人と接する仕事を──前職での経験

私は、ビーモーションに入社して15年がたちます。現在は営業課長として日々奮闘していますが、前職では接客業を行っていました。前職での仕事に興味を持ったのは、学生時代でのアルバイトがきっかけです。

私は昔から人とコミュニケーションを取ることは得意で、たくさんの人を集めてみんなで楽しむのが好きでした。表に出るリーダータイプというよりかは、裏で実権を握りながらみんなを楽しませるのが好きだったんです。何かやるときは、いいことでも悪いことでも裏側に高井がいるって感じで(笑)。

学生時代のアルバイトでも、カラオケ店やデパートの小さい家族向けのゲームコーナーで接客を担当していて、人と接する仕事の楽しさを感じていました。その後、就職活動では内定を7社ほどもらったのですが、結果的にすべて辞退しました。
やはり接客業をやりたい気持ちが強く、内定先は営業系の会社が多かったので、いろいろ悩みましたが辞退したんです。それから1年ほど正社員ではなくフリーに過ごしながら、大手の家電量販店に入社することになりました。

家電量販店では10年ほど働きました。私は新卒ではなく、中途採用として入社した背景もあり、新入社員が最初に学ぶ研修制度などはほぼなく、入社初日から店頭に立って接客をしていたのを覚えています。現場でお客様からの質問に答えるために、自分でカタログを読んで学習をしていきました。

ご年配の方が多い地域だったこともあり、そもそも電気屋だと思っていないお客様がご来店されたりと、予想外の対応も多く、どんな方が来ても同じように笑顔で接していくという基礎がそこで磨かれたと思います。
とあるお客様には、製品に対するクレームで1日中ずっとお叱りを受けたかと思えば、一緒にお酒を飲んだりと、今思えばはちゃめちゃなケースもありました。メンタルは相当鍛えられましたね(笑)。

トレーナー職との出会い


私がビーモーションと出会ったのは2006年のことです。同じ大手家電量販店出身で、現在中部支社の支社長をしている川崎 央から声を掛けてもらいました。同じ会社で働いてたころはそこまで接点があった訳ではありませんでしたが……

当時他の会社で内定をいただき転職しようと思ったのですが、やはり「接客業」へのこだわりもあり、ビーモーションで新たなチャレンジをすることにしました。

入社前から、前職の経験を生かし、トレーナー職をやりたいとはっきり伝えていました。お客様の要望は一人ひとり異なり、その対応方法も異なります。これまで蓄積したノウハウをトレーナーとして落とし込んでいくことで、自分の分身を店頭で活躍させることができたら楽しいなと思ったのです。

また、業界の中でもビーモーションは多くのスタッフがいたため、優秀な人材が増えて、各店舗やメーカーから評価されたら、この会社はもっと大きくなると感じていました。サービスの品質を落とすことなく、より高めていくためにこの会社に携わりたいと考えました。

当時は私自身の研修よりも、実際にトレーナーとして求職者の方に教えることで鍛えられていきました。具体的に、前職でいろいろ経験した自負はあったのですが、ブロードバンドの販売研修では唯一経験がなかったメーカーの対応があり、内心焦りました(笑)。

ただメンタルは相当鍛えられていたので、とにかくやるというチャレンジ精神のもと講習を無事行ったことは、自分自身良い経験になりました。

私は接客をする上で「主導権をお客様からどう奪うか」 を大切にしています。買い手(一般のお客様)には、製品に関することや数字的根拠では、決して嘘を伝えることはしません。

一方で、売り手(商品メーカー様)に、今売りたい商品があり、販売を強化する時期などがあるのもまた事実です。最低限のルールを守りながら、いかに売りたい商品を目の前のお客様に買いたいと思わせるかという駆け引きを楽しむことが、私は大事だと思っています。

そしてトレーナーとしてメンバーに接するときには、成功体験をつくることを意識していました。簡単に成功しやすいことから始め、成功することが楽しいんだという体験を地道に積み上げていきます。接客話法など、成果が出やすいものから教えて、1週間、1カ月とたったころにまた新しくできることを伝えていく。そうしたしくみを自分がつくっていきました。

