負けず嫌いが導いた、“絵を描く”ことへの道

▲本格的に絵を学び始めた高校時代

幼いころから絵を描くことが好きだった鳥居。そのきっかけは、ずっとそばにいたふたりの姉でした。

鳥居 「私から見て、姉たちはとても優秀でした。勝てるところなんて、ひとつもないって思っていました。それがコンプレックスでもありましたね」

しかし、幼稚園生のときに家族で風景画を描いていたところ、家族の中で一番上手だねと褒められたのです。そこで、姉たちに勝てるのは絵しかないと思い、以来ずっと絵を描き続けています。

幼稚園では賞を取り、自分も「絵が上手なのかも」と思うようになっていきました。

鳥居 「私の性格は、ずばり“負けず嫌い“。友達でも絵が上手な子がいると、その子に勝ちたいと思います。友達の描いた絵を見ながら、練習したこともありましたね(笑)」

高校はデザイン科に進学。そこから、本格的に絵を学び始めました。しかし、入学早々に自分より絵が上手な人がいることを知り、挫折を味わいます。ここで再び、持ち前の“負けず嫌いパワー“が発揮されるのです。

鳥居 「よくテスト前に『テスト勉強頑張っていないよ!』という人っていますよね。同じように、私もこっそりと練習していました。その結果、いい成績をいただくようになったので、良かったです」

高校卒業後の進路は、好きなものがありすぎて困るほど好奇心旺盛な性格のため、選択肢が多く非常に悩みました。最終的には、小学生のころに好きになったアニメがきっかけで、いつかそのアニメに携わりたいという想いがあったため、専門学校のアニメーション学科に進学することを選択しました

鳥居 「絵を描くことが好きなので、その軸がぶれることはなかったですね。一方で、ミュージカルや映画なども好きなので、そうしたたくさんの“好き“が、私の描く“イラスト“につながっていると思います。その引き出しは今でもとても役立っています」

デザイナーとして働くために、選んだのは“好き”が集まっているところ

▲旅行も好きで訪れた中国の雲南省の世界遺産『石林』

サイバードに入社したきっかけは、専門学校入学当初までさかのぼります。

鳥居 「アニメーション学科に入学したものの、徐々に違和感を覚えるようになったんです。好奇心旺盛な性格であるがゆえに、ひとつのことに絞るのがもったいないなと……なので、アニメーションだけでなく他のことにも、力を使えたらなと思うようになりました」

そんな想いを抱きつつ始めた就職活動。世の中ではアプリゲームが話題になっており、興味を持つようになりました。実際にやってみると非常におもしろかった上、多くのデザイナーがアプリゲームの世界でも活躍していることを知ります。

そこから、就職先として、アプリゲームの企画開発をやっている会社を中心に探すようになりました。その中にサイバードの名前もあったのです。

鳥居 「実は高校生のときに、サイバードが出していたゲームをたまたまたプレイしたことがありました。恋愛ゲームが好きだったわけではないのですが(笑)。そのため、また出会えて嬉しい気持ちがありました。さらに、ゲームだけでなく、自分が好きなアニメとのコラボも行われていたんです。サイバードには好きなものが集まっている!と感じ、ここで力を発揮しようと入社を決めました」

2016年、サイバードに入社。入社当初はわからないことばかりでした。しかし、ここで持ち前の行動力を発揮し、とにかくいろいろな人に声をかけるようにしました。

鳥居 「好きなことを仕事にするのは難しいと思う人もいるかもしれません。しかし、負けないで諦めずやり通すことが、ひとつの策だと思います。ただ、自分ひとりではどうにもできないことはたくさんあります。

わからないことや苦手なことは、どんな作業でも、上司や同期、ときにはデザイナー以外の人にも聞いていました。家でも、実践と復習を繰り返しました。この経験から、とにかく人と関わるのが大事だと実感しましたね」

こうやっていろいろな人と積極的に交流を図ったことで、発見もありました。

鳥居 「交流するたびに、サイバードの人たちはすごいなと圧倒されています。一人ひとりの個性が強いんです。皆さん、好きなものがあり、それが幅広く、深いんです。話していると、インプットもアウトプットもできるので、いつも刺激を受けます」

一緒に働くみんなと関わることで元気になれる──だからこそ、大変なことや苦しいことがあっても、常に乗り越えていけるのです。

仕事はひとりではできない──壁にぶつかって学んだ、協働することの大切さ

▲学生時代の鳥居の作品

常に元気で前向きな鳥居ですが、仕事をしていく中では何度も壁にぶつかってきました。中でも思い出に残っているのは、入社後すぐに配属されたゲーム事業本部の「イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑」を担当したときのことです。

鳥居 「周年イベントのイラスト舞台のメインビジュアルを担当しました。メインビジュアルはポスターにもなるような、キャラクターが集合したものです。お客様が最初に見るビジュアルなので、これでお客様に刺さらなかったら、きっと劇場に来てくれないだろうというプレッシャーがありました」

最初はどう動いたら良いのか分からず、自問自答で悩むばかりでした。負けず嫌いが悪い方向に作用してしまい、ひとりで抱え込んでしまったのです。

ここでも壁をブレイクスルーするきっかけをつくってくれたのは、周りの人たちの助けでした。

鳥居 「相談することの大切さを改めて感じました。周りの皆さんに相談して協力してもらって、最後には『鳥居ちゃんに任せたら大丈夫だわ!』と直接言ってもらえました。嬉しかったですね」

そして2020年現在は、新規プロジェクトにてメインデザイナーの役割を担っています。

鳥居 「『こういうことをやりたい!』と言い続けてきたのが功を奏して、新規プロジェクトをやってみないか?とお声がけいただきました。私の熱意が伝わったのだと思うと、とても嬉しかったです」

負けず嫌いだった鳥居は、デザイナーとして歩む中で、周りに協力を求めるようになり、協働の大切さを学んだのです。

自分の“好き”、みんなの“好き”を知り、たくさんの“好き”を実現したい

▲笑顔を忘れず、日々チャレンジしている若手女性デザイナー 鳥居 里帆

デザイナーとして、より高みを目指していきたいと考える鳥居には、仕事をする上で大切にしていることがあります。それは、何かを“好き”という気持ちを持ち続けることです。

鳥居 「ひとつでも、好きなものがあれば良いと思います。自分の個性を出していくためにも、です。“好き”を全力でアピールできることが大事なのです」

また、自分の“好き”だけでなくお客様の“好き”も、きちんと知る必要があります。

鳥居 「お客様に楽しんでいただくためにはどうあるべきか、いつも考えています。そのためにトレンドを調査し、自分の“好き”だけでなく周りの人の“好き”も探します。こうしてさまざまな“好き”を集めて、たくさんの人の“好き”につながるようなものをつくっていきたいです」

努力を重ね、3年目にしてメインデザイナーとなった鳥居。サイバードには立場関係なく、どんどん声をあげていける雰囲気があると感じています。だからこそ、自分の後輩やこれからサイバードに入ってくる人たちにも、どんどん挑戦をしてほしいと思っています。

鳥居 「幅広く経験してほしいです。そうやって、得意な業務や好きな業務を見つけたら、そこに特化することもできます。わたしも会社に入ってから、いろいろなことに挑戦できたから、自分のなりたい姿に近づけています。こういう“好き”に向かって突き進む仲間を、もっと増やしていきたいです」

鳥居の次なる夢は、お客様に「好き!」と言われるゲームキャラクターのイラストを、自分の力でゼロから出すことです。

お客様へ新しい“好き”を届けるために、鳥居はこれからも仲間と共に、挑戦の道を歩んでいきます。