株式会社グロービスのストーリー一覧

14件中1-12件を表示しています。

Stories ストーリー

組織開発をデザインする“影”の仕掛人

2022.07.13

  • New

  • Story

組織開発をデザインする“影”の仕掛人

「この仕事を通じて、人や組織が進化するメカニズムが徐々に観えてくるんです」──そう語るのは、コーポレート・ソリューション部門で、企業の組織開発や経営体制支援に携わる井上 佳です。組織、そして日本をより良い方向に導くために、幅広いテーマの実践を続ける原動力に迫ります。

株式会社グロービス

誠実に結果と向き合う。“高品質”を提供できるビジネスパートナーを目指して

2022.06.06

  • Story

誠実に結果と向き合う。“高品質”を提供できるビジネスパートナーを目指して

第三者という立場から人材育成や組織開発に携わりたい──そんな想いでグロービスに入社した篠田 泉。周囲の支援を得ながら顧客に向き合い、組織変革を促しています。そんな篠田が手掛けた大手企業とのプロジェクトと、そこにかけた想いを紐解きます。

株式会社グロービス

“可能性は無限大”──willを軸にした成長支援とは

2022.03.18

  • Story

“可能性は無限大”──willを軸にした成長支援とは

2019年、株式会社グロービスのコーポレート・ソリューション部門で、企業の人材育成や組織開発支援を担う鶴谷 未恵。未経験の彼女の成長を支えたのは何だったのか。入社前面談から鶴谷を見守ってきた、同部門 戦略人事・組織開発責任者の福田 亮とともに、メンバーの挑戦を後押しする育成支援を中心に振り返ります。

株式会社グロービス

人をつなぎ、組織を創る──全員が当事者であり平等の組織文化

2022.03.03

  • Story

人をつなぎ、組織を創る──全員が当事者であり平等の組織文化

多様な人材採用が進み、組織規模が拡大している株式会社グロービスのコーポレート・ソリューション部門。組織の多様性が増す中、さまざまな角度から組織づくりに取り組んでいます。ここにひと際想いを寄せるのは、部門長の西 恵一郎。今回は、西と、入社2年目の寺越 いかるの対談を通し、彼らの思い描く組織像を紹介します。

株式会社グロービス

“わたしらしさ”を起点に築いたリーダーシップ ──チームと共に成長する軌跡

2021.12.24

  • Story

“わたしらしさ”を起点に築いたリーダーシップ ──チームと共に成長する軌跡

派遣からキャリアをスタートさせた井上 真紀子。現在は株式会社グロービスの正社員として、研修のバックエンド業務を担うチームのリーダーを務めています。型にはまらず積極的な姿勢で常に自身をアップデートしてきた井上。その軸には、自分らしさへのこだわりと、仲間がより良く生きることを願う温かな想いがありました。

株式会社グロービス

自分を認める。一緒に作り上げる。2度の産休を経て得た、新たな価値観

2021.11.05

  • Story

自分を認める。一緒に作り上げる。2度の産休を経て得た、新たな価値観

株式会社グロービス(以下、グロービス)の大阪拠点にて、コンサルティング活動に携わる池田 絵美。2回の産休を経て、2019年にはサブリーダーに昇格しています。そんなキャリアを築いてきた背景には、グロービスの失敗を恐れない風土や池田のチャレンジする姿勢がありました。これまでのあゆみやキャリア形成を紐解きます。

株式会社グロービス

「個の爆発」を実現したい。人が育つ環境づくりに尽力するチームリーダー

2021.09.10

  • Story

「個の爆発」を実現したい。人が育つ環境づくりに尽力するチームリーダー

2016年にグロービスに入社した亀井 康晴は、コーポレート・ソリューション部門のコンサルタントのチームリーダーとして活躍しています。リーダーとして「人が育つ」環境づくりに心を配る亀井のポリシーは、常にフラットな姿勢でメンバーと接すること。そんな亀井のグロービスにおけるキャリア形成や仕事のやりがいとは。

株式会社グロービス

人が成長するしかけをデザインする。学ぶ人・教える人に寄り添う陰の立役者

2021.09.03

  • Story

人が成長するしかけをデザインする。学ぶ人・教える人に寄り添う陰の立役者

グロービスで経営人材育成や戦略実現を目的とした研修プログラム、及び学習プロセス研究などに携わる川崎 美保。彼女は所属チームを2度社内プレジデントアワード受賞に導いた立役者です。数々の功績で社内外の信頼も厚い川崎が、自身のキャリアや業務に対する信念を語ります。

株式会社グロービス

見据えるのは100年後。強みを活かして、社会課題に取り組む企業を増やす

2021.08.24

  • Story

見据えるのは100年後。強みを活かして、社会課題に取り組む企業を増やす

100年後、200年後、自分がいなくなったあとに世の中に残せるものは何でしょうか。株式会社グロービスのコーポレートソリューション部門で、企業のリーダー育成を支援する本田 龍輔には、「社会課題に取り組む企業を増やしたい」という想いがあります。長期的ビジョンで取り組む背景や思い描く未来に迫ります。

株式会社グロービス

日本の人事を世界一にしたい──人の「可能性」を信じて

2021.08.05

  • Story

日本の人事を世界一にしたい──人の「可能性」を信じて

人事領域のプロフェッショナルになるべく株式会社グロービスに入社した筒井 秀美は、日々情熱を持ってお客様と向き合っています。過去に様々な葛藤があったことからこそ、人に寄り添いたいと語る筒井。彼女は、これまでどのような道を歩んできたのでしょうか。熱き想いの原点を紐解きます。

株式会社グロービス

周囲の人や環境の重要性を痛感した。トップチームで活躍したハンドボーラーの礎

2021.07.27

  • Story

周囲の人や環境の重要性を痛感した。トップチームで活躍したハンドボーラーの礎

児玉 純平は、学生時代にハンドボールで人一倍の努力を積み重ね、全国1位に輝く強豪チームで活躍したほか、リーダーとしてもチームを牽引。社会人になってからは大手メーカーで営業として実績を積みました。そんな華やかな経歴の裏で、「周囲の人や環境の重要性を痛感してきた」という考えの礎となった経験とは──

株式会社グロービス

飽くなき探究心が原動力──“未経験”の仕事に、ありのままの“私“で挑む

2021.07.12

  • Story

飽くなき探究心が原動力──“未経験”の仕事に、ありのままの“私“で挑む

「君は人事に向いている」。それは、道関 唯が新卒で入社した会社で、人事部長からかけられた言葉です。 この言葉をきっかけに、道関は人事の仕事に興味を持ちはじめます。 しかしまさか、その人事の経験がグロービス入社につながるとは、道関はそのとき思ってもいませんでした──

株式会社グロービス

特集 FEATURE

おすすめ記事 RECOMMEND