さまざまな開発環境に対応できるフルスタックエンジニア

2018年9月にフレクトに入社した大津留亮。彼は現在クラウドインテグレーション事業部に所属し、フルスタックエンジニアとして活躍しています。クラウドインテグレーション事業部は、クライアントの要望や環境に合わせた独自のシステムを構築する部門。開発体制は、プロジェクト1チームあたり3〜10人程度の少数精鋭で構成されており、高い知識と専門性、さらには柔軟なコミュニケーション能力なども求められています。

大津留 「近年は、IoTの案件を中心に担当しています。とくにIoTは製造業の現場において需要が高まっており、単に機械をネットワークにつなぐだけでなく、クライアントが顧客管理を行うCRMの基盤となる、Salesforceとの連携を前提としたシステム構築をする機会が多いです。

機械が安定して作動しているのか、効率的に作動しているのかなどの情報を各工程のセンサーから吸い上げ、それをSalesforce上でグラフィカルに表示することで利用する方の生産性を高めます。さらにCRMと組み合わせることで、次の提案につなげるような歩留まりを向上させるシステムの開発が一例です」

そんな大津留の最大の武器は、対応できる業務範囲の広さです。フロントエンドやバックエンドを問わず数多くの言語の経験を有し、自身のメインプロジェクトだけでなく、他のプロジェクトに対して積極的にサポートに入る姿勢をみせています。

事実、彼はその力量を象徴するかのように、Salesforceが認定する資格をはじめ、多数の資格ホルダーでもあります。

大津留 「決して資格を取ることが目的ではありません。しかし、勉強すること自体が苦にならない性格でもあり、何よりも仕事を通して新しい技術に触れる機会が多くありますから、自身の経験をスキルや知識として定着させるために、資格取得には積極的に挑戦するようにしています。」

開発の最前線で、持ち前のスキルを大いに発揮していきたい

そんな大津留のキャリアをひも解いていくと、エンジニアの道を歩むきっかけは大学・大学院時代にありました。

大津留 「高校生のころから数学や物理は得意でした。大学は情報系の大学に入学し、情報画像学科を専攻しました。その時にプログラミングに触れることがありました。結果的には大学院にまで進んで、画像解析の研究に励みました。」

そして2015年に大学院を卒業し、就職活動を経て、大手Slerへと入社します。

大津留 「Slerに入社した1年目に、技術者を養成する研修に参加しました。そこで技術研修をみっちり受ける機会に恵まれました。このときに培われたスキルや経験は、間違いなく現在の自分の礎になっていると感じます。振り返ってみると非常にありがたい経験でした。」

研修を通し、技術的なスキルに自信をつけた大津留でしたが、業務では主にパートナー企業に向けたエンジニアマネジメントや、プロジェクトマネジメントを担当する機会が多く、なかなか自分自身で開発を行う機会は少なかったと言います。

大津留 「せっかく身に付けた知識や技術だからこそ、自分自身が開発の最前線に立ち、積極的にスキルを磨いて発揮していきたい。そうした想いが日増しに強くなり、転職を決意し、そこでフレクトに出会います。

フレクトに出会えたのは偶然ではありましたが、クラウドインテグレーションというこれまでとはまったく異なる環境に身を置くことも、自身を成長させるよいきっかけになると思い、入社を決意しました」

こうした出会いを経て、大津留は当社でのキャリアをスタートさせることになったのです。

技術好きな仲間とともに、困難という名の壁を打ち破る

フレクトに転職後、自身が今までに経験したことのない案件も次々とこなしてきた大津留は、その経験によって未知の課題に対する対応力が向上したと笑顔を見せます。

大津留 「新たなチャレンジをするときは、頑張って調べて、学んで、人に聞いて……とさまざまな手段で情報収集し、課題を乗り越えてきました。そういったフレクトでの経験から今では技術的に難易度の高いことでも“なんとかできるはず”と思えるようになりました。

自分が経験したことがないことに対しても、“できるかどうかわかりません”ではなく、“調べればできるはずです”と。場数をこなしてきたからこそ身についた自信だと思います」

新たな技術の習得にはあらゆるチュートリアルを活用して、まずは自分自身で勉強を進めてみるという大津留。そこで得た知識をSlackや社内Wikiでナレッジを残しながら、自らも社内に蓄積されたナレッジを吸収し続けています。また、月4~5回のペースで社内勉強会も開催されているため、さまざまな学びの機会が用意されているのです。

大津留 「調べてもわからない場合は、Slack上で助けを求めたら皆がすぐにアドバイスをくれます。本当に心強い仲間たちです。フレクトに入社して感じたのは、仕事以外でも技術的な話で盛り上がる“技術好き”な社員が多いこと。常に新しいサービスや技術に興味を持って、お互いに情報交換をし合うという関係性が文化として根付いていると感じます」

情報交換をする中で、一人ひとりの得意分野が見えてくるのも仕事上のメリットになります。わからないことがあればこの人に質問しようと、効率的にお互い協力しあえるようになるためです。フレクトは中途入社の社員が多いため、フラットな関係でありながらも相手へのリスペクトは忘れません。これが、会社としての一体感にもつながっているのです。

大津留 「2019年に、アプリ開発のプラットフォームHerokuのアーキテクチャーデザイン認定試験が日本語対応されたので、みんなで合格を目指そうとなりました。そして有志が集って勉強会が開催されたり、知識を共有しあったりすることで、国内ベンダーの中でも、早期に合格者を出すことができました。

その後も合格者がどんどん増えていき、この資格の企業別保持数では、当社が圧倒的に一位となっています。(2020年6月1日現在)技術好きな仲間と共に、日々スキルを磨いていける環境はとても貴重だと思っています。」

楽しんでいるからこそ新しいことにチャレンジし続けられる

仕事のやりがいは、新たなチャレンジに試行錯誤した末、できないことができるようになること。前職では本来やりたかった開発に携わる機会が少なかったため、フレクトでは日々開発の楽しさをかみしめています。

大津留 「やりたいことができているので、今はとても充実しています。これからもどんどんチャレンジして、できることを増やしていきたいです。そのために心がけているのは、やりたいことがあれば“やりたい!”としっかり声をあげること。発信し続ければ、それに関する案件が出てきた際に声をかけてもらえる可能性が高まります」

実際、従来のSalesforceの案件に加えて、AWSの案件にも携わってみたいと提案していたところ、その後アサインしてもらえたと大津留は語ります。

大津留 「フレクトでは、『こんな案件があるんだけど、前にやりたいって言っていたよね?』と声をかけてもらえます。〇〇の案件をやりたいな…と、心の中でくすぶっていても、もったいないだけです。興味のあることに果敢にチャレンジすることが、自分自身の大きな成長につながります」

今後の目標は「ここは大津留に聞けば大丈夫だ」と思ってもらえるような、周囲から頼れるエンジニアになることだと言います。

大津留 「誰かが困難な壁に当たったときには頼ってもらえて、適切なアドバイスをできるようなエンジニアに成長したいです。技術者としてはまだまだ未熟だと感じているので、勉強会などを活用して、技術レベルを向上させていくつもりです。フレクトには目標になるようなすばらしいエンジニアがたくさんいますし、みんなで切磋琢磨しながら成長していきたいです」

チャレンジを通してたくさんの経験値を積んできた大津留。今後も飽くなき挑戦を続けていきます。