リモート環境の今だからこそ。コミュニケーション重視で人材を育成

西は現在、フレクトのCI事業部第2部のプロジェクト統括部長を務めています。また、チームマネージャーの兼任をしており、メンバーの働く環境を整えることも重要な仕事です。

西 「統括部長は、部の運営と成長に責任を持つ立場です。提案などの営業にも関わりますが、品質管理をしてデリバリーをきちんと進める、そして、担当するメンバーを育成するといった要素を中心に推進しています。私は、チームマネージャーも兼任しています。メンバーが仕事をしやすい環境をつくることが非常に大切です。1on1の機会を毎月設けて、MBO(Management by Objectives)の進捗をフィードバックしながらメンバーの目標と実際の到達点を確認しています」

コロナ禍でリモートワークが進む中、目下の課題は、いかにコミュニケーションを円滑にするかです。西は、仕事の上で一番大事なことはコミュニケーションだと考えます。

西 「お客様もメンバーも、みんながきちんとお互いを理解した上でコミュニケーションをしなければ、認識の齟齬が生まれてしまいます。また、個人的にはひとりの能力は限られているから、みんなが協力して初めて成果が出ると思っています。いろいろな人の協力を得るためにも、声をあげやすい環境をつくることが重要です。

自分が困っていることだけではなく、ほかのメンバーが困っている場合も、私にエスカレーションをしてほしいと呼び掛けています。そういった情報が入った場合には、タイムリーに当人とコミュニケーションを取るように心がけています。基本的には、直接仕事の話をするよりも、本人の考え方をなるべく話してもらえるように雑談から入ります。ちょっとした雑談からあらゆる話題が出てきて、話しやすい雰囲気をつくることも大切ですから」

「やりたいことをやれる状況こそ、一番パフォーマンスが出る」との考えから、チームメンバーの一人ひとりにやりたいことをしっかりと主張してもらうようにしています。

また、やりたいことが見つからない人には、話の中からキャリアプランに沿ったことを提案し、経験が少ない人にはさまざまなことにチャレンジをするように体制を整えます。

西 「やりたいことがみつかったあとに、進路変更することもあると思います。この道で進むと宣言したのにと、気が引ける人もいるかも知れませんが、その判断もありだと考えます。成長の道はひとつではないので、やりたいことが変わることがあっても問題ありません。ただ、『なぜ変わったのか』といったところも含めて、メンバー一人ひとりの目指す姿を把握するようにしています」

「家族に誇れる仕事」への共感。FLECT WAYが生み出すモラル

▲休日は同じ趣味の同僚とバイクでツーリングに行ったりしています

「お客様の信頼を積み上げる」「チームの成功にこだわる」「仕事や学びを通じて育み合う」「家族に誇れる仕事をする」──フレクトでは社員としてあるべき4つの行動基準を『FLECT WAY(フレクトウェイ)』として、掲げています。 

西 「中でも、『家族に誇れる仕事をする』が根幹だと思っています。これは、モラルを守って判断することにつながる重要な言葉です。仕事を進めていくうちに、周囲からの評価ばかりが気にかかるときや、お客様のニーズに応えようと無理をするときがあるかもしれません。ですが、家族の顔を思い浮かべたときに、その行動が誇らしいかと考えると、自分に立ち返ることができます。社員全員にその共通認識があれば、組織として良くない方向に走らなくなるはずです」

真っ直ぐに、そう語る西。その芯の強さは、30年間のキャリア変遷からも見受けられます。

西 「私は大学を中退して、プログラミングができる企業に入社しました。もともと、高校の数学の先生になりたくて大学に進学しました。証明問題などの研究内容に『思っていたイメージと違う』と違和感を覚え、かねてから興味のあったコンピューターに携わりたくなったという理由から、進路を変更しました。未経験の若手だったのですが、社内で『もっとこうしませんか?』と積極的に発言していると、入社して半年でリーダーとしてプロジェクトの立ち上げを任されるようになりました」

当時の上司から『起業をするので一緒にやらないか?』と誘われ、社会人2年目にして「システム開発部課長」の肩書きで新会社に招かれました。

西 「課長といっても部下は1人しかいない状況。それでも、現在のマネジメントにもつながるような、『誰にどのくらい任せられるか』という感覚を身に着けることができました。会社も順調に大きくなり、医療関連の仕事のために上海で、さらにセミコン企業へのシステム導入のためにワシントンDCでも、子会社の立ち上げを経験しました」

