挑戦し続ける理由──絶対に譲れない「後悔したくない」という想い

今から13年前、上場して間もないアドウェイズに入社する2カ月ほど前のことです。

当時、余命わずかと言われていた祖父に「自分(晋吾)らしく生きてください」と言われました。その時、「自分らしさとはなんだろう」と考えながらも、「大丈夫だよ」とだけ返事をしたのを覚えています。それから長い間、自分らしさとは何だろうと答えを探し続けてきました。

けれど、僕の人生を振り返った時に唯一譲れないものがあることに気付いたのです。

それは「後悔はしたくない」ということ。

人生は選択の繰り返しです。

「やる」か「やらない」かと聞かれたら、絶対にやる方を選択します。

何か物事を成し遂げる時に、楽な道を選び障害物を避けたり、逃げたりするようなことは絶対にしません。

ある日、同僚から「鹿野さんは、どれだけ大変でも我慢できるけど、やらないという我慢だけはできないよね」と言われました。

辛いと分かっていることでも、とにかく挑戦をしてみること。

後悔したくないという思いはもちろん、挑戦の先にある未知の世界を見ることや自分が成長すること、そして周りの活躍が楽しみで仕方がないのです。

何でも「やる」方の道を選択するので、周りはきっと大変だったと思います。

しかし、そんな僕を許容し、共に目標に向かって突き進んでくれる仲間が常にアドウェイズにはいました。

「あの人はこういうところがあるけれど、頑張っているから協力しよう」「これがあの人らしさだから尊重しよう」。それぞれの個性を認めるという考えがアドウェイズには根付いています。アドウェイズの仲間や文化が、僕を支えてくれたのです。

今までの社会人経験の中で、紆余曲折ありましたし、これまでの道のりは決して簡単な道ではありませんでした。仕事に対する立ち回り方や接し方も入社当時と比べると随分と変わったと思います。

ただ、「後悔したくない」という想いだけはブレることはなく、今も僕を鼓舞し続けています。

それが、祖父と約束した「自分らしさ」だから。

成長する機会に目を背けず、乗り越えたからこそ実現できた「人儲け」

これまでの経歴としては、インターネット広告やモバイル広告事業部のマネージャを経て国内の広告事業を統括する執行役員になり、海外事業や海外子会社社長、本社の経営戦略を担当してきました。

そして、2021年現在は取締役として、人事領域を担当しています。振り返ると、入社から現在まで、本当に様々な挑戦をしてきました。

過去、これだけ幅広い部署と役割を担ってきた社員は恐らくアドウェイズにはいないと思います。

意外に思うかもしれませんが、実はどのポジションも自ら希望したというよりも、全て上司や同僚から提案や選択を求められ、少しでも力になれるのであればとその役割に就いてきました。決して全てがポジティブなスタートばかりではなく、各領域が抱える課題を解決することが僕に期待された役割だったこともあります。

もちろん時には心が折れそうになり、逃げだしたいと思う時もありましたが、一度も問題から目を背けたことはありません。これまでの経験から、困難を乗り越えることが自分に対しての「人儲け(成長)」だということを知ることができたのは、成長する機会を与えてくれたアドウェイズのおかげだと思っています。

また、僕が仕事を行う中で意識している考え方として「自分が出来ないことは他の人にお願いしない」というものがあります。

自分自身も含め周りの人たちがノウハウを持ち、全力でサポートできる自信があって初めて、必死に頑張らないとクリアできないくらいのハードルの高い仕事を任せるようにしています。そんな環境の中でアドウェイズの社員は成長していくんです。

アドウェイズではこれを経営理念でもある「人儲け」と呼んでいます。

会社は本当の意味で社員が成長できる場でなければいけません。様々な経験を通して成長することで顧客や社会に対し、スローガンである“なにこれ すげー こんなのはじめて”を提供していく。僕は間違いなく、アドウェイズから「人儲け」させてもらったと感じています。