人間関係を大切にして、コンペで勝利を──

そして、2008年からはサービスコーディネーター職を担当しました。営業と運営を兼務し、面談からトレーニングまですべて行うようなポジションです。成果としては小型案件から大型案件へと拡大させる形で、某メーカーの案件を獲得しました。

大手メーカーより 、全国展開をする上で店頭スタッフを増やしていこうというお話の中で、3社とのコンペに呼んでいただきました。結果、全国のうち8割の店舗を弊社に任せていただくことになったのですが、勝因は人間関係だったと感じています。

コンペでは1番手だったのですが、提案後に資料に不備があったことが判明。先方へ電話をし、翌朝までに再提出させてもらうことを許可いただき、徹夜で資料を整えて資料を差し替えさせてもらった、なんてこともありました。

本来ならコンペ資料の再提出なんて許されないことですが、それを認めてくださり、受け取ってもらえたことはそれまでしっかり人間関係を築いてきたからだと感じています。このメーカーは、現在も関係が続く大切なお客様ですね。 

私が人間関係をつくる上で心掛けているのは、気兼ねなく話ができる関係づくりです。商談のときは仕事の細かい話をしますが、それ以外でお会いしたときにはプライベートの話をすることが多いです。人としてのコミュニケーションが大切だと感じています。 

ちなみに当時の部署は現社長である吉田 文秋が営業部長で、営業課の責任者として佐々木 猛がいて、私を誘ってくれた川崎もいるチームだったのですが、全員O型なせいかまとまりがないメンバーでしたね(笑)。やるところはやるけど、手を抜くときは抜いていいと佐々木が明確に示してくれていたので、メリハリが大事だと気付かせてもらった時期でもあります。

攻めの姿勢で採用を強化したい!これからのビジョン

その後、営業2課の課長に就任しました。営業メンバー4人で初めて課を任されて、さあ頑張っていこう!という矢先で1名が本人の都合で辞めなければならないことになります。残ったメンバーで売上をつくるにあたり、立て直しをしていくことになったのは大変でしたね。

そんな状況でも可能な限り直接メーカー様のところに足を運び、日々ヒアリングを重ねることを私は大切にしました。そういった地道な姿勢を当時の取締役に評価してもらえたのは嬉しかったですし、メンバーたちはそうした自分の背中を見て学んでいってくれたのではないかと思います。

また、仕事のときだけでなく、飲みのときの私の背中を見るメンバーも多かったですね(笑)。ビーモーション は部署や課で分かれているものの、横のつながりは強く、部署の垣根なく相談したり、アドバイスし合うような環境です。

2017年には九州支社・中四国営業所の支社長・営業所長として初の転勤を経験しました。本社では分業されていることが、支社ではすべてを請け負う必要があり、人事労務なども支社の中で完結する形だったので、一通り経験することができましたね。

営業から業務に対する流れなどもうまく回さないと滞るということを実感し、本社でこんな風にフローを組めばもっとうまくいくのでは?といった改善すべきポイントにも気付けるようになりました。東京に戻ってきてからは組織として平等な姿勢を浸透させていくために動いていきました。

現在は営業1課課長として既存顧客の継続と、新規顧客の獲得をミッションにしています。コロナの影響による変動を経験し、いつ何があってどうなるかわからないと実感したため、既存顧客、家電量販店に限らない新規顧客を深堀りしていかないと会社が成長しないと感じています。

今後の仕事としては、リクルーティングにも興味を持っています。営業が軸に見えますが、現在いただいているオーダーは人材ビジネスが多く、その人材を整えていかなければならない、会社の根幹を支える仕事だと思っています。

クライアントは経験のある人材を求めますが、最初から経験者を採用することは難しいので、自社の中で経験者をしっかりと育成していく文化をつくっていきたいです。

人材募集は待ちの部分だけでなく、攻めの姿勢も大事だと思いますので、持ち前の「人たらし」を使って優秀な人材を引っ張れるようになりたいですね。