Q.1 自己紹介をお願いします!

名前:M.K

所属:人事部/薄膜材料事業部ターゲットユニット兼務

年次:2013年新卒入社

学歴:国際教養学部卒

最近ハマってること:料理

Q.2 入社のきっかけは?

就職活動を通じて製品の技術力は素材に詰まっている、ということに気が付き素材メーカーに魅力を感じました。

また、面接などで会った当社の人は皆さん、定型的・表面的な質問ではなく、私の性格を深掘りするような質問をしてくれました。他社の面接で感じなかった、私のことを知ろう、良さを引き出そうという姿勢が伝わり、苦手だった面接でも自分らしくいられました。

この会社であれば良い人に囲まれて楽しく働けそうだと思ったことが決め手でした。

Q.3 入社して良かったことは?

色々ありますが、営業として台湾での駐在を経験できたことです。

入社4年目で現地チームのマネジメントにも携わり、力不足を痛感することもありましたが、今後のキャリアの土台となる貴重な経験ができました。

ライフプランもあり、当時の上司には『海外駐在するなら若いうちに行きたい』と伝えていたのですが、希望を叶えてもらい、まだ若手だった自分に重要な市場を任せてくれたことはとても感謝しています。

Q.4 仕事のやりがいは?

現在は、新卒採用担当としての業務がメインです。私自身も当社のことが好きなので、学生の皆さんにその魅力を伝えられたらと思っています。

学生の皆さんに会社のことを伝えるのが仕事なので、自分の担当以外の事業や製品についても知識を蓄える必要があります。

いまは営業時代とは違う視点で社内を見ており、これまで知らなかった社内の人との関わりも増え、日々新たな出会いや再発見があり面白いです。

また、企画したイベントに参加いただいた学生さんから『面白かった』『JX金属に興味を持った』と言ってもらえることも大変嬉しいです。

Q.5 当社の魅力/好きなところは?

当社は本当に社員のことを考えてくれている会社だと思います。

福利厚生や、研修制度、コロナ対応(在宅勤務や職域接種の迅速な取組)、オフィス環境にもそれが表れており、家族や友人にも自慢できる点の一つです。採用HPでも詳しくご紹介しているので、ぜひ見てみてください!

また、当社は本当に『良い人』が多く、協力を依頼すると快く対応してくださる方ばかりで、いつも助けていただいています。

Q.6 学生時代に打ち込んでいたことは?

留学と旅行です。留学が必修の学部だったので、米国カリフォルニア州で10カ月間交換留学をしていました。

英語が得意なつもりでしたが、現地では英語が通じなかったり聴き取れなかったり、コミュニケーションで苦労しました。

母国語でない言語を使って日常の様々なトラブルに自分で対処する必要があり、タフさが身についたと思います。

留学や旅行を通じて異文化に触れることができたのは非常に良い経験でした。

Q.7 就活生の時の話も聞かせてください!

最初は業界を絞らず、各業界1,2位の人気企業ばかりを受けていました。色々な企業を受ける中で、自分にはメーカーが合っていそうだなと感じました。何をやりたいか分からない方は、とりあえず色々な業界を見るのが良いと思います。

就職活動の中では面接が苦手で、自分を必要以上に良く見せようと固くなってしまっていました。家族以外の大人と話す機会がなく、年上の人と話すということ自体に緊張しすぎていました。

『自分がなにを考え、これまでの選択や行動をしてきたか』を、もっと自分らしく相手に伝えられればよかったなと思います。

Q.8 大事にしている価値観は?

『正しさよりも優しさ』を意識したいと思っています。性格的に正しさを追求してしまいがちで、つい自分の正しさを証明することに捉われそうになりますが、『相手を追い詰める正論は暴論』という言葉を知り、だれかに嫌な思いをさせてまで正しくあることが大事なのか、と立ち返るようにしています。

とは言っても仕事はやはり理論的に進めるべき場面もあり、そうも言ってられないこともあるのですが、人間味というか温かさの部分も忘れないようにする、というのが目標です。

Q.9 将来の夢/目標も聞かせてください!

いまは営業時代の経験を活かして採用担当をしています。営業も人事もどちらも違った面白さを感じています。

人事の知識はチーム管理や後進の教育にも必ず活きると思うので、今後また海外で働き現地のマネジメントに携わるという経験もしてみたいです。

Q.10 最後に一言!

面接で皆さんの人生のお話を聞けるのを楽しみにしています!!

皆さんにリラックスしていただき、個性や良さを引き出せるような面接ができればと思っています。