトウェア開発部門に配属されて、複合機をネットワーク経由で外部から操作するソフトウェアの開発を担当しました。この開発は当時としては最先端のものでした。その流れで親会社や子会社があるアメリカ、オーストラリアのメンバーとも一緒に仕事をしました。さらには海外のオフショア開発にも関わり、中国で仕事をしたこともあります」

その後、時代はパソコンにソフトをインストールすることが前提の開発から、クラウドが前提のシステム開発へと変わっていきます。川瀬にとって初のクラウド案件だった、コンビニエンスストアの複合機に関するシステムを担当したことが最も印象的だったと語ります。

川瀬 「コンビニの複合機というのはオフィスでの使われ方とはまったく違うので、通常予測できないようなことが起こります。たとえば、アニメやタレントのブロマイド発売のニーズや、競輪ファンのニーズなど、特定のニーズが特定のタイミングに集中する要因を知って対応する必要がありました。

例えば、夏休み最終日の8月31日には子どもたちは夏休みの宿題対応で写真を印刷します。これにより負荷が集中し、システムに異常が発生しやすくなります。私たちにとって夏の風物詩のようになっていました。また、日本でスポーツの世界大会が開催されると、試合終了後に写真印刷のニーズが集中するなど、コンビニ印刷ならではの経験を積むことができました」

コンビニサービスは24時間365日。いかに機会損失することなくシステムを安定稼働させるか、そのための知恵や工夫が重要で、その経験が川瀬の現在の仕事に活きています。

川瀬 「MuleSoftは基幹システムの一部となるので、24時間365日止めることができません。システムを作って終了、ではなく、その後の運用まで考えなければなりませんから、そういう意味でコンビニでの印刷システムの開発経験はとても役立っています。安定稼働させながら、ランニングコストを抑えるといったトータルでの機能を想定することが必要です」

システムは生き物みたいなもの。だから最後は実際に動かして自分で確かめる

約25年、業界や市場のニーズに合わせて複合機の開発に取り組んできた川瀬。コンビニ複合機のクラウドシステム開発を担当した後に転職に踏み切ったそのきっかけも、時代の変化によるものでした。

川瀬 「私が前職を退職したのは2019年ですが、当時すでに複合機の印刷量そのものが毎年8~10%ほど落ちてきていました。また、大きな組織体制の変更などもあり、どこか区切りのいいところで転職をしようと考えていました。

それで、システム関連の仕事を探していましたが、あまり大き過ぎない会社でこれまでの私の経験が活かせるところ、そして社員の育成を重視している会社、という私の希望と合致したのがフレクトでした。入社には自分の年齢のことも考えて迷いもありましたが、面接を担当した役員から前職が同じ会社で、年齢が近い社員もいるという話を聞き、それなら大丈夫かなと思い入社を決めました」

フレクト入社後はタイミングよく新しいプロジェクトのスタートが決まり、川瀬としても最初から最後まで一気通貫で携わる経験がしたいと希望し、ある飲料メーカーのプロジェクトに携わることになりました。

川瀬 「最初のプロジェクトを経験してみて新鮮だったのは、1年間クライアントの社員や他のベンダーの方などと一緒に仕事をしたことです。違う会社の担当者が一緒にいろんな問題を解決しながら取り組んで無事リリースに至り、最後に打ち上げをして、それぞれがまた異なる仕事に向けてバラバラになっていく、というのが面白いなと思いました」

川瀬自身の成長はもちろんですが、チームで取り組む仕事において、難題を解決できた時の楽しさは格別だといいます。メンバーとコミュニケーションを取りながら、課題解決に取り組む中で生まれる一体感も楽しんでいます。

川瀬 「システムは生き物のようだと思っていて、最後は動かしてみないとわからない、というのが基本的な私の考え方です。ドキュメントを書いて机上で考えることも大事ですが、最後は自分の目で動いているのを確認することを大切にしています。

特にいま私はプロジェクトマネージャーなので、極端なことをいうと自分で触らなくても仕事は進んでいくのですが、チームで取り組む以上は私も実際にログチェックや操作をやってみることにしています。開発過程や成果物をしっかり見たり実際に手を動かしたりすることで、チームメンバーとの一体感も生まれると思います」

スーパーマンがいなくても、チームでそれに匹敵する仕事をすればいい

川瀬がフレクトに感じる魅力は、基本的にCEOをはじめとする経営陣と文字通りの距離感が近く、フラットな感覚だといいます。

川瀬 「フリーアドレスということもあり、CEOの黒川とは近くの席で仕事をすることがよくありますし、他の役員とも気軽に話すことができます。さらに、黒川は160人以上いる社員全員の名前を覚えていて、リモートワーク主体でたまにしか出社しない社員でも、見かけると名前を呼んで声をかけてくれます。あれはすごいと思いますし、社員にとっては励みになります」

環境は違えど、時代のニーズや課題に合わせて、チャレンジする川瀬のスタンスは健在です。昨今、多くの企業でDXプロジェクトが増えている中、フレクトとしてもそれらを加速させるMuleSoftを強化する方針です。

川瀬 「現状MuleSoftを使った開発においてはパートナーさんにも力を借りています。社員の中にMuleSoftのエキスパートを育てつつ、パートナーさんとも一緒になって開発していける体制を作りたいと思っています。2021年度の初めにはゼロだったMuleSoftの売上が、下期の初めには月に数千万円という売り上げにつながっているので、一緒にMuleSoftソリューションチームを大きく成長させていく仲間をもっと増やせたらいいなと思っています」

フレクトですでに展開しているCariot事業やSalesforceを使った開発サービスなどと同様に、将来的にはMuleSoftを活用したフレクト独自のサービス展開ができれば、と川瀬の夢は広がります。

川瀬 「MuleSoftに興味や関心を持っている人にどんどんメンバーに加わって欲しいと思います。必ずしもすごい技術力を持ったスーパーマンでなくてもいいのです。私たちと一緒に成長し、チームの2~3人でひとりのスーパーマンに匹敵するような仕事ができればいいと思います。ですから、素直に技術に取り組めて、会社の方針を理解して一緒に事業拡大をめざせる人に加わって欲しいと思っています」

今後の会社の成長軸であるMuleSoft事業。そのチーム責任者として重責を担いながらも、最初の案件をリリースした後は、案件をリードしてくれるメンバーが育ってきており、まったくプレッシャーを感じることはないといいます。

これまで培ってきた確かな技術と知識、豊富な経験の上に新たな技術を貪欲に吸収し、将来的な独自サービス展開も視野に入れている川瀬。肩ひじ張らないしなやかな芯の強さと技術力、チームと現場を大切にするスピリットが次の人材を育て、次世代のフレクトを支えていきます。