Stories ストーリー

仕組みを学んで、本質を捉える。個性を活かして成長を続けるフロントエンドエンジニア

2022.10.06

  • New

  • Story

仕組みを学んで、本質を捉える。個性を活かして成長を続けるフロントエンドエンジニア

2021年にゆめみに入社し、フロントエンドエンジニアを務めている竹内 光。子どものころから「物事の本質を見るべき」という想いが強く、ものごとの裏に流れるストーリーを知ることが好きでした。若手ながら大健闘している彼の姿に迫ります。

株式会社ゆめみ / YUMEMI Inc.

やりたい仕事はとくになかった──そんな僕が医薬に貢献し、必要とされるエンジニアへ

2022.10.06

  • New

  • Story

やりたい仕事はとくになかった──そんな僕が医薬に貢献し、必要とされるエンジニアへ

前職のイベント施工会社で木材工作を経験し、「ものづくり」に親しんだ佐藤 優(さとう ゆう)は、未経験から「機械分野のエンジニア」に挑戦。自分から主張するタイプではないが義理堅く、努力を惜しまない。そんな人柄が会社からも取引先からも信頼され、2022年10月現在は、医薬系の精密機械のサービスエンジニアとして活躍している。

スタッフサービス・エンジニアリング

「保険があって良かった」と身をもって実感したからこそできる、お客さま本位のご提案

2022.10.06

  • New

  • Story

「保険があって良かった」と身をもって実感したからこそできる、お客さま本位のご提案

「人と話すことが好き」という想いから営業職を志望していた大野 孝樹は、食品メーカーの営業や保険会社でのコンサルタント経験を経て、2008年にカカクコム・インシュアランスへ入社。自身の大けがをきっかけに保険の重要性に気づいた大野は「お客さまと人生をともにしたい」という覚悟を持って仕事に臨んでいます。

株式会社カカクコム・インシュアランス

”エンジニアあってのアビスト”が誇る、「採用」と「教育」のスペシャリストたち

2022.10.05

  • New

  • Story

”エンジニアあってのアビスト”が誇る、「採用」と「教育」のスペシャリストたち

設計開発アウトソーシングを主業とする株式会社アビストでは、機械系、情報系、電気系など工業系領域で活躍できるエンジニアの「採用」と「教育」は、事業の大切な核となります。今回はアビストの「採用」と「教育」のスペシャリスト、柳澤 宏美と津島 順之の2人をご紹介します。

株式会社アビスト

男性育休「取得者」×「取得予定者」対談──ふたりの社員、それぞれの想い

2022.10.05

  • New

  • Story

男性育休「取得者」×「取得予定者」対談──ふたりの社員、それぞれの想い

ゼネラルパートナーズでは、男性社員として約10年ぶり、史上2人目として育児休業を取得した石原 孝浩に続き、2022年9月から第二子の誕生で黒木宏太が7カ月間の育休に入りました。育休に入る直前の8月、育休を控えた黒木と育休を経験した石原が職場内の環境や育休取得の意義について語りました。

株式会社ゼネラルパートナーズ

ひとりだけで完結する仕事は存在しない──ビジネスアナリストを突き動かす協働の美学

2022.10.05

  • New

  • Story

ひとりだけで完結する仕事は存在しない──ビジネスアナリストを突き動かす協働の美学

ビジネスコンサルティング第1部とナレッジマネジメントグループを兼務する坂口 沙織。2022年9月現在は、基幹システム導入を検討する顧客向けコンサルティング業務と社内の知的資産の共有に取り組んでいます。自身を“お客様と専門家とをつなぐ通訳のような存在”と形容する坂口。大切にしてきた想い、職場環境の魅力を語ります。

株式会社 エル・ティー・エス

薬剤師の仕事は調剤のみならず。業務内容を広く伝えることも大切なミッション

2022.10.05

  • New

  • Story

薬剤師の仕事は調剤のみならず。業務内容を広く伝えることも大切なミッション

新卒で総合メディカル株式会社に入社した本田 依子さん。3年目の2022年10月現在、福岡県内の薬局に勤務し、隣接する総合病院の患者さんや地域の方達に対して薬剤師として関わっています。薬剤師の仕事をもっと世間に知ってほしい──そう話す本田さんに、この道に進んだ理由や業務内容、思い描く今後のキャリアなどを聞きました。

総合メディカル株式会社

成長の鍵はコミュニケーション能力。──異業種から建設業へ

2022.10.05

  • New

  • Story

成長の鍵はコミュニケーション能力。──異業種から建設業へ

異業種から建設業界に飛び込み、2022年10月現在はマンションの修繕工事の現場で施工管理を務める黒住 若菜。作業員だけでなく、居住者への細やかな配慮も必要とされるため、前職で培ったコミュニケーション能力が大いに役立っていると語ります。そんな彼女が見つけた、この仕事のやりがいや目指す未来像とは?

株式会社アーキ・ジャパン

目指すは、交通事故死者ゼロ。安全安心領域で「自由な移動の喜び」を提供する研究者の想い

2022.10.05

  • New

  • Story

目指すは、交通事故死者ゼロ。安全安心領域で「自由な移動の喜び」を提供する研究者の想い

「2050年に全世界でHondaの二輪・四輪が関与する交通事故死者ゼロ」を目標としているHondaでは、さまざまな先進技術の研究・開発が進められています。2021年に公開された、人とモビリティが通信でつながる「安心・安全ネットワーク技術」もそのひとつ。中途採用でHondaに入社し研究を進める堀内が、業務内容や転職してからの変化、仕事のおもしろさを語ります。

本田技研工業株式会社

若者がビジョンを持てる環境整備を。パッションあふれる初の高校生CEOが抱く想い

2022.10.04

  • New

  • Story

若者がビジョンを持てる環境整備を。パッションあふれる初の高校生CEOが抱く想い

Adecco Groupが全世界で展開するグローバルインターンシップ 「CEO for One Month」2022年度日本代表の澤田 悠太さんは、プログラム開始以来、日本法人で初の高校生CEOとして、7月中旬から約1カ月にわたり、業務を体験。CEOとしての多岐にわたる業務に向き合った澤田さんに、プログラム参加動機や将来の展望、働く環境に対して抱く問題意識などを語ってもらいました。

Adecco Group

助け合いとつながりを大切に、モノづくり現場の仲間から頼られる存在へ

2022.10.04

  • New

  • Story

助け合いとつながりを大切に、モノづくり現場の仲間から頼られる存在へ

「どんな些細なことでも、助けられることがあれば助ける」をモットーに、モノづくりの現場を支える生産管理部で、業務効率化やシステム改善に取り組む牧野 美咲。モノづくりと密接に関わる部署で経験を積むことで、サプライチェーンやそれを担う責任の大きさについて体感してきました。そんな牧野が歩んできた道のりとは。

株式会社デンソー

「さとふる」を課題解決の足場に──地域社会の活性化を支えるサービス実現に向けて

2022.10.04

  • New

  • Story

「さとふる」を課題解決の足場に──地域社会の活性化を支えるサービス実現に向けて

株式会社さとふるのサービス企画グループでマネージャーを務める吉田 杏花。ふるさと納税の寄付者向けサービスの企画や改善などに携わっています。自身が地方で生まれ育ったことから、地域社会の活性化を目指すSBプレイヤーズの理念に共感し、入社を決めたと話す吉田。仕事の醍醐味や同社で働く魅力を語ります。

SBプレイヤーズ株式会社