Tag #インターンシップのストーリー

2022.05.31

  • Knowhow

インターンシップではどんなことが学べるの?──インターンシップ経験談──

インターンシップの広報解禁を迎える6月。近年はインターンシップに力を入れる企業も多くあります。それは学生も同様で、インターンシップへの注目度は増すばかり。実際にはどれほどの学生がインターンシップへの参加を希望しているのでしょうか。【この記事でわかること】・学生のインターンシップ参加意...

talentbook編集部

2022.05.20

  • Story

理系大学院生がサマーインターンシップで得た、ビジネスの現場での学びと未来

「学生が選ぶインターンシップアワード*」で、2018、2019、2020年と3度の優秀賞と、2022年は遂に大賞を受賞したボッシュ。実際の業務を経験できるシーズナルインターンシップも、その受賞歴に名を連ねるインターンシップの一つです。2021年にこのプログラムを経験した学生の生の声をお届けします。

ボッシュ株式会社

2022.04.01

  • Story

武器は、持ち前の粘り強さ──“匂い”のある文章を紡ぐ新米ディレクターが歩む道のり

2022年4月、4人目の新卒社員として入社した長居 佑哉。大学在学中からインターンとしてPR Tableにジョインし、校正や添削業務に携わってきました。「温度感や匂いを感じさせる」と周囲から高く評価される文章力を身につけるにいたった背景にあるものとは?自身がこれまでに歩んできた軌跡を辿ります。

株式会社PR Table

2022.03.31

  • Story

目指すのは誰もが“希望”を持てる社会──インターンを経て飛び立つ私のビジョン

2020年よりPR Tableのインターンを開始し、カスタマーサクセス部門で編集業務を担当した野作 実優。2022年の大学卒業とともに、通信教育、出版などの事業を行う企業に入社予定です。明るくポジティブで、一貫して教育問題に関心を寄せる野作の歩み、PR Tableでの経験、新社会人としてのビジョンに迫ります。

株式会社PR Table

2022.03.31

  • Story

法学部から建設会社技術部門へ──自分らしく過ごせる場所を追い求める旅路

株式会社PR Tableでインターンとして活躍する齋藤 駿人。原稿の編集業務に従事した彼は今春、とある建設会社へ新卒入社します。大学では法律を学び文科系の齋藤が、技術という新たな世界に踏み出すに至ったストーリーを紐解きます。

株式会社PR Table

2022.03.31

  • Story

インターンでの学びを就職活動へつなげる──社会人としての新たな一章の始まり

株式会社PR Table カスタマーサクセス部門のインターンとして、talentbookの編集業務に携わってきた今江 萌々香。その高いスキルには、社員からも厚い信頼が寄せられています。大学卒業とともに新たなフィールドへ飛び出す今江が、自身の基盤を作り出した“いままで”と、“これから”の展望を語ります。

株式会社PR Table

2021.12.14

  • Story

「自己成長の実感」と「仕事の手触り感」を求めて。アンラーンで掴んだ成長の物語

2020年1月、freeeに再入社した坂本 航。就職までのインターン先として働いていたfreeeを、転職先として選んだのには理由がありました。ここでは就職先で芽生えた自身のキャリアへの思いから再入社に至る道筋と、一度離れたからこそわかるfreeeの魅力を坂本が語ります。

freee株式会社

2021.11.24

  • Story

意欲ある学生に、世界を体感できる場を。海外×オンラインのインターン実施に至る物語

海外拠点で実務を体験するボッシュのグローバルインターンシップは2016年から始まった理系学生向けプログラムです。2020年度はコロナ禍により実施を見送ることになりましたが、2021年度は海外拠点とオンラインでつなぐ形で開催しました。新たな試みは、どのような結果をもたらしたのか。運営責任者に携わった山本が紹介します。

ボッシュ株式会社

2021.11.12

  • Story

コロナ禍でも海外の実務経験を、キャリアのヒントを見つけるインターンシップ

海外拠点とコミュニケーションしながら実務を体験するボッシュのグローバルインターンシップは、理系の学生を対象に、約10日間の日程で行われるプログラムです。コロナ禍によりオンラインでの実施となったなか、学生たちは何を感じ、何を得たのか。参加学生たちの体験内容や率直な感想をご覧ください。

ボッシュ株式会社

2021.10.22

  • Knowhow

ギャップタームを利用し遠方からオンラインで参加。広がるインターンシップの可能性

2021年、難関スタンフォード大に合格した徳島の女子高生がSNSで一躍話題になりました。その高校生、松本 杏奈さんは、高校卒業後からアメリカへ渡航するまでの半年間でユニバーサル ミュージックのインターンに参加。彼女がインターンで得たものは何だったのか、インターン担当者の解説を交えなが...

ユニバーサル ミュージック合同会社

2021.02.09

  • Story

ゼロから始め、採用倍率は41倍に!インターン生の可能性を事業の可能性へ

かっこ株式会社では2015年、新規事業立ち上げによるデータサイエンティスト不足のため、インターン生の受け入れを開始しました。人材難をきっかけに自社で人材を育てることにチャレンジし、インターンシップ制度を立ち上げたデータサイエンス事業部長の成田 武雄がその全容を語ります。

一般社団法人at Will Work

2021.01.27

  • Knowhow

【SDGsインターンシップ】三泊四日!地域課題を解決する事業開発

11月某日──。高知県北川村に、柚子の収穫作業に勤しむ学生達の姿があった。一見すると農家の手伝いをしているだけかのようにも見えるが、彼らが参加しているのは、株式会社エスプールが開催する最終インターンだ。実は、全国の柚子の生産量のうち10%を担っている北川村は、人口不足という大きな問題...

株式会社エスプール