他社にはないリアルさに衝撃。本気でDXに挑んでいると感じた面接

▲SEからキャリアチェンジを果たしITコンサルタントとして活躍しているKeepAliveの文野

SEからコンサルに転職したい人は、少なくないと思います。僕もそんなキャリアチェンジをしたひとりです。

前職で外資系コンサルファーム出身者と出会ったことが転機となり、コンサルの道を志しました。そして、「企画構想から入っていけるコンサルティング会社」という観点で転職活動を行い、KeepAliveと出会います。

そうは言っても、企画からなんてどうせ口先だけだろうとタカをくくっていたのが正直なところでした。同じような美辞麗句を並べる会社ばかりで、よくよく話を聞いてみると「上流とかいいながら、結局は客の言いなりになっているだけじゃないか」と感じることが多かったからです。面接で発せられる言葉の薄さにがっかりすることが続きました。

しかし、KeepAliveは違いました。僕にとってDXは、前職で聞きかじっていただけの言葉でしたが、そのDXに本気で挑んでいることが伝わってきたのです。DevOpsを有効な手法として取り入れ、自ら実践してブラッシュアップを続ける姿勢もそうですし、組織の在り方という根底部分を深掘りして追求する思想もそう。他社にはない「リアル」を感じました。

話を聞いていて、これまで自分は小さいところばかり見ていたなということにも気付きました。同時に視界が急に開けて全体が見えてきた感覚を覚え、とてもワクワクしたのを思い出します。

当時「KeepAlive Culture」はまだ言語化されていませんでしたが、おおまかな枠組みはすでにあり、面接でも丁寧に説明してもらいました。それに共感するところが多く、面接を終えるときにはすっかり「ここしかない!」という気持ちになっていました。

一方で、これまでさまざまな失敗を繰り返してきたこともありすっかり疑り深くなっていたので、「簡単に信用してはいけない」という想いを心の隅から捨て切れずにいたのも事実です。

そんな僕でしたが、無事に内定をいただきKeepAliveへ入社が決まりました。入社初日がいきなり社員旅行で、とても気まずい想いをしたのは前回ご紹介した通りです(笑)

念願のコンサル!喜び勇んで現場入りしたものの理想とのギャップに空回り

▲先輩コンサルタントとのミーティング風景。相談も受けてくれるし、チャンスもくれる良い先輩です

入社後すぐ、大手住宅分譲会社の老朽化した基幹システムのリプレイス案件にアサインされました。念願だったコンサルとしての初めての現場。全体で数百人が関わる大規模なプロジェクトで、理想に燃え気合十分で挑みました。

しかし現場に入ってみると、想像していたイメージとどうも違う。僕が思うコンサルは、“顧客に対し常に期待値を超えて価値を出していく存在”でしたが、そのプロジェクトにおいては対顧客というよりも、顧客サイドの情シス的な立ち位置でベンダに相対していました。本来はベンダがやるべき要件定義などを、こちらで巻き取ってやっていた状況だったのです。

そんな背景もあり「これじゃ上流のSEと変わらないじゃん!」と息巻いていましたね。年齢的に「バリューを出していかなければ」という焦りがあって、自分なりの正義として「ベンダサイドではなく、ユーザーサイドにいかねばならない!」という想いが強過ぎたのだと思います。

思い返せば、現場の“お作法”みたいなものが、まったくわかっていなかったわけですね。空気感を理解せず、とにかく「おかしい」、「そうじゃない」とギャーギャー喚いていました(苦笑)。

そんな僕に対して上司は、「いやいや言っていることはわかるけどね」とたしなめつつ、理想と現実といいますか、「実現性ある意見なのか?」と丁寧にフィードバックしてくれました。そんな上司からの言葉と自分の中の不満を思う存分噴出したことで、だんだん冷静さを取り戻していきました。

ふと立ち止まってみたら「一度は流されてみようかな」と気持ちが変化していきました。理想ばかりが先行する状態をへて、落ち着いて粛々と取り組むうちに「プロジェクトは生き物だ」という実感が湧いてきました。イメージ通りには進まないし、完全な制御下には置けないことがわかってきたのです。

すると、少しずつ状況が変わっていきました。

基幹システムからの帳票発行についてRPAを実装して行うという仕様が新たに検討され、その部分をリードする役割が僕に回ってきたのです。自信はなかったものの、突っ走り過ぎず落ち着いて進めることを心掛け、無事に役割を果たすことができました。

ひと息ついてリーダーに抜てきされた理由を考えてみると、「リーダーをやってみたい」と折に触れて発言していたからだと思い当たりました。何気ないひと言をちゃんと拾ってくれるKeepAliveのメンバーや上司に信頼が増していきましたね。

