企業と派遣スタッフ、双方に寄り添った対応を大切に

私の仕事は、人材を必要としている企業様と派遣で働きたい人材をつなぐお仕事です。

具体的には、担当している企業さまに対して、いつまでに、何人、どのぐらいのスキルや経験をお持ちの方を求めているのかをヒアリングし、派遣スタッフの方を紹介しています。

お仕事が決まった後は、派遣スタッフの方がパフォーマンスを上げていけるようしっかりとフォローしています。企業様と派遣スタッフの方の間に立って調整をしていくことが多い仕事なので、それぞれの立場に立ち寄り添った対応をすることを大事にしていますね。

ですから、企業様から「すぐに紹介してくれて助かった」「いい人を派遣してくれてありがとう」という言葉をいただけると、とても嬉しいです。派遣スタッフの方が入ったことで、企業様の成長に貢献できているのだと感じる瞬間です。

さらに、そこから派遣スタッフの方の頑張りが認められて、「雇用形態を正社員に切り替えたい」とのお話をいただけることもあります。

正社員として働きたいけれどなかなか仕事を見つけられない……そんな状況の方に対し、雇用形態だけにとらわれず、仕事内容や社風がマッチした派遣の仕事を紹介し、その結果、良い職場に出会え、のちに正社員に採用された時は、よいご縁をつくれたのだととても嬉しく感じます。

どちらに対しても対等であり、公平でありたい

企業様と派遣スタッフの方、双方に寄り添った対応を大事にする中、特に私が大切にしているポリシーがあります。それは、どちらに対しても「対等」であり、「公平」であることです。

たとえば、私が企業様の要望を聞くばかりのイエスマンになってしまったら、最終的なしわ寄せは派遣スタッフの方にいくことになってしまいます。

もちろん、逆も同じ。週5日ではなく週3日で働きたいとか、勤務開始時間を遅くしてほしいとか、スタッフの方の要望を全て受け入れていては、企業様の負担が大きくなり、お役立ちに繋がらないケースもあります。

客観的に見て、交渉すべきところは行うべきですが、どちらかだけが得をする、損をすることはしたくありません。結果として、それは企業様を守ることでもあり、派遣スタッフの方を守ることだと信じていますし、間に立つ私にしかできないことだと思います。

「優秀社員賞」は、企業や派遣スタッフの役に立てた証拠

今年、とても嬉しいことがありました! 2020年の上期、「優秀社員賞」を受賞することができたんです。

これは、数百人といるヒューマンリソシア全社員の中から、契約件数や企業様・派遣スタッフの方からのアンケート結果(満足度)など、いくつかの評価項目を達成した社員に渡される賞で、私がずっと獲りたいと思っていた賞でもありました。

成果がでた背景の一つは、コロナウイルスの影響をうけた方に対する支援として、国が実施する貸付金などの施策が増え、審査や回収を請け負う財団法人、福祉法人の業務が増大したことです。派遣スタッフを増やしたいというご依頼を多くいただきました。このような国の大きな取り組みにおいて、自分の仕事が役立っていることを誇りに思いましたし、同時に強い使命感を持つことができた経験でしたね。

この「賞の獲得」「評価項目の達成」について、表面的な言葉だけ見てしまうと自分の評価と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はそうは思っていません。

売上金額や受注件数の数字は、どれだけ企業様や派遣スタッフの方の役に立てたかを意味するものだと思います。社会に貢献できた証拠の一つとして、とても重要な指標だと考えています。

後輩に“仕事の意義や楽しさ”を伝えていきたい

この先のキャリアとしては、さらに上を目指したいと思っています。

目標は二つあって、一つは年間での「優秀社員賞」の獲得です。企業様や派遣スタッフの方に対して、今まで以上に大きな影響を与える存在になれたらと思いますね。

もう一つは、後輩から憧れられる先輩になることです。今、私が働く支社には女性の後輩が2名いるので、彼女たちの良きお手本になれるよう頑張りたいですね。彼女たちが仕事でわからないことがあれば、いつでも教えてあげたいですし、悩んでいることは気軽に相談してもらえたら嬉しいです。

そして、何よりも私自身が今の仕事に一生懸命向き合うことで、仕事の楽しさを伝えていきたい。

この仕事は、企業様に対して、採用課題の解決を通じて事業の成長を支援することができますし、派遣スタッフの方に対しては、希望に合ったワークスタイルの提案を通して、より良いキャリア形成を支援することができます。両者をマッチングすることで、こんなにもたくさんの人を幸せにできます。

これからも私たちが日々真剣に取り組んでいる仕事は、社会的に価値ある仕事なのだと伝えていきたいですね。

 Be Human── 考えて行動し、失敗して成長する。人間らしく、働こう ──
 ヒューマングループは一人ひとりの「SELFing」を応援します。