あらゆるアウトプットが「ブランドを表現するメディア」に。楽天フォント開発の裏側

楽天は7月、自社サービスなどで活用するオリジナルの楽天フォントを発表。一般的には、企業ロゴなど限られた目的のために用意されるオリジナルフォントに、なぜ広い用途を求めたのか。開発に関わった楽天のデザイン組織「楽天デザインラボ」の河上 洋樹、Chee Yen Thye(以下、チーエン)がその裏側を語ります。

Company会社情報

社名 楽天株式会社
会社・
団体説明
楽天は、日本発のインターネット・サービス企業で、Eコマースをはじめ、フィンテック、デジタルコンテンツ、通信など、多岐にわたる分野で70以上のサービスを提供しています。世界基準の革新的なサービスを生み出していくことを目指し、多様な人とアイデアがオープンに行き交うダイバーシティに富んだ職場環境を整えることを大切にしています。
代表者 三木谷浩史
創業 1997年2月7日
住所 158-0094
東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
楽天クリムゾンハウス
ビジョン・
ミッション
楽天グループは、「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」ことをミッションとしています。 ユーザーや取引先企業へ満足度の高いサービスを提供するとともに、多くの人々の成長を後押しすることで、社会を変革し豊かにしていきます。 「グローバル イノベーション カンパニー」であり続けるというビジョンのもと、企業価値・株主価値の最大化を図ってまいります。
URL http://corp.rakuten.co.jp/