だからこそ人事領域を担当する取締役として、アドウェイズで働く社員の一人でも多くの人に「人儲け」をしてもらいたい、という責任を強く感じています。

それぞれの強みを受け入れ、10年後も”個の力”を活かせる環境に

昨今、会社の在り方が変わってきたと言われています。昔は大手企業や資金力のある企業が当然ながら強かったのですが、インターネットの普及による情報化社会により、沢山の人がチャンスを掴むことができる状況になりました。社会人としての働き方の選択肢が増えたという点はもちろん、より“個の力”が重要になってきました。

先日、半期に一度行われる全社総会の際に、社員から経営陣に対し「アドウェイズの10年後・未来はどのようになっていると思いますか?」という質問がありました。

この質問に代表の岡村 陽久は、「率直に言いますと分かりません」となんとも岡村らしい答えだったのですが、続けて、「ただ10年後、その時に一番大事なことは何かということは分かっています。それは“なにこれ すげー”という何かを創れる社員が、10年後も20年後も活躍してくれているということです」と回答しました。

変化の激しいインターネット業界で、10年後の事業がどうなるかは誰も想像がつきません。しかし、アドウェイズで頑張って働いてくれている社員に対して、個の力を活かすことのできる環境を提供する、それが何よりも大事だという岡村なりのメッセージでした。その言葉を胸に刻み、更なる会社の発展の為に尽力しようと心に決めた日でした。

新卒採用の面接で、学生の方から「活躍するのはどのような人ですか?」と質問されることが多々あります。その際、僕は「自分の強みをアピールできる人」と答えています。

アドウェイズでは仕事を任される際には「この人はこういう強みがあるな」とか「この人はこういう性格だからこういうチャレンジをしてもらいたいな」という考えがあります。それも全て、個の力を大事にしているからです。

「自分のこんなところをアピールしたら、もしかするとマイナスイメージかもしれない」など気にすることはありません。胸を張って、「自分の強みはここです!」と自分を出して下さい。

「これができなければいけない」「こういう人でなければ受け入れない」というのはなく、様々な人を受け入れるのがアドウェイズなのです。

社員のポテンシャルを信じているから、挑戦する環境がここにはある

僕が学生の皆さんに伝えたいのは、アドウェイズは成長のチャンスを提供できる会社である、ということです。アドウェイズが新卒採用をし続ける理由は、先述の「人儲け」に尽きると思っています。

成長市場に身を置くためには、沢山のことを求められ、様々な変化を受け入れ柔軟に対応する必要があります。そんな流れの中で更に会社や事業の規模が大きくなり、それに伴い考えなくてはいけないことも増えていきます。自分たちの手で正解を作ってきたことで、今のアドウェイズがあります。

アドウェイズの柱となっている既存の広告事業は安定的な収益を生み出していますが、現状に満足することなく成長・変化し続けなければなりませんし、新規事業にも積極的に取り組み価値の創造を続けていかなければなりません。

国内のみならず、グローバルな視点を持つことも重要です。企業として様々なチャンスを逃してはいけない、という危機感がアドウェイズにはあります。チャンスを逃すことは、そこで働く社員の成長の機会を逃してしまう、つまりは「人儲け」を実現できないことに繋がるからです。

これは裏話になるので声を大にしては言えないのですが、社員に成長の機会を与えることを重要視するあまり、上手くいかなかった事業や遠回りをしてしまった事例は数えきれないほどあります。もしアドウェイズが「人儲け」を無視して効率よく、できることだけを選んでやってきていたのなら、もう少し利益を出せたのかもしれません(笑)。

「人儲け」は若い力に期待し、社員のポテンシャルを信じているからこそ実現できるのです。そういった挑戦をするのがアドウェイズらしさであり、僕が誇らしく思えることでもあります。

ですので、アドウェイズに入社をしてくれる社員には、自ら手を挙げ自らの強みをアピールし、そういった環境の中でどんどんチャレンジをして活躍してほしいと願っています。