のストーリー一覧

37件中1-12件を表示しています。

Stories ストーリー

そして責任者になった。派遣社員時代から経験を積み、セレブリックスの大型プロジェクトの責任者になるまで

2022.09.12

  • Story

そして責任者になった。派遣社員時代から経験を積み、セレブリックスの大型プロジェクトの責任者になるまで

入社2年目でプロジェクト責任者に抜擢された佐藤さんは、派遣社員から正社員へ登用されました。責任者を引き受けたのは「クライアントの夢を叶えたい」一心だったといいます。この思いはセレブリックスのパーパス「Be the Hope」(営業の希望となる)に通じるもの。彼の軌跡とセレブリックスの魅力を伺います。

株式会社セレブリックス

新卒2年目でチームマネジメントを経験。成果の裏側にある苦労と葛藤

2022.09.06

  • Story

新卒2年目でチームマネジメントを経験。成果の裏側にある苦労と葛藤

入社2年目でチームマネジメントを担当している古賀。学生時代のアルバイトの経験をきっかけに営業職に興味を持つようになったといいます。入社後、成果を着実に出していく中で、一番苦労したのがマネジメントだったそうです。成果の裏側には一体どんな思いがあったのか──話を伺いました。

株式会社セレブリックス

「誰が言うか」で伝わり方は変わる。敏腕マネージャーが大切にする「関係構築型マネジメント」

2022.08.26

  • Story

「誰が言うか」で伝わり方は変わる。敏腕マネージャーが大切にする「関係構築型マネジメント」

佐々木はセレブリックスが大切にするマネジメントのあり方を語るにふさわしい人物です。カスタマーサクセス部門の立ち上げや新型コロナウイルスの流行による市況低迷、複数プロジェクトの兼任とさまざまな環境下でプロジェクトをけん引してきました。佐々木が実践するマネジメントとは?敏腕マネージャーの秘密に迫ります。

株式会社セレブリックス

素直に喜べなかった個人表彰。やがてマネージャーに抜擢。受け身だった元飲食店スタッフが胸を張れたとき

2022.07.13

  • Story

素直に喜べなかった個人表彰。やがてマネージャーに抜擢。受け身だった元飲食店スタッフが胸を張れたとき

最も苦手だと思う分野に挑戦したかった──そう話すのは、マネージャーとして複数のプロジェクトを統括しマネジメントを担当する辻さん。飲食店勤務から営業職への転職で苦労したことや、マネジメントに必要な心構えなどを伺いました。

株式会社セレブリックス

巨大イベント“Japan Sales Collection 2022”の舞台裏。その本気は、感情をぶつけ合って生まれた

2022.07.06

  • Story

巨大イベント“Japan Sales Collection 2022”の舞台裏。その本気は、感情をぶつけ合って生まれた

2022年3月、各界の営業プロフェッショナルや著名人をゲストに迎え、セレブリックスは最大級の祭典“Japan Sales Collection 2022”(JSC2022)を開催しました。中心的な役割を果たしたマーケティング部門のふたりに、「JSC2022」の舞台裏で起きていたことを聞きました。

株式会社セレブリックス

前例のない挑戦を続けるマーケティング部門。すべては「営業の幸福度」を高めるために

2022.07.06

  • Story

前例のない挑戦を続けるマーケティング部門。すべては「営業の幸福度」を高めるために

「Sales is cool=営業はカッコいい」そんなメッセージを社内外へ発信し続けているのが、セレブリックスのマーケティング部門です。この記事では、マーケティング部門が担うミッションや仕事内容、その背景にある想いを主要メンバーに語ってもらいます。

株式会社セレブリックス

営業、マーケティング、子育て「全ての経験」をセレブリックスで活かす

2022.07.05

  • Story

営業、マーケティング、子育て「全ての経験」をセレブリックスで活かす

セレブリックスブランドを支えるマーケター。2022年に中途入社した杉田は、豊富なマーケティング経験を活かし、セミナーやイベントの企画運営を行っています。彼女がマーケティングの道を選んだ理由、そしてセレブリックスだからこそ叶えられるキャリアの可能性について伺いました。

株式会社セレブリックス

転職、挫折、そしてマーケティング部門を引っ張る存在に。情熱を注ぐ全方位へのブランディング

2022.06.13

  • Story

転職、挫折、そしてマーケティング部門を引っ張る存在に。情熱を注ぐ全方位へのブランディング

マーケティング統括部のマネージャーとして、チームを引っ張る加納 圭将。セレブリックスへ中途入社後、採用管理システムの営業、飲食店向け営業を経て現在の部署へ異動しました。営業部門からマーケティング部門に移ったことで見えた景色とは何か?マーケティング部門の営業職に対する熱い想いを伺いました。

株式会社セレブリックス

自分の市場価値を圧倒的なスピード感で高めたい。元SaaS営業の男が営業代行の世界に飛び込んだ理由

2022.06.06

  • Story

自分の市場価値を圧倒的なスピード感で高めたい。元SaaS営業の男が営業代行の世界に飛び込んだ理由

イノベーションが加速する世の中、自分の成長や市場価値に不安を感じる瞬間はありませんか?そんな不安を自らのフロンティア精神で払拭してきたのが、今回ご紹介する福田 将司。金融業界、SaaSビジネスの営業職を経て、セレブリックスに活躍の場を求めた理由とはなんだったのでしょうか。

株式会社セレブリックス

入社後すぐに、プロジェクトの立ち上げを経験。学生時代の経験を生かして、自分にしかできない仕事を追求

2022.05.30

  • Story

入社後すぐに、プロジェクトの立ち上げを経験。学生時代の経験を生かして、自分にしかできない仕事を追求

学生時代の経験から、三島 大河が常に心掛けているのは「組織視点で物事をとらえること」。チームや会社規模の成長を考えることで豊かな発想が生まれ、結果として自己成長につながるといいます。入社1年目でプロジェクト立ち上げに参画した、成長著しい若手注目株に仕事観とセレブリックスの魅力を伺いました。

株式会社セレブリックス

セカンドキャリア形成のロールモデルに。ホストから営業マネージャーに転身

2022.05.23

  • Story

セカンドキャリア形成のロールモデルに。ホストから営業マネージャーに転身

2017年3月にセレブリックスに入社し、営業としてお客様との折衝やマネジメントを担当している野瀬 健斗は、部下思いのマネージャーとして存在感を発揮しています。この道に進んだきっかけは、後輩から放たれた印象的なある一言でした。元ホストという異色の経歴を持つ彼が大切にしている信念とは──。

株式会社セレブリックス

夢だった教員から転職、セレブリックスへ──営業経験を活かして築くキャリアパス

2022.04.20

  • Story

夢だった教員から転職、セレブリックスへ──営業経験を活かして築くキャリアパス

「人のためになる仕事がしたい」と語る橋本 梨乃は、株式会社セレブリックスに入社する前は教員として教壇に立っていました。現在はコンサルティング事業部に在籍し、営業の研修講師など、さまざまな業務に携わっています。そんな橋本が夢だった教職を辞して、セレブリックスに転職した理由や、仕事への想いを語ります。

株式会社セレブリックス