2000年には副社長に就任し、20人以上の社員を束ねる立場になりました。しかし、アメリカでの事業業績が芳しくなく、西は退社を決意。PM業務を受託する個人事業主として再出発します。

迷ったときは、いばらの道へ。50歳を手前に新たな領域に進む。

個人事業主としてPMに従事していた西ですが、仕事の幅を広げるべく、同じように「法人として、業務を進めたい」と願うメンバーやお客様とともに有限会社を立ち上げ、社長に就任しました。

西 「起業したらつぶすわけにはいかない、みんなで立ち上げた会社なので、みんなの意見も聞いてやっていこうと思いました。10年間、有限会社を続けたのですが、メンバーもそれぞれが独り立ちし、最後は私1人だけとなりました。会社を運営し続ける必要がなくなったので、会社をたたみ、顧客側のPM支援をするシニアコンサルタントとして、他企業に転職しました」

仲間の巣立ちを見届けた上で再び企業へ就職する選択をした西。このとき、すでに50歳手前になっていました。

西 「コンサルタントとして働くのは未経験でした。でも、『動くなら今だ』と思ったのです。これまでの経験を活かし、エンジニアとして事業部長にならないかという話もあったのですが、より大変そうな道を選択しました。どんな仕事であろうと苦しみはありますし、せっかく環境が変わるタイミングならば、新たな苦しみを選ばなくてどうするのかと。

私はきっと、楽なことだと飽きてしまう性格です。だからこそ、何かを判断するとき、よりいばらの道を選ぶようにしています」

転職先では、新米コンサルタントとして勉強を続けながらも、これまでの経験で培ったマネジメントスキルを活かしてチームを支えていくなど、約1年半の間で辣腕を振るいました。

西 「未経験の仕事でも、得意分野を活かすことができたと思います。しかし、システム開発の仕事への思いが残っていることから、再び転職活動をしました。フレクトには以前勤めていた企業の出身者も多く、面接のときの雰囲気も良くて安心感もあったことが、入社の決め手です」

成長を続けるフレクトで活躍するプレーヤーを発掘する使命

2018年5月にフレクト入社後、大手住宅ローン販売業務サイト開発のPMを担当。半年後にはチームマネージャー、1年後に部長職となります。現在は30人程度の部下をマネジメントし、プロジェクト状況や売り上げ確認、アサイン計画、人材育成を手掛けています。 

西 「フレクトの技術は新しく、変化し続けているので、これまでの経験がそのまま活かされるわけではありません。新しい環境の中で仕事をするのは、やはり大変。しかし、未経験のことであっても、ある程度想像ができるのは30年来の経験が活きているのかもしれません。

それに、フレクトには若手であっても、私の求める答えをくれる人材が揃っています。困ったときにはいろいろな人に聞いて解決を図るようにしています。相手にとっても、人に教えることでモチベーションが上がっていく。お互いに関係性をうまく築けていると考えています」

全部教えることはできない。フレクトにはスペシャリストが多く、詳しい人に聞くことが、一番いい── 

西の役割は、何が必要なのか、誰に聞けばいいのか、そこを組み立てること。豊富な経験を持ちながらも、謙虚な西。むしろ、豊富な経験が西をそうさせるのかもしれません。

そんな西は今後のフレクトの展望について「いかに社員の教育や個人の成長をサポートするかがカギだ」と分析します。

西 「フレクトの社員はまじめで人思いで、技術に対して貪欲なタイプが多いです。そうした社員のポテンシャルを活かす仕組みづくりも進めていきたいと考えています。人員増強もしなければいけないので、そのためにはどのようなプロジェクトをどんな形で進めていくか、考えて決めていかないと。今後は育成という観点から、採用活動も含めて将来のフレクトで活躍できる人をどうやってサポートするか、そこにフォーカスしていきたいです」

まさに“FLECT WAY”を歩みながら、会社を前進させる人材を育てる覚悟を新たにする西。年齢、経歴を問わずフレクト内に新陳代謝をもたらすニューパーソンの出現を、待ち望んでいます。