Tag #研究開発のストーリー

2022.04.07

  • Story

“多指ハンド”のロボットで世界を変えたい──研究者たちが語るHondaの魅力

Hondaは2022年3月、「2022国際ロボット展」にて触覚と多指を使いこなすアバターロボットなどのロボティクス技術の展示を行いました。ASIMOで積み重ねた知見を活かしながら、研究者たちが協力し合って新たなロボットの開発に取り組んでいます。現在行われている研究開発の内容や仕事のモチベーション、Hondaで研究開発をする魅力について3名のメンバーが語ります。

本田技研工業株式会社

2022.03.16

  • Story

多くの人の足となれる車両を作りたい──PCU開発に携わるエンジニアが語る二輪EV

カーボンニュートラル達成のため、Hondaでは二輪をはじめ様々な事業で電動化を進めています。二輪EVを構成するのは重要部品ばかりですが、そのなかでも快適な操作性を叶えるパワーコントロールユニット(以下、PCU)は制御を工夫しなければならない大切なパーツです。二輪EVのPCU開発に携わる森 雅裕がHondaでの二輪EV開発にチャレンジしたきっかけや、仕事のやりがいについて語ります。

本田技研工業株式会社

2022.02.17

  • Story

お客様が求めるものは何か──顧客価値実現に挑戦するEVソフトウェア開発エンジニア

従来のガソリン車に限らないモビリティ開発に取り組むHondaでは、電気自動車(以下EV)だからこそ提供できる新しい価値の創造が進められています。EVの充電に関するソフトウェア開発に携わる齊田 陽は、“モビリティメーカー”であるHondaに魅力を感じて入社しました。齊田が自身の成長につながった経験の数々や仕事をするうえで大切にしている考え方を語ります。

本田技研工業株式会社

2022.02.16

  • Story

全てのカギはコミュニケーション──よい“モノづくり”を実現するフラットな風土

クレスコの第二エンベデッドソリューション事業部で、PM(プロジェクトマネジャー)として活躍する宮津 尚樹。2008年の入社以降、主にスマートフォンの組込みシステムの開発に携わり、“モノづくり”の夢を実現してきました。宮津がクレスコを選んだ理由や、仕事へのスタンスなどについて語ります。

株式会社クレスコ

2021.11.02

  • Story

【生産技術】ヘルスケアとものづくりが大好きな私がたどり着いた、「製剤」という仕事

住友ファーマの生産本部で、錠剤などの生産技術に携わる岡 沙織。学生時代からヘルスケアとものづくりに興味があったことから、製薬の仕事を選びました。岡は、新卒から同じ部署に在籍し続け、今年で9年目。常に挑戦し続け、やりがいを見つけ続けている彼女の、仕事への想いをご紹介します。

住友ファーマ株式会社

2021.10.17

  • Knowhow

Hondaにしかできないビッグチャレンジ!空の次世代モビリティ開発に詰まった夢

Hondaはこれまで積み重ねてきた技術を活かした新領域におけるチャレンジのひとつとして、「Honda eVTOL」*の開発に取り組んでいます。機体の開発だけでなく、新たなモビリティエコシステムの開発も進めることにより、生活の可能性を広げようとしているのです。空の次世代モビリティ開発の...

本田技研工業株式会社

2021.09.30

  • Story

よりよい世界の実現に向けて──根っからのシステムアーキテクトが挑むトヨタの内製化

電機メーカーで約20年勤務した後、トヨタ自動車にキャリア入社した沖野 直人。現在コネクティッド先行開発部InfoTechを含め3つの部署を兼務し、開発をリードしています。現在沖野が推進しているのは、トヨタ内での内製開発。その信念やこだわりについて、沖野が胸にある思いを語ります。

トヨタ自動車株式会社

2021.09.16

  • Story

クルマで変えたい未来がある。挑戦を楽しむエンジニアの軌跡

電動パワトレ制御機能開発部に所属し、コネクティッド新価値創造室パワトレ基盤制御開発グループで主任を務める山内 雄哉。2020年にキャリア採用でトヨタ自動車へ入社し、仲間と助け合いながら未来を切り拓くため日々挑戦しています。山内がクルマの力で変えたい未来とは。

トヨタ自動車株式会社

2021.07.13

  • Story

「人と組織の成長」を共につくる。旭化成と旭化成アミダスの絆

さまざまな分野で人材派遣の実績を重ねてきた旭化成アミダス。派遣先企業の目にはどのように映っているのでしょうか。グループ企業であり、メインクライアントである旭化成 川崎製造所の下妻さんと、旭化成アミダスのスタッフプランナーの田村が包み隠さず語り合いました。

旭化成アミダス株式会社

2021.06.17

  • Story

小さな勝利を積み重ねた先に──センシング・イノベーションで叶える持続可能な社会

価値あるデータを提供するセンシング技術によって、信頼を得てきたアジア航測株式会社。堅実なデータ処理とともに「とがったコアな基礎技術」を確立するセンシング・イノベーションで持続可能な社会を目指しています。未来にかける想いについて、先端技術研究所副所長、新名 恭仁が語ります。

アジア航測株式会社

2021.02.26

  • Story

【研究】「分析者ではなく分析研究者」新たな発想で可能性を広げる若手社員

2017年に入社した奈良井 峻は、分析研究所で治験薬の品質管理を主に担当しています。分析研究と管理業務、双方の専門性を高めるために日々努力を続けている奈良井。今回は、そんな彼が語る分析研究のやりがい、今後のビジョンをご紹介します。

住友ファーマ株式会社

2020.07.22

  • Story

波多野 佑亮「未経験&苦手だと思うことも続けてみれば得意に。だから新しいチャレンジはやめない!」

波多野 佑亮は前職のカシオで、電子楽器の組み込みソフトエンジニアや音楽系アプリのエンジニアとしてキャリアを積んできました。その後運命のような出会いを果たし、SHOWROOMに入社します。現在データ分析のほか、サーバーサイドやサウンド、VRのエンジニアとして活躍の場を広げる波多野が想いを語ります。

SHOWROOM