経験ゼロから飛び込んだ業界。研修体制の整った環境が成長を促した

article image 1

専門学校卒業後は、美容師として働いていた経験がある木田。その後、コールセンターでのカスタマーサポートへ転職し、スーパーバイザ―として新人育成やチームマネジメントにも携わりました。さまざまな職場を経験する中で、仕事において「誰とやるのか」という要素は、成果ややりがいに大きく起因することを実感したといいます。

もともとデジタル広告業界での仕事に興味があった木田は、求人サイトで新たな挑戦の場を探していた時に、MANGOの存在を知りました。

木田 「普段の生活からよく目にするという意味で親しみのあった広告業界だからこそ、働いてみたいという気持ちや自分にも挑戦できるのではないかという想いがあり、思い切って飛び込んでみることにしました」

選考を進める中で、「共に働く人を重視する」という自身の考え方に近い人がMANGOには多い点に魅力を感じたという木田。加えて、「MANGO STANCE(行動規範)」という仕事をする上で大切にしている共通の“軸”が明確にあるので、自分と合う会社かどうかの判別もつきやすかったといいます。

木田 「実際に入社してみて、これまでの職場と比べると、MANGOは人材育成にかなり力を入れている会社だと感じています。これまでは『とりあえずやって覚える』という体制の企業が多かったのですが、入社時から研修のカリキュラムが組まれており、チーム配属後もしっかり教育体制が準備されている印象がありました」

手探りで進む中、言葉でなく背中で語れるチームリーダーになりたかった

article image 2

入社後、木田はデジタル広告の配信セッティングを専門に行うメディアオペレーション課に配属されます。最初の1カ月は広告入稿の基礎を徹底的に学ぶことからスタートしました。そして入社2カ月目を迎えたころ、セプテーニ本社からの大規模な業務移管プロジェクトがスタートし、そのプロジェクトの体制作りに初期メンバーとして携わることに。

木田 「当時のメンバーは私のほかに派遣社員1名のたった2人。ゼロから取り組む仕事である上、自分が仕事を覚えられなければプロジェクトを進められないという状況で、少なからずプレッシャーはありました。派遣社員の方とは仕事に対する姿勢が似ていたので、上手く連携を取りながら仕事に取り組むことができました」

これまでにチーム立ち上げの経験はなかったという木田。プロジェクトを進行するにあたって、情報集めやマニュアル作りなど、基本的なところからのスタートだったといいます。

木田 「プロジェクトの進行に加えて、チームのディレクターという役割を担うことになっていたので、自分がどんな人間であるべきかを改めて自問自答するシーンも多かったです。

そんな時、いつも頭に浮かぶのが言葉ではなく背中で語ることのできる人という理想の上司像でした。だからこそ、まずは誰よりも仕事を覚えようと思いましたし、人並み以上に仕事ができれば頼られる存在になれるのではないか、という考えが根底にありました」

少し背伸びするくらいが丁度いい。どんな状況でも結果を出すことを諦めない

article image 3

セプテーニからの移管プロジェクトが本格始動してから2カ月後、木田のチームは2名から6名まで拡大しました。しかし、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが影響し、チームの拡大と同時期に在宅勤務を余儀なくされます。

木田 「慣れないリモートでの仕事に加えて、新メンバーへの研修も行っていたので正直大変なことも多く……。チームの管理や動きを見ることが全然できていなかったというのが反省点です」

このチーム拡大をきっかけに、木田はディレクターとしてどうしたらリモートでも仕事を円滑に進めることができるのか、士気を高めることができるのかを考えるようになります。それは自分の仕事で手一杯だった木田に、ディレクターとしての自覚が芽生えた瞬間でもありました。チーム作りにおいて心がけていたことを、次のように語ります。

木田 「在宅勤務はどうしてもメンバーのサポートに時間がかかり、“順番待ち”の状態も発生してしまいます。それ故に、自分の仕事もなかなか進まないこともありました。それでもチーム作りで大切にしてきたのは、丁寧なコミュニケーションでした。質問されたときはどんな状況でも断らず一人ひとり対応したり、ちょっとした会話をしたりするよう心がけていました」

環境が大きく変化していく中、チーム拡大とともに求められる目標も高くなっていきました。プロジェクトが本格始動してから4カ月後には、スタート時の数倍の量を移管することになり、このころは「今月も達成できるだろうか」という不安と毎日戦っていたといいます。

目標を達成するには、日々コツコツと積み重ねるしかない。そう考える木田は、毎月高くなる目標を達成するために行っていたことがあります。

木田 「毎日欠かさなかったのは、『今日は目標に対して○%達成しました』と、全社員に日報で報告すること。そうやって、常に他者から見られているというプレッシャーを自分にかけていたんです。それが結果的に成果にもつながり、期待されている以上の成果を出せていました」

期待してくれる人や環境が、自分のモチベーションにつながっている

article image 4

毎月の目標をクリアしていても、チームメンバーの力を上手く活かしきれていなかった、と当時を振り返る木田。目標達成にも、チーム作りにも、ストイックな木田のモチベーションの源泉は「仲間の期待に応えたい」という気持ちだといいます。

木田 「入社時から一番近くで見守り、評価してくれているマネージャーの齋藤の力になりたい、MANGOの力になりたいという想いが、私自身を動かしていることは紛れもない事実です。

MANGOでは、新入社員かつ業界未経験の私でも責任ある仕事を任せてもらえました。期待されているからこそ頑張ろうと思えるし、それが働きがいにもなる。そして一緒に働いているメンバーの笑顔や、何気ない『ありがとう』の一言も活力につながっています」

仕事をする時間は、人生の約3割を占めるだけに、プライベートの時間だけでなく、仕事も楽しんだもの勝ちだと木田は考えています。そして仕事を楽しむためにも「MANGO STANCE」の一つである「挑戦も、失敗も、おおいに楽しもう」という考え方を大切にしています。

木田 「忙しくしている時が、一番生き生きしていると感じますし、停滞からは何も生まれません。常に前に進んでいれば、何か新しいものが生まれるはずだと考えて、さらに一歩上に行きたいという想いを持ち、仕事の中に楽しみを見つけながら日々仕事に取り組んでいます」

MANGOで働き始めてから、仕事に対するスタンスが変化したという木田。その変化と今後の目標について、次のように続けます。

木田 「一番変化したのは、誰かのために頑張りたいと思うようになったことです。今までは自分のためだけに働いていましたが、MANGOには誰かのために頑張れる人、いい意味で少しお節介な人がたくさんいます。そんな人たちに囲まれた環境で働くことで、私も自分以外の人ために働けるようになり、私自身のキャパシティも大きくなったと感じます」

今後もそうして成長できた自分を活かしながら、自分だけしかできないことにチャレンジし続けたい、と力強く語る木田。「MANGOで唯一無二の存在になる」という目標に向かって、木田の挑戦は続きます。