豊富な知識と経験を武器に、活躍の幅を広げるプロフェッショナル

半導体の製造販売を行う企業で、豊富な経験と知識を生かしながら、今なお成長を続ける檜山 和仁。

彼は現在、その才能を遺憾なく発揮しながら、仕事を通して唯一無二の存在感を発揮しています。

 檜山 「現在は、プリンターのスキャナに搭載されている紙に描かれた情報を、電子データ化するためのセンサー用素子アナログ・フロント・エンド(AFE)の開発をメインに行っています。

一口に開発といっても、その幅は結構広く、たとえば評価ボード開発に必要な回路図を引いたり、開発に用いる各種部品の選定や発注を行ったり、完成した製品の品質評価やそこで必要になる評価ボードの作製なども私の仕事の一部です。評価ボードの作製の際などは、AFEのデータを解析するためにプログラミングをしないといけないので、プログラミングスキルが必要になり、これまでの仕事で培った経験が生されていると感じます」

幅広い知識と経験を持つ檜山は、入社当時からプロフェッショナルとしての活躍を期待されている人材でもありました。事実、入社後すぐに新入社員や派遣社員に対する技術講習を任されるほどです。

 檜山 「転職活動などの際には、自分の強みをうまく伝えることができず、悔しい想いもしました。だからこそ当社に転職する際には、胸を張って「教育できるレベルのプログラミング力があります」と伝えたんです。結果的に、こうして講習を任せてもらえるようになりましたし、自分ができることを、しっかりと相手に伝わる言葉で表現することの大切さを学びました」

一度つまずいたからこそ身に付いた、自分にしかないスキル

檜山がこの道を志したきっかけは学生時代のころ。父親がエンジニアとして働いており、モノづくりを身近で見ていたことから専門学校で電子工学を専攻し、ハードウェア領域のエンジニアとしてのキャリアがスタートしていきます。

 檜山 「就職活動のタイミングでは、当時、携帯電話が右肩上がりだったこともあり、無線に関係するところを希望していました。ただ、思い通りの結果が出ず……。その代わりとして大手派遣会社に入社して、携帯電話のソフトウェアの品質評価の仕事から始めることにしたんです。私のスキルの基礎を大きく伸ばしたのが、この部署での業務で、携帯電話の評価用サンプル製造業務でした。

要約すると、評価用に生産した携帯電話が問題ないかを行う試験です。業務内容は生産技術に近く、無線特性や携帯の各機能をPCとプログラミング技術を使用して、携帯電話や測定器等を自動制御で検査するという業務でした。ここで、自動制御というハードウェアとソフトウェアを総合的に利用した新しい技術を習得しました。

 最初に希望していた仕事ができたわけではありませんでしたが、結果的にここで初めて学んだソフトウェアに関する知識や技術が、今では自分の誇れるスキルのひとつになっているわけですから、無駄ではなかったということでしょうね」

“品質とは何か”、“品質を評価する作業者が作業しやすいプログラミングとは何か”。現在、檜山の武器となっている価値観や考え方の多くは、こうした一つひとつの仕事の積み重ねから得られたものです。

 檜山 「仕事の経験を積むにつれ、私の中で“設計や開発のような、もっとコアな仕事がしたい”という想いが強くなってきました。そこで、転職を決意したときに出会ったのが、旭化成アミダスです。旭化成アミダスも派遣会社ですから、転職をしなくてもいろいろな会社や仕事にチャレンジすることができますし、旭化成グループの一員として、より深いところの仕事を任せてもらえる点が魅力でした」

こうして檜山は、持ち前のハードウェアとソフトウェアのスキルをますます伸ばしていくことになるのです。

ミスを未然に防ぐためにあらゆる対策をとることが、信頼につながる

スキルを身に着ける一方で、現在の仕事へのスタイルを築いたのは、前職でのヒューマンエラーによる失敗の経験だと語る檜山。インパクトを与えてしまうミスも起こしてしまったことから、考え方を根本から改めるようになりました。

檜山 「人間は失敗する生き物だということを前提に、対策をとるようになりました。チェックリストを作製したり、ミスを検知するプログラムを自作したり、ダブルチェックの体制を整えたりすることで、ミスの量を大幅に減らすことができました。今でもその意識を持った上で対策しているので、旭化成アミダス転職後はミスを未然に防ぐことができています」

失敗を他人や周囲の環境のせいにせず、自ら反省して改善する心構えが、檜山の成長を後押ししました。

 檜山 「たとえば、数値を計算して求めるという設計仕様書がある場合、システムを開発する前に、計算ミスを防ぐソフトウェアをエクセルVBAでつくるようにしているんです。できる限りミスを防ぐため、改善施策を積極的に行うことで、上司からも信頼してもらえるようになります。このように、小さな改善の積み重ねが大きな成功につながるのだろうと考えています」

日々の取り組みの成果もあり、上司との信頼関係を構築したことから、どんどん新しいチャレンジができるようになったと語る檜山。自分にとって仕事がしやすい環境を、自ら築きあげることができました。

 檜山 「何か仕事を振ってもらったときに『檜山できるか?』と聞かれたら、必ず『できます』と答えるのが私のポリシーです。『無理です』と答えるのはエンジニアとして不適任だと思っていて。なので、いつでも『できます』と答えられるようスキルや技術を磨き、未経験の案件でも“新しいスキルが身につく”と捉え、積極的にチャレンジしていますね」

様々な環境でチャレンジできる旭化成アミダスだからこそ、成長を実感できる

現在も日々改善を積み重ね、提案もしているという檜山。現場での課題だけでなく、国際情勢や業界の最新情報も仕入ながら、スピーディに施策を実施しています。また、新たなチャレンジにも取り組んでいます。

 檜山 「現在チャレンジしているのが、オープンソースの基板CADであるKiCADです。今まではパートナー企業にOrCADで基板作製をお願いしていたのですが、配線や抵抗の回路図を自分で作製できるようになろうと思い、勉強をしているところです。難しいことも多いですが、KiCADが使いこなせるようになれば、将来的にもっといろいろな案件に貢献できるだろうと考えています」

檜山が新たなチャレンジを続ける理由は「もっとすごいヤツになりたい」という熱い想いから。将来のビジョンについて、笑顔を見せながら語ります。

 檜山 「檜山がひとりいれば後は大丈夫と思われるような、すごい人材になりたいんです。プロジェクトの人数が限られていても、効率化やチャレンジで生産性を向上させてみんなをカバーできるような、スーパーマンのような人材を目指しています」

チャレンジを通して経験をたくさん積んで成長を続けられるのは、旭化成アミダスだからこそという檜山。今の世の中でキャリアに迷っている人こそ、旭化成アミダスに来てほしいといいます。

 檜山 「派遣という働き方の良いところは、転職せずとも幅広い経験を積めるところにあると思います。旭化成アミダスはさまざまな職場という環境を提供してくれるので、努力次第でどんどん成長できる場所です。“スキルを生かせる環境に恵まれていない”と感じている人こそ活躍できると感じますね」

さまざまなスキルを身につけながらも、さらなる改善とチャレンジを続けて飛躍していく檜山の将来に目が離せません。