“第2の台湾”となる海外マーケットはどこだ!?――越境ECの今

ボーダー・アンド・ポーターは、デジタルマーケティング支援事業の一環で、LP(ランディングページ)制作やECサイト構築をしています。しかし、日本のEC市場が頭打ちを迎えつつある今、新しい市場の開拓が至上命題です。スターフィールド代表の星野翔太さんと当社代表の本城直季が越境ECの現状に迫ります。

Albumアルバム

Company会社情報

社名 株式会社ボーダー・アンド・ポーター
会社・
団体説明
Experience Data-Driven Marketingをコンセプトに、UI・UX戦略設計、コミュニケーションプランニング、サイト構築を展開する、デジタルマーケティングエージェンシーです。東京・大阪・台北・イスラエルの4拠点で、インバウンド・アウトバウンドを含め、企業のデジタルコミュニケーションにおける課題を、最新のマーケティングテクノロジーとグッドアイデアで解決しています。 <事業概要> ・デジタルメディア及び広告キャンペーンの企画・制作 ・オンライン・オフラインデータのデータ統合・解析 ・VR(Virtual-reality), MR(Mixed-reality)に関するサービス開発 ・ベトナム・ミャンマー等のオフショアでのWEBシステム開発
代表者 代表取締役社長 本城 直季
創業 2016年8月19日
住所 150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-26
カーサ神宮前105
ビジョン・
ミッション
Imagination at the goal - 想像を力に、未来に 人も企業も社会も、想像を創造にかえることで、あたらしい価値を生み出すことができると思います。 大きく変革をするものでなくとも、小さな想像を繰り返し、創造にかえることで、私たちの未来は創造性の高いものになると信じています。 当社は人のライフイベント領域における生活機会の拡大と充実を、デジタルの力でサポートし、豊かな社会の創造を目指します。
URL https://borderporter.jp/

株式会社ボーダー・アンド・ポーターにアクションする