マンションからスポーツ施設まで、幅広い建物に携われる京王建設

私は設計部の課長補佐として、企画・設計提案や基本設計・実施設計業務を担当しています。そうした設計業務だけでなく、現場が始まった後も工事監理などを行います。

実は、設計と監理の双方の業務に関わるのが一般的なんです。大企業になると、設計後に工事に引き継いで監理は別の人がやるという場合もあるようですが、京王建設では基本的に設計から実施設計、工事監理まで一通り携われるのでとてもやりがいがあります。

京王建設は鉄道系のグループ会社なので、他のゼネコンに比べていろいろな用途の建物に携わる機会があるんです。駅舎や高架下商業施設の設計にも携わることもあります。

そんな中で 2021年現在、私が担当している物件は12階建のマンションをはじめとしたマンション系です。また、京王沿線とは別の場所で、京王不動産というグループ会社の案件である5階建のマンションの工事監理も行っているんです。

他にも、京王多摩川のアンジェという施設内にBBQハウスを計画する案件があり、その店舗の設計は私が担当しました。最近は、グループ会社である京王テニスクラブのインドアテニスコートの増築も担当させていただきました。

 タイミング良くいろいろな用途の案件を担当する機会があり、共同住宅に限らず、幅広くやらせていただいています。

 マンションもそうですが、お客様の想いや条件がそれぞれ異なるので、まったく同じものってないんですよ。一個一個異なるものなので苦労はありますが、その分楽しみもありますね。

 

バリアフリーを研究した学生時代、みんなが使いやすい建物をつくりたかった

京王建設に入社したきっかけには、大学で建築を学んでいたことが影響しています。

ただ一口に建物と言っても、芸術的な建物や機能的な建物などさまざまな種類があります。その中で一番興味を持ったのが、バリアフリーでした。

みんな平等に、誰でも使える建物にすることは結構難しいんです。たとえば少し段差があるだけでも車椅子の人は大変ですよね。そういうみんなが使いやすい建物をつくれたらと思って、バリアフリーを研究している研究室を選びました。

就職活動時は、このバリアフリーの研究内容が活かせる会社はどこだろうと探していました。そこで鉄道系のゼネコンであれば、多くの人が利用する建物のバリアフリー化に携われるのではないかと思い、京王建設の採用試験を受けたんです。

そうして京王建築に入社してからは、ずっと設計部で働いています。仕事内容はあまり変わっていませんが、2020年から設計部内で5つのチームに分かれた中の、チームリーダーに抜擢されました。

今後はチームを盛り上げたり、引っ張っていったりしないといけない立場になったので、立場的には少し変化を感じています。

リーダーになる前はひとつのプロジェクトに向き合っていれば良かったのですが、チームリーダーとして、進み具合などマネジメント的なことも気にしないといけません。

やり始めてまだ1年も経っていないので、これから勉強しつつ引っ張っていけたらなと思っています。今はまだ、みんなのことを考えつつ仕事を進めることに、難しいさを感じていますね。

原点回帰、より良い建物をつくるため

いろいろな案件を担当する中で一番規模が大きかったものは、グループ会社案件の八重洲のホテルです。

そのときはデザイン事務所さんが入ってデザインを監修していただきました。そのため、この案件ではコミュニケーションの重要性を学べ、とても良い経験ができたな、と。竣工後にすごく喜んでいただいたので、私的には一番楽しく、自慢できるような仕事だったかなと思います。

コミュニケーションという面では、別の案件ですが、自分の伝えたい内容がお客様に正しく伝わっていなかったということがありました。現場のやり直しも生じてしまい、いろいろと迷惑をかけてしまったんです。

仕事に慣れてきている時期だったこともあり、確認する際に自分の中で「これくらいでいいだろう」「これは聞かなきゃいけない」という忖度をしてしまっていました。

そういうことは自分で決めるのではなく、丁寧に先方の意向を聞かないといけない、聞いて確認をしないといけないということをあらためて感じた仕事でしたね。

そういった失敗もあるので、自分の思い込みで行動するのではなく、まずは確認してちゃんとご意見をいただくことが大事です。この失敗以降は初心に帰り、ひとつずつ確認していくことを心がけるようになりました。

こういった学びはチームの方だけでなくて、現場で一緒にやっている方にも伝えるようにしています。「最近こういう失敗をしたのでイチから聞いていきたい」と伝えるようにしていますね。

信頼される人を目指して。全員と協力し、全員でいいものをつくっていく

今後も、未経験の仕事にどんどん携わっていきたいです。

大きな病院などの設計はまだやったことがないので、機会があれば今までと異なる用途の案件も経験したいと思っています。規模が大きくなるにつれてひとりではできないことが多くなってくるので、チームとして挑戦しなければなりません。

個人のキャリアとしては、いろいろな人と関わって仕事をする中で、この人に任せたいと思われる人になりたいです。その上で、仕事で一番大事な「コミュニケーションを取る」ことを意識していきたいな、と。

わかりやすく説明したつもりでも、相手に伝わっていないことは今でもあります。真摯に向き合って、いろいろな資料をつくって、わかりやすく説明することを今後も心がけていきたいです。そして、この人に任せたいという信頼できる人になって、いろいろな業務をこなせたならいいですね。

仕事をする上で辛さを感じることがあるかもしれませんが、努力した分だけ自分に返ってくるものも多いと思うんです。そういった想いで仕事に取り組んでもらえれば、仕事を楽しみつつ成長ができるのかな、と。

私自身これから努力していかないといけないことが沢山あるので、入社される方と一緒に頑張っていけたらなと思っています。みんなで協力し合ってみんなでいいものをつくっていきたいです。そうしていろいろな人と関わりながら、今後も仕事を続けていきたいですね。