Tag #ユーザーボイスのストーリー

日本一のゲーム運営集団を目指して

2022.09.14

  • New

  • Story

日本一のゲーム運営集団を目指して

全世界で累計ダウンロード数8.8億回(2021年6月末時点)と多くのユーザーに親しまれているLINE GAME。LINE Fukuoka株式会社のGame事業室は、ユーザーが安心してゲームを楽しめるための運営を包括的に担っています。室長の中西 洋介にGame事業室の行動指針や今後の展望について聞きました。

LINE Fukuoka株式会社

経営者こそ社外で学び続けよ──「SMBC経営セミナー」で得た、かけがいのない人脈と気づき

2022.09.08

  • New

  • Story

経営者こそ社外で学び続けよ──「SMBC経営セミナー」で得た、かけがいのない人脈と気づき

SMBCコンサルティングでは経営層向けに実践的なノウハウを提供する「SMBC経営セミナー」や、経営者同士の研鑽と交流を目的とした「SMBC経営者研究会(SEC)」を運営。ここでの学びは、経営現場でどう活かされるのか──SEC会員であるティーペック株式会社の鼠家 和彦代表取締役社長兼CEOに伺いました。

SMBCコンサルティング株式会社

目指すのは“多様な価値がつながる世界”

2022.08.17

  • Story

目指すのは“多様な価値がつながる世界”

“金融×コミュニケーションプラットフォーム”の可能性を感じ、2019年にLINE Fukuoka株式会社へ入社した山南 大和。Fintech Operation室の室長として、LINEサービスのインフラともいうべき金融事業を支える山南に、仕事の醍醐味や職場の魅力について聞きました。

LINE Fukuoka株式会社

ゴールは決めない。仲間が、ファンが、思い描く「Fanicon」を創り続けるリードエンジニア

2022.07.08

  • Story

ゴールは決めない。仲間が、ファンが、思い描く「Fanicon」を創り続けるリードエンジニア

開発部でリードエンジニアを務める城 弾。「Fanicon」の生みの親のひとりとしてその立ち上げに関わり、プレーヤーとして、マネージャーとして、成長のプロセスを一番近いところで見守ってきました。アプリ開発の過程を振り返りながら、現在地から見渡す風景、思い描く未来の自画像について語ります。

THECOO株式会社

マンション管理と社会の明るい未来のために。「マンションみらい価値研究所」の新たな挑戦

2022.06.30

  • Story

マンション管理と社会の明るい未来のために。「マンションみらい価値研究所」の新たな挑戦

大和ライフネクスト株式会社で働く大野 稚佳子は、入社以来さまざまな部署で多角的にマンション管理に携わってきました。その経験を活かし、現在は「マンションみらい価値研究所」にも参画しています。マンションを取り巻くあらゆる問題に真摯に向き合い、研究し、発信する。彼女の「研究員」としての挑戦に迫ります。

大和ライフネクスト株式会社

長く安全に自社製品を使い続けてもらいたい。責任を胸に走り続ける若手社員の軌跡

2022.05.25

  • Story

長く安全に自社製品を使い続けてもらいたい。責任を胸に走り続ける若手社員の軌跡

サーモテック事業部に所属する細川 直弥は、西日本支社(大阪府大阪市)の駐在員として近畿圏はもちろん、九州や四国など広範囲を1人で担当し、お客様のサポートをしています。大学では航空宇宙工学を専攻し、傾斜機能材料に関する研究で修士号を取得。細川の仕事にかける想い、そして今後の展望などを紐解きます。

株式会社不二越

もっと患者さんの声をかたちに──希少疾患に理解ある社会の実現に向けた取り組み

2022.03.28

  • Story

もっと患者さんの声をかたちに──希少疾患に理解ある社会の実現に向けた取り組み

医薬品の研究開発だけでなく、あらゆる医療ニーズに対応するサノフィ株式会社。特に注力していることのひとつが、希少疾患領域での患者さんやそのご家族へのサポートです。当該業務に携わる渉外本部の齊藤 志穂と、希少疾患領域プロダクトマネジャーを務める小山 理英子が、活動内容とその想いについて語ります。

サノフィ株式会社

努力は必ず“営業の神様”が見ている ~成功と失敗を礎に改善をして自身の成長へ~

2021.11.30

  • Story

努力は必ず“営業の神様”が見ている ~成功と失敗を礎に改善をして自身の成長へ~

入社以来、株式会社かんぽ生命保険の法人営業部で多くの会社さまからご契約をいただき、アフターサービスにも奔走する木村 智恵子。営業に向けた意欲と向上心を支えるのは、お客さまとの関係性、向かい合ってきた環境と、喜びも辛さも入り交じる多くの経験でした。営業に向き合う姿勢と今後の若手育成への想いを語ります。

株式会社かんぽ生命保険

会社を愛し、自社製品を愛する広報マンが抱く、世の中へ”伝えていく”使命と意義

2021.11.30

  • Story

会社を愛し、自社製品を愛する広報マンが抱く、世の中へ”伝えていく”使命と意義

2020年6月から、JX金属株式会社の広報業務を担っている森 寛樹。入社後、約7年間にわたり営業として全国を飛び回っていた森が、自ら手を上げて広報へ移った理由や会社への想い、そして今後目指す姿まで、じっくりと語ります。

JX金属株式会社

趣味を仕事にした自分の存在意義。ダーツファンからプロ選手、店長そして作り手へ

2021.11.29

  • Story

趣味を仕事にした自分の存在意義。ダーツファンからプロ選手、店長そして作り手へ

学生時代からダーツにのめり込み、過去にはダーツバーの店長やプロ資格の取得を経験してきた加藤 康行。現在はダーツライブでタイアップ企画や顧客とのやり取りに携わっています。ファンからプレイヤーへ、店長からメーカーの作り手へとあらゆる角度からダーツと携わり続ける加藤が仕事のやりがいと今後の展望を語ります。

株式会社ダーツライブ

子どもたちの初めてが生まれる場所。「できた!」の瞬間に立ち会えることが嬉しい

2021.10.29

  • Story

子どもたちの初めてが生まれる場所。「できた!」の瞬間に立ち会えることが嬉しい

「福岡市立中央児童会館・あいくる」は、人口160万人を有する福岡市唯一の児童館。田中 絵利香は、小さな頃自身が訪れていたこの児童館に新卒で就職し、13年目を迎えます。「子どもからも、大人からも、あってよかったと言ってもらえる場所にしたい」。田中が、児童館への思いを語ります。

一般財団法人児童健全育成推進財団