未経験でIT業界へ。エンジニアとしてのスキルを培った前職時代

article image 1

大学では法学部に所属し、政治学を専攻していました。就職活動が思うようにいかず、当時からプログラミングが得意だったこともあり、大企業向けにパッケージシステムを開発している企業にインターンとして飛び込んだんです。そこで腕を買われ、そのままその会社に就職してエンジニアとしてのキャリアがはじまりました。

その会社に在籍していたのは7年ほど。自社フレームワークの改良や各種技術検証のほか、新人の技術教育などにも関わりました。技術的なところにはおもしろさを感じられたのですが、会社の規模が大きくなるにつれて分業化が進み、製品の企画に携わる場面はほとんどありませんでした。

また、大企業向けのパッケージを扱っていたため、規模が大きく技術スタックを簡単にはリプレースできないんです。使用する技術が古くなっていくにつれて、「最新の技術を使えるような環境でエンジニアとしてのスキルを磨きたい」という気持ちが芽生えていきました。

それでも社内に留まっていたのは、マネジメントに長けた信頼できる上司がいたからです。その上司が辞めると知って、それを追いかけるようにして自分も退職する道を選びました。

転職先に選んだのは、教育系の事業を手がけるベンチャー企業。フットワークが軽く、最新技術など、学びたいものを自由に使わせてもらえることが入社の決め手になりました。

CTOの役職を与えられ、IT系のチームを新たに立ち上げるところを任されたのですが、入社した当時はほとんど何も下地がない状態。ビジネスチャットツールやWeb会議ツールの導入など、社内IT環境の整備にはじまり、自社システムの改良、新事業となる製品のプロトタイプの開発、エンジニアの採用など幅広い業務に携わりました。

技術的に試してみたいと考えていたことは、2社目でひと通り経験させてもらえたと思っています。知識やスキルがかなり向上し、いまのキャリアにつながった点ではよかったのですが、事業を成功に導いていくノウハウの面で学びを得ることができないことに不満を感じていました。

会社全体として見ると業績は良いのですが、社長のカリスマ性や人脈によって成り立っていたところがあって。成長のプロセスの体系的な研究や、戦略の蓄積ができておらず、持続的に成長可能な再現性あるビジネスになっていないんです。エンジニアとしてのやりがいを感じられず、転職を考えるようになっていきました。

ReviewShipを通じて、“新しい世界”をひとりでも多くの人に

article image 2

ReviewShipに入社したのは、退職直前まで頼りにしていた1社目の上司から、「事業をはじめるから来ないか」と誘われたのがきっかけでした。最初は副業のようなかたちではじめ、2021年の6月ごろからフルタイムで勤務しています。

前職で成長環境に不満を覚える中、信頼できる人物からの声かけということで入社を決めましたが、数カ月前に元上司が退職してしまったんです。私も辞めることを考えましたが、思いとどまるだけの理由がありました。

代表のそばで働くようになったここ数カ月のあいだに、それ以前のキャリアでは見ることができなかった景色が見られていると感じていたんです。岡本には、「どうしたら成功できるか」を理論に基づいて戦略的に考え、再現性を意識しながら、緻密にやり抜こうとする姿勢があります。

そんな岡本を中心に常に動き続け、変化し続ける会社の中にいて、「何かとんでもないものを見ているのかもしれない」という気持ちになっていました。現時点では、技術的に新しいことをやっているわけではないのですが、事業を、組織を作っていく過程が何よりおもしろいんです。エンジニアとしてだけでなく、ビジネスパーソンとして幅が広がっていることを実感しています。

たとえば、ReviewShipでは「クオリティ・アンラーニング(Quality Unlearning)」をキャッチフレーズに、組織の課題解決を提案しています。アンラーニングとは、「学習棄却」ともいわれ、仕事に対する既存の考え方やルーティンをいったん捨てて、新しい知識やスキルを積極的に取り入れることを指します。業務の品質向上だけでなく、自身の成長について考える上でも、この概念の大切さを学べたことは大きな収穫でした。

レビューされることは、ときに苦痛をともないます。受け取り方次第では、自分が作ったものにケチをつけられるような気がして、「そんな深いところまで手を突っ込んでほしくない」という気持ちになるものなんです。

ところが、レビューを通して自分の仕事を見直したとき、「以前とは違う自分になれた」と感じる瞬間がある。ReviewShipを通じて、ひとりでも多くの方にそういう“新しい世界”を届けられたらと思っています。

また、元上司が退職したことを機に、製品企画にも関わるようになりました。それによって、以前はまったく視野に入っていなかったお客様の存在に意識が向くようになったんです。顧客コミュニケーションへの苦手意識が克服され、自ら企画提案ができるようになったのもアンラーニングの成果かもしれません。

“ReviewShip”が実現する組織マネジメントが企業の成果を最大化する

article image 3

われわれの社名でもある“ReviewShip” は、業務の品質を担保することを目的とし、レビュープロセス型の業務フローの導入を支援するサービスです。高度な専門人材による精度の高いレビューを提供することによって、効率的に業務改善を行うことを目指しています。このことは、専門業務に欠かせないレビュー業務の属人化を防ぐことにつながるため、品質や生産性の向上が期待できます。

これまで、たとえば伝統的な製造業を管理するノウハウについては、国内外に優れたものが多くありました。ところが、デザインや高度な営業など、クリエイティブな思考に基づいた高いアウトプット品質が要求される専門領域に限っていえば、業務を成長させていく方法論を持っている組織はほとんどなかったと思います。

近年、顧客関係を管理するソリューションが脚光を浴びていますが、これは行動量やフローの進捗具合などを数値化しようとするもの。言い換えれば、従来の製造業的なアプローチに無理やり当てはめて管理する試みです。それとは逆に、複雑な業務に対して正面から向き合い、改善していこうという考え方はこれまでほとんどされてきませんでした。

そうした課題に対する製品として生まれたのが、ReviewShipです。

商品の形態としては、一般的なSaaSに、レビュー人材を提供するサービスを組み合わせたかたちになっていく予定です。技術面で特徴的なのは、サーバーサイドでRustを使っていること。適宜、新しい技術も取り入れながら、モダンに開発していければと思っています。

技術的なところはすべて私の担当領域で、製品企画を技術の視点からサポートすることもあります。エンジニア未経験のメンバーの教育やインターンの支援といった採用の仕事、広報の仕事にも一部携わっています。

われわれが提唱する“ReviewShip”という概念には、レビューによってレビュイーの視座を上げるという意味が込められています。自分のスキルを自分自身の力だけで底上げしようとしても限界がありますが、高度な専門人材による適切なレビューを受けることで、新たな視点や気づきが生まれるもの。それがモチベーションを向上したり、業務の品質をブラッシュアップしたりする契機となり、結果として組織としての成果を最大化することにつながると考えています。

事業の成功に向けて、またとない成長環境でプロダクトに真っすぐ向き合う

article image 4

ReviewShipに新しくジョインしていただくメンバーとしては、今の職場に停滞した空気を感じている方に来てほしいですね。居心地は良いけれど、ビジネスパーソンとして成長できていない、技術的に世間から取り残されていると感じているエンジニアは多いはず。たまたま手に届くところに良い選択肢がなかっただけで、無意識のうちに自分の可能性にフタをしてしまっている方が、ポテンシャルを発揮できる環境がここにはあると思います。

 最初の一歩を踏み出すのは難しいものですが、いまの環境にい続けて、10年後、20年後に自分がどうなっているか、冷静に考えてみてください。想像した未来に納得できない方は多いのではないでしょうか。ほんの少しの勇気が、その後の人生を良いほうへと大きく変えるきっかけになるではないかなと思います。実際、私もそうでしたから。

新しく加わるであろう仲間と共に成し遂げたいのは、いま取り組んでいるReviewShip事業を軌道に乗せること。事業には高い社会的意義があり、前職までに携わってきたものとは明らかに異質なものを感じてはいますが、これから固めていく部分も少なくありません。まずはプロダクトに真っすぐ向き合いながら、これを成功へと導いていきたいと思っています。

また、ある程度は製品企画にも関わるようになってきているとはいえ、大きなプロジェクトのうち、私が担当するのはごく一部にすぎません。ReviewShip事業をより良いかたちで進めていくためにも、プロジェクト全体をリードしていけるようなキャリアの広げ方をしていきたいですね。