困っている人は放っておけない、だから、お客様の課題を解決したい

ITやビジネスサイドに関わっていきたいという想いから、大学卒業後、浅川はシステムエンジニアとしてSIerに入社しました。

業務についた当初は、お客様の要望に応えるためにコーディングするのが楽しいと感じていました。しかし次第に、さらにお客様の課題解決ができる領域を増やし、なおかつ短期間で課題解決ができないかと思うようになり、転職を考えます。結果として、ERPパッケージベンダーに転職し、PMとしてパッケージ導入に携わるようになりました。

浅川 「パッケージ導入をしていく中で、転職時に抱いていた“短期間での課題解決を行いたい”という想いを実現できました。
しかしながら、徐々に歯がゆさを感じるようになりました。お客様の状況やビジネス面の課題をもっと理解した上で、そのパッケージが機能する範囲にとらわれず、総合的に課題に取り組みたいと考えるようになったのです」

その想いから、提案活動や営業活動もするようになりました。この時期から、お客様と解決策を一緒に考えることのおもしろさを感じるようになっていきました。

その後、浅川はお客様の課題をよりビジネスサイドに近いところから解決したいと考え、ITコンサルティング会社へ転職をしました。そこではコンサルタントとして、お客様のチームの一員になって活動し、IT化するために必要な「ビジネス面」や「人員」の課題に携わることができました。

浅川 「これまでのキャリアの中でさまざまな経験をさせていただきました。その経験をもって、“今後のキャリアでは何をしていくべきか”を考えていたとき、以前の職場での同僚がフレクトに転職していることを知ったんです。

その同僚から話を聞き、フレクトであれば提案からコンサル、システム開発まで一気通貫して取り組み、これまでのキャリアで培ったスキルを総動員してお客様の課題を解決できるのではないかと思いました」

浅川の転職の軸には、“お客様の課題を解決したい”という想い、そして人と関わりを持つのが好きという気持ちがあります。

浅川 「困っている人を放っておけない性分だと思います(笑)。誰かから『困っている』と言われたときに助けたいと思います。しかし、自分にできることは限られてしまいます。だから、手を変え品を変え、いろいろと試行錯誤し、解決できるようになりたいと考えてきました。その結果として、多くのキャリアを経験してきたのだと思います」

こうして、さまざまな経験をした浅川は、2019年3月にフレクトに入社しました。

営業職・コンサルタント出身だからこそできる、ビジネス視点のアプローチ

入社後はSalesforceを活用した、システム開発のプロジェクトマネージャー(PM)としてプロジェクトの仕様決定や、スケジュール管理などを行ってきました。2020年現在では、部長に就任し、提案活動などより事業を一緒につくりあげる、ビジネスサイドに近い領域でも活躍しています。

浅川 「フレクトのエンジニアは開発力が高いため、要件以上のものができます。私の役割はこの開発力の高さを生かし、フレクトらしい価値を出せるように、どのような解決方法が最適かを考え、お客様に提案していくことです。

そのためには、ビジネス面からアプローチできるスキルが必要となります。私がこれまでのキャリアで、営業やコンサルとして培ってきたスキルが、役に立っています」

またコンサルタントとして活動した経験から、EC構築ではいかに購買層への訴求力があるか、購入の決め手となるコンテンツをどうするかといったことを、分析的に考えられるようになりました。より購買力のあるECサイト構築を提案することで、貢献しています。

浅川 「単にシステムの機能をつくるだけではなく、集客のための現状分析の方法や、社内システムとの連携についても提案しています。業務はどのように流れるべきか、どうすれば改善できるのか、従業員にとって、価値あるしくみとはどういったものなのか──それらをお客様と一緒に考えるよう意識していますね」

フレクトでは、エンジニアを経験してからPMになる社員が多いため、まずシステムとしてどのようなものをお客様に提供できるか、考えるのが一般的です。一方、浅川は営業職・コンサルタント出身のため、ビジネス課題としてどうしたら解決できるか、お客様の真の目的に合致しているかを最初に考えます。

浅川 「“こういうことがやりたいけれど、システム的には実現しきれない”という場合も、システムではなく要件から見直します。システム開発にとらわれず、業務上の問題を解決する方法を明確にするのも、ソリューションのひとつだと思っています。これはコンサル時代の経験が生きているのかもしれないです」

人間観察と不安の認識──お客様とのコミュニケーションで意識すること

浅川はこれまでの経験から、お客様とのコミュニケーションの中で意識していることが、ふたつあります。ひとつは、相手の立場や気持ちを常に意識することです。

浅川 「お客様が不安を感じながら話をしているのであれば、表情や声に何かモヤモヤ感などサインが出ているはずです。なので、話をしているときは、お客様が何にひっかかっているのか、腹落ちできていないことは何かを意識しています。人間観察のような感じです」

もうひとつは、お客様ご自身も新しいものを取り入れるのは不安なのだと認識することです。不安を認知するだけで、コミュニケーションの仕方は変わってきます。

浅川 「お客様の不安を理解し、一緒に根本的な課題を突き止め、常にお客様と共に「正解が何か」を判断をしていく必要があると思います。

こういったコミュニケーションには経験が大切です。私自身、たくさん失敗してきたからこそ、会話の流れなどがわかるようになりました。チームのメンバーにも『初めてのことなのだから、失敗していいんだよ。失敗して当然だよ』と伝えて、経験を積めるようにしています」

お客様を大切にする姿勢は、仕事への想いでもあります。

浅川 「お客様からの要望には、100点ではなく、110点で返したいと思っています。お客様の想像を超える提案をして、『こうきましたか!』と驚かれるときは楽しく、やりがいを感じます」

気合が入りすぎていると失敗しやすいため、とにかく気負わないように仕事をしているという浅川。自分自身のやっていることが正しいかどうか、常に判断するようにしています。

仲間の「協力し合おう」があるから、常に新しいことにチャレンジできる

2020年現在における組織運営上の課題は、業務を属人化しないためのしくみづくりです。

浅川 「誰もが今やっていることを引継ぎできる、常に新しいことにチャレンジできるような環境づくりをしていきたいと考えています。そのためにも、きちんとルールをつくり、共通化・見える化を進めています。

また、メンバーに『異動して新しいスキルを身につけた方がいいよね』と伝え、意識を変えようと働きかけています。みんなやりたいことはたくさんあるので、一人ひとりがそれぞれのやりたいことに向かえる環境を構築したいです」

また、浅川はコンサル時代に覚えたスキルを生かして、今後は人材の育成を重点的にやっていきたいと語ります。

浅川 「業務をどう改善するかというBPRの考え方をベースに、ロジカルに検討を進める方法をメンバーに指導しています。コンサル会社では、自身の手で最終的なものをつくり出せないのに対して、フレクトは一気通貫でシステム開発まで担い、システムという形で残すことができます。

また、最後までお客様の反応が味わえるのは、とてもおもしろいと感じます。こうしたことをメンバーに味わってもらうためにも、ビジネス感覚と技術を融合して物事に取り組む意識を高めています」

そういった挑戦も、フレクトという環境があるからこそ、できるのかもしれません。

浅川 「協力し合おうという気持ちの強い人が多く、業務がやりやすいです。また、フレクトは新しい技術をどんどん取り込む特徴があります。新しい技術で何かを具現化したいと思ったときに、その方法をいろんな人からサポートしてもらい、考えることができるため、多くの学びが得られる環境だと思います」

 “お客様の課題を解決したい”という想いでキャリアを積み上げてきた浅川。フレクトに入社し、お客様の課題に対して提案から開発までを一気通貫して、お客様に貢献することができるようになりました。これまでに培ってきたスキルを生かして、今後も浅川は、フレクトの仲間たちと走り続けます。