本社へ戻りプリセールスチームへ。再び周りが見えなくなり壁にぶつかる

▲代表西田との雑談。本社に戻ってからはプロジェクト外のメンバーとも積極的に関わるようにしています

入社すぐから2年間参画したプロジェクトを終えて2020年3月に本社へ戻り、プリセールスチームに入りました。前回のプロジェクトで「こうあるべき」という強すぎる想いから空回りしたにも関わらず、僕は再び同じ轍を踏んでしまいます。またもや自分の中の「こうあるべき」に捕われ、周りを見ず独りよがりなままに突き進んでしまったのです。

もともとの性格が良くも悪くも猪突猛進型ですし、それまでの職場が「成果をすぐに出さなければ存在価値がない」という厳しい環境だったこともあり、とにかく焦りが先行してしまう。刷り込まれた思考回路は、そう簡単に切り替わらないですね。

しかし、ここで僕は会社で掲げている7つのValueである「KeepAlive Culture」に導かれることになります。

1. Have knowledge / 多くを知ろう

2. Well-educated / 品よくいよう

3. Be healthy / 健康でいよう

4. Sence of ownership / 自分で考えよう

5. Think parallel / 同時に考えよう

6. Be casual / 堅くならずに

7. Won't give up / あきらめない

本社へ戻ってすぐ、この中の「多くを知る」大切さに気付かされる出来事がありました。上司に同行して、顧客と会話するさまを目の当たりにしたときのことです。そこでは、石油元売り業界についての話題が上がり業界再編や利益構造についてなど、矢継ぎ早に概念の応酬が繰り広げられました。僕にとっては未知の領域で、まったく話題についていけずにポカンとするばかり。概念がシステムの話に落とし込まれてようやく理解する、という状況でした。

この経験を通じて、いかに自分が興味のある分野しか学んでこなかったかを痛感しました。

興味のあるなしに関わらず幅広く知識を身につけることが、プリセールスにもコンサルにもとても大事であること。教養がベースにあってこそ抽象的な概念の話ができ、そのような会話を通じて顧客のビジネスへの理解が深まり、課題の抽出にもつながると実感したのです。

それ以来、ITはもとより経済誌やビジネス書など、さまざまなジャンルの情報に触れることを心掛けるようになりました。教養は一朝一夕で身につくようなものではありませんが、顧客がやりたいことを支援するためにいろいろなことを知っていきたいと心掛けるようになりました。

たくさんの挫折や迷い、失敗があったからこそ僕は今ここにいる

▲猪突猛進型の性格であることを自覚しつつも、Think parallelを身に着け物事を俯瞰的に見れるよう成長していきたいと思っています

KeepAlive Cultureの中で、もうひとつ僕に足りないのが「Think parallel / 同時に考える」という部分です。

思いこんだら一直線というタイプですが、それでは一人前のプリセールスへの道は遠い。上司もそんな僕の性質を見抜いていますし、僕自身も自覚しています。

そこで、2020年現在はプリセールス以外に採用関連や社内業務のDevOps化など、さまざまなタスクを担当しています。目先の業務だけだと、どうしても局所的になってしまってイノベーティブな発想が出てきません。

しかし同時並行で違った業務を進めると、ひとつのことにこだわっていられなくなり自然と全体が見えてきます。ひとつ上の視点といいますか、大きな系統としての最適化という領域に入ることができます。パラレルに物事を考える大切さに気付き、落ちつきを取り戻せるようになりました。

KeepAliveでは7つのVALUEがすべてのプロセスの起点になっています。“在り方”の話なので、すぐに身に付くものではありませんし完璧に実践するのは難しいのですが、さまざまなシーンでVALUEの意味を実感しています。共通認識のもとで物事を進められるので、社内は和気あいあいとしていますし何かとスムーズだと思います。

プリセールスチームに入り数カ月がたちました。プロジェクトを推進するのとはまた違った、受注につなげてプロジェクト化していく難しさを感じています。

夢は顧客企業の経営革新に関わっていくこと!まだ数年はかかるでしょう。しかし、やりたい気持ちを見逃さず真摯に応えてくれるKeepAliveなら、実現可能だと思っています!

たくさんの挫折や迷い、失敗をしてきましたが、そのおかげで僕は今ここにいます。

KeepAliveは、「日本中の企業をテックカンパニーに進化させる」をコンセプトにDevOpsとコンサルティングで顧客のDXを推進しています。われわれ自身が社内業務をDevOps化して実践するなか導き出した最適解を、クライアントに提供するフェーズです。

このタイミングでコンサルを志しKeepAliveに入社するに至ったのは、なかなか運命的だなと手前みそながら感じています。

まだまだ満足できるような実力ではないですが、夢に向かって、焦らずに学びながら一歩ずつ進んでいきたいと